ビットコインには、発行を司る組織や流通を管理する組織が存在しないのです。
円やドルと同じような通貨なのに、どこの国も、企業も、ビットコインの発行・流通には関与していないのです。

ビットコインが、国も企業も関与せず、発行や流通を管理する組織も存在しない。そんな非常識ともいえるビットコインの安全性は誰がどのように守っているのでしょうか?

ビットコイン取引は誰がどう管理しているのか?

ビットコインは、中央での管理を行わない代わりに、コンピューターのネットワークを利用して通貨を管理する仕組みとなっています。
ビットコインは、特定の組織の元にではなく、分散されたコンピューターのネットワーク上にその1つの大きな取引台帳を置くことで、中央管理を不要とする仕組みなのです。

ビットコインは、通貨のように中央管理されていないため、コンピューターネットワーク上に1つの大きな取引台帳を置いて管理されているのですね。
しかし、それだけで取引の整合性は取れるのでしょうか?
その整合性のとり方については、次に説明するビットコインの採掘(マイニング)に秘密があります。

ビットコイン取引の整合性はどう取っているの?ビットコインの採掘(マイニング)とは

ビットコインの採掘とは、比喩であって、実際にやっていることは、ビットコインの仕組みのメンテナンス作業のことである。
採掘と言うのは、完全なる比喩で、実際は、取引の承認作業をしています。
この承認作業というのを、いろんなひとが競争してやっています。これが「採掘」の実際のすがたです。
整合性を取る作業はコンピューターによる計算で実現できるのですが、膨大な計算量が必要となります。分散されて保存されている1つの大きな取引台帳のデータも、追記対象の取引のデータも、すべてを正確に検証してから追記しなければならないのです。

そこで、ビットコインでは、この追記作業に有志のコンピューターリソースを借りています。余っているコンピューターの計算能力を借りることによって、膨大な計算を行い、みんなで共有する1つの大きな取引台帳に追記を行っているのです。

ビットコイン採掘(マイニング)とは、取引データの検証をし、整合性を取り、取引台帳に追記する作業のことを言います。
その採掘(マイニング)の実際の作業は、膨大な計算量を必要とし、日本が誇るスーパーコンピューター「京」の力を借りても足りないと言われるほどの作業量。
その作業を世界中の人が競い合ってマイニングしているからこそ、ビットコイン取引の安全が守られているということですね。

管理者不在だけど、発掘(マイニング)はボランティアなの?

追記作業のために膨大な計算処理をし、結果として追記処理を成功させた人には、その見返りとしてビットコインが支払われます。つまり、追記作業を手伝ってビットコイン全体が健全に運用されるようにがんばってくれたことへの報酬として、ビットコインが支払われるのです。
ゲームをしていてもいいし、ネットで遊んでいてもいいのに、わざわざ膨大な計算を行ってビットコイン全体の発展に貢献してくれた人へのささやかな感謝の形が、新規ビットコインの発行なのです。

ビットコイン発掘(マイニング)はボランティアではありません。ちゃんと報酬が発生しています。
ビットコイン発掘(マイニング)による報酬は、ビットコインで支払われています。報酬支払の際にはじめてビットコインが新規発行されるのです。
発掘(マイニング)は、ビットコイン取引の安全性を保つだけではなく、新たなコインを生み出し、流通量拡大に大いに貢献していることにもなりますね。

仮想通貨ニュース、勉強会、ビットコイン飲み会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめLINE@

仮想通貨まとめLINE@登録方法は、

スマホのLINEアプリを開き
←LINEアプリでQRコードを読み込むか

スマホのLINEでID検索は▼ 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!

スマホ直接リンクの方は↓

http://line.me/ti/p/%40coinnews

もしくは↓クリックしていただければ直接ORコードにとびますよ。  (←の出典でもコードにとびます)

↓仮想通貨まとめLINE@(スマホからリンクQRコード)

関連するまとめ

平穏無事な今だからこそ、お金の非常時に備える。

皆さんは、このサイトで熱く語られる仮想通貨の話を、どう捉えられていますか?平和な今だからこそ、しっかり押さえ…

FREE BIRDS / 1618 view

ねもとあい

不動産業界で10年実務経験がある、宅地建物取引士です。

ライターとしても活動しています。