暗号通貨市場規模が8兆円を超える中、ビットコインのドミナンスが著しく低下し、現在は50%を下回っている。新たなICOが次々と行われ、大型資金調達をすることによって暗号通貨同士の激しい争いが繰り広げられている。

IPOの仮想通貨版に近いともいえる注目するICO。
これから知る方には、
ICOとは何かについて、以前ご紹介させていただいております。
よろしければ関連記事をご覧くださいね。↓↓↓

そして、先日驚く記録を樹立したICOが現れました。

Mozilla前CEOのBrendan Eichが立ち上げたブラウザ開発企業Braveが、ICOで3500万ドルを調達したのだ。しかも、30秒以内に。

BraveのICO「最高位の記録を樹立」

ICOでは投資に対して暗号通貨が配布されるようになっており、投資家は従来の株式よりも多様な形で資産を保有することができる

今回のICOでは、Braveが発行した、
独自の通貨(トークン)Basic Attention Token(BAT)を
10億枚売却しました。
伝えられるところによると、細かくお伝えすると、
わずか24秒で156,250ETHE(約3,600万ドル)を記録しました。

BraveはBasic Attention Tokens(BAT)で新しい記録を樹立しました.

Brave set a new record with the Basic Attention Tokens (BAT):

これまでに目に見えるほど大きな成功を収めたトークンは提供されておらず、Brave BrowserのBATチーム、請負業者、管理、コンティンジェンシー・プラン、マーケティング・キャンペーンの展開に向けて資金提供が大きく進んでいます。

No token offering has been as measurably successful thus far, and the funding will go a long way towards the Brave Browser’s development of the BAT team, contractors, administration, contingency plans, and marketing campaigns.

We do not plan to have a follow-on sale.

↓↓↓

開始前の概要では、後の追加発行を計画していないとしています。

トークン販売の支払いは、イーサリアム(エテリアム)(ETH)、
BATの価格は1ETH = 6,400 BAT

基本アテンショントークンの販売は、
2017年5月31日に開始し、売却は規定日または、
156,250 ETHの上限が売却されるまで継続しますと公開されていましたが、
結局あっという間に到達し24秒で終了したことになる驚異のICO事例になったわけですね。

※何度かでてくる用語のBATとは、先ほどもさらりと触れている
独自の通貨Basic Attention Tokenのことです。

しかし、なぜこれほどに注目されたのでしょうか。
こちらは、サラリとご紹介します↓↓↓

関連するまとめ

欧州マイナス金利を顧客も負担!|仮想通貨ビットコインが対策に英中銀

マイナス金利政策の日本は困窮しています。そんな中、日本より先に導入した欧州で、マイナス金利コスト負担を「預金…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 1498 view

日本郵政「ポスト西室」迷走した原因はコレ?「マイナス金利負担・国債保有」関係

日本郵政社長人事は迷走しました。ポストを誰も引き受けたがらない大荒れ理由?「マイナス金利の負担額」「国債保有…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 941 view

日本政府初!仮想通貨技術ブロックチェーンで国際共同実験|金融庁“米英ほか海外当局と連…

金融庁は仮想通貨技術「ブロックチェーン」を使った金融取引について、海外と連携した国際的な共同研究を発表しまし…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 4805 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽