トークン作成の詳細「革新的なトークン割り当て」

50/20/20/10トークン配布:BNTの50%が募金活動家の寄付者に、20%がパートナーシップ、コミュニティ助成金および公的奨励金に、20%が財団の長期的な運用予算に、10%が創始者、チームメンバー、顧問、および早期貢献者。創業者およびチームの貢献者は、3年間の権利確定スケジュールの対象となります。

50/20/20/10 Token Distribution: 50 percent of BNT will be issued to the contributors in the fundraiser, 20 percent allocated to partnerships, community grants and public bounties, 20 percent to the foundation's long-term operating budget, 10 percent to founders, team members, advisors and early contributors.Founders and team contributors will be subject to a three-year vesting schedule.

当社は、隠された上限を上回る最低時間で収集された収入を次のように配分することを決定した。

BNTの流動性をさらに向上させるために、20%をBNT Ether Reserveに配分する。

BNTを0.01 ETH(初期価格)で購入できるスマートな契約では、80%が2年間ロックされます。購入したBNTは財団の長期予算に追加され、2年後に残りのETHには比例配分されます。

言い換えれば、BancorはEtherを30セントで購入した一種の寄稿者を求めており、まだそのほとんどを持っています。

The company has decided to allocate any proceeds collected in the minimum hour which exceed the hidden cap as follows:20 percent will be allocated to the BNT Ether Reserve, to further improve the liquidity of BNT, which increases stability while reducing conversion costs for all.80 percent will be locked for two years in a smart contract that will buy back BNT for 0.01 ETH (the initial price) whenever it is available.The purchased BNT will be added to the foundation’s long-term budget, and after a two-year period, any remaining ETH will be allocated pro-rata.In other words, Bancor is seeking the kind of contributors that purchased Ether at 30 cents and are still holding most of it.

Bancor「バンコール」アイディアの元

バンコール・プロトコルは、イーサリアムのトークン標準であるERC20の交換をスマートコントラクトを用いて行うための中間トークンだ。Bprotocol Foundationは、バンコールのトークンであるBNTを「スマート・トークン」と呼び、イーサリアム・ネットワーク上のリクイディティプールとして機能させることを主眼においている。

ーーーーーバンコール(bancor)がアイディアの元ーーーーーーーーーーーーーーー

バンコール(bancor)は、1940年から1942年にジョン・メイナード・ケインズとエルンスト・フリードリッヒ・シューマッハーが提案した超国家的な通貨のことを言う。第二次世界大戦後に世界経済を安定させるため、英国がブレトン・ウッズ会議でバンコールの導入を公式提案したが、アメリカ合衆国の合意をとりつけることができず、実現には至らなかった。 – バンコール(Wikipedia)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

もっと、詳しくない人にもわかりやすく説明しているのは↓↓↓

Bancorプロトコルはスマート・コントラクト・ベースのトークン変換プロトコルであり、第三者が交換することなく、トークンを別のトークンに変換することができます。これは、貨幣量に関係なく自動的かつアルゴリズム的な価格発見を可能にする予備通貨の使用を通じてこれを達成する。
バンコールの支持者には、著名なVC投資家であるティム・ドレイパーも参加しており、これがICOの加熱に拍車を掛けたとされている。ドレイパーは、ICO予定のTezosへの出資も表明していた。

現代に蘇るケインズ通貨「バンコール」、ブロックチェーンICOで167億円調達 | ビットコインの最新情報 BTCN|ビットコインニュース

感想

感想

また記録を更新したICOの調達資金。現在進行中のICOも、公開を控えているICOも多数並んでいます。
今、仮想通貨への関心度は大きくひろがっているところです。
ICOについては、夢や希望がつまっていると感じる募集ですが、批判されるような状況は続いており、新たなルールやや制度への見直しにも着手されるときがくるかもしれません。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!
出典:http://line.me

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

関連するまとめ

iPayYouがAmazonで仮想通貨ビットコイン“新決済”|摩擦解消は仮想通貨

新しい一歩進んだ仮想通貨決済がAmazonで可能に。仮想通貨ビットコイン決済のサービスを提供するiPayYo…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 6363 view

仮想通貨アメリカ法規制統一標準化へ期待|スタートアップ・フィンテック促進

アメリカは、フィンテックや技術面よりも、今急がなければならないのが仮想通貨の法。その理由として、仮想通貨の規…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2055 view

「仮想通貨」社会に与える影響を追う|仮想通貨VS国家

「仮想通貨が社会に与えるインパクト」と題し、日経ビジネス(会員)記事が興味深い内容でした。仮想通貨VS国家、…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2923 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽