クラウドセール(ビットコイン2.0)世界初

今やクラウドセールは耳慣れてきたところですが、
ビットコイン2.0を利用した「最初にクラウドセールを行った」として有名です。
「約6億円」が集められたと言われています。

ビットコインのブロックチェーンを利用する代表的なものといえば、
Colored CoinsやCounterpartyと「Omni(Mastercoin) 」の3つがあげられます。

ビットコインのblockchain上で最も使用されるプラットフォーム

Colored CoinsやCounterpartyと同様に、ビットコインの取引データに追加の情報を書き込むことにより、ビットコインのブロックチェーン上のプラットフォームを実現しています。
ビットコインを利用しているため、送金等に小額のビットコインがかかるほか、通貨発行等の一部の機能には、スパム防止のため基軸通貨のOMNI(旧MSC)が少額必要となります。

ビットコインのブロックチェーン上ですので、
ネットワークの“セキュリティ”を利用できるメリットがあります。

最も使用されるメタプラットフォームだと紹介されており、
先週のトランザクションの割合(%)が公開されています。↓↓↓


OMNIが(濃いピンク)39.9%で一番ですね。

関連するまとめ

仮想通貨ゴーレム(Golem)数日で2倍に|あのRippleが再来か!?注目のアルト…

アルトコインに注目が集まっています。その中でも、ここ数日で2倍にまであげているキラー存在がいます。それが仮想…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 29191 view

アルトコイン短期トレードにオススメ! 「トレードシグナルbot」とは?!

ビットコインの価格上昇に伴い、アルトコイン投資が注目されていますね。 アルトコインはビットコインよりもボラテ…

Rie Yamauchi / 8328 view

TenXカードで「仮想通貨PAYトークンと保有でイーサ還元」|仮想通貨デビットカード

気になる仮想通貨アルトコインは、価格の上昇率の高かったブロックチェーン・スタートアップのTenX(テンエック…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 14419 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽