仮想通貨市場で今何が起きているのか?――時価総額1000億ドルはバブルを意味するのか

当サイトでも他でも、最近起こった大きな考察する題材に、
仮想通貨時価総額合計が1000億ドル(およそ11兆円)を突破したことです。

しかも、価格が急上昇したのはここ数か月のことで、4月1日時点の時価総額合計が250億ドルだったことを考えると、たった60日間で仮想通貨の価値が300%も上がったことになる。
その一部はビットコイン(上記期間の値上げ幅が160%)によるものだが、Ethereum(439%の値上げ幅)をはじめとする他の仮想通貨も時価総額の上昇に貢献している。

当時はビットコインが仮想通貨市場のおおよそ80%ほどをシェアしていました。
しかし、現在は日によりますが44~49%になっています。
それだけ他のアルトコインと言われる仮想通貨が市場でボリュームをUPしているということです。

では、これだけの急な成長は、やはり仮想通貨バブルなのでしょうか。
仮想通貨バブル期、元年も言われることを良く聞くことかと思います。

しかし、今回、ほんの少しだけ異なる意見が取り上げられていることを、
見かけるようになりました。

「仮想通貨バブル」とは違う?↓↓↓

仮想通貨のバブルがおきているのでしょうか

経験豊富なプロの投資家であれ、別の仕事を持つパートタイムの投資家であれ、数か月のうちに400%も時価総額が上昇した資産を見れば、ものすごいバブルだと考えるのが普通だろう。

しかし、仮想通貨の管理・決済サービスを提供する
「米コインベースのブライアン・アームストロングCEO」は、
仮想通貨にとって……

「これをバブルと呼ぶなら、今回は仮想通貨にとって3回目か4回目のバブル期にあたる」。

バブルとは、過ぎ去ってみて
初めてあの頃は「バブルだった」と思い起こすことが多いですね。
今をバブルと言うには、まだ早いという方もいれば、
これだけの拡散はバブル以外の何物でもないという方。

そして、バブルとは頻繁に起こるものだろうかと考えると、
仮想通貨がうまれてまだ10年もたたない期間に、
バブル期が3回も4回も訪れるのでしょうか。
と伝えているように感じる意見が報じられています。

では、もしもバブルでは「ない」とするなら、
逆になぜこれだけの盛り上がりと数字をたたきだしているのでしょうか。

仮想通貨の復活へ再加熱

とは言っても、1年というスパンで仮想通貨市場を見てみると、ここ数か月の異常とも言える価格上昇は、バブルというより仮想通貨全体の復活なのではないかと気づく。

関連するまとめ

個人のお金はマイナンバーで管理される|仮想通貨が必要な“ワケ”財産は捕捉Part1

国に管理されない自由な資産「仮想通貨」の人気。どうして管理されないことが人気のひとつなのでしょう?“財産は国…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 6724 view

メガサイトぐるなび“仮想通貨ビットコイン決済”を支援|20年までに5万店 利用目指す

今やメガサイトと言われる「ぐるなび」が、仮想通貨ビットコイン決済を支援。2020年のオリンピックまでに5万店…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 7514 view

みずほ銀行と北九州銀行も連携!|マネーフォワード、北九州市フィンテックを活用

「中小・小規模事業者の競争力向上」「起業しやすい街づくり」「地域における雇用の創出と人口流入」などを目標に掲…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 1744 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽