仮想通貨市場時価総額1000憶ドル(およそ11兆円)突破

昨日時点で10兆円を超えていた暗号通貨市場は1000億ドル(およそ11兆円)を突破し新たなステージへと突入した。

↓↓↓今朝はさらに時価総額があがっています。

今起こっているビットコイン価格の高騰によって市場全体が押し上げられている。

仮想通貨ビットコインだけではなく、アルトコインも同時に押し上げられており、
全体の時価総額に反映されている状況です。
6日のデーターですが、下記が今仮想通貨市場の主なシェア仮想通貨です。

1.ビットコイン45.84%
2.イーサリアム23.91%
3.リップル10.87%
4.ネム2.07%
5.イーサリアムクラシック1.58%
6.ライトコイン1.54%
7.ダッシュ1.06%
8.モネロ0.76%

他のライトコインは市場のシェア率はまだ小さいものですが。
日々取引も増えており全体的に伸びている状況です。

時価総額およそ11兆円ですが、

時価総額が10兆円を超えている日本企業はトヨタ、NTT、NNTドコモ、三菱UFJの4社のみである。

日本企業の時価総額で見る「将来性と希望」

ビットコインの時価総額(およそ5兆円)を超える日本企業は15社存在する。
世界の共通通貨であり、インターネット上の最も安全な価値の保存先であるビットコインはまだこの程度の大きさということだ。

仮想通貨ビットコインの時価総額と同等の企業(およそ5兆円)が15社だと言いますが、
ステージはまだ小さなもだと思われます。
逆に言えばこれからが成長するために必要な時間ともいえるのかもしれません。

オウケイウェイヴ(3808.NG)の兼元謙任社長は

一方、ビットコインの国内の普及は、東京オリンピックが1つのきっかけになるとの見方を示した。

各専門家や投資家は、仮想通貨ビットコインの今と近い将来を、
どうみているのでしょうか。↓↓↓

「Infinity Ventures Summit 2017 Spring Kobe」専門家の声

関連するまとめ

仮想通貨ブロックチェーンが犯罪をさせない|「紛争ダイヤモンド」撲滅

「紛争ダイヤモンド」を一日も早く撲滅したい……国連後援機関が仮想通貨の根幹ブロックチェーンを利用した解決を検…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2000 view

仮想通貨だけが危険?|銀行預・貯金も安全じゃない「元本保証」2つの罠

仮想通貨にはデメリットを唱えられることが多いですね。リスクが大きい、ハッカーなどのセキュリティ問題など。そし…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 4818 view

VISAやNASDAQもビットコイン技術の新興企業「Cain.com」に投資

NASDAQパートナーのChain.comが決済の巨人ビザやナスッダクらから3,000万ドルを調達したとのニ…

仮想通貨まとめ編集部 / 887 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽