仮想通貨ビットコインはさておき、新たなデジタルトークンが世界中の暗号通貨ファンの心と財布をわしづかみにしている。

カールソンウィー氏↓↓↓

仮想通貨ヘッジファンド、ポリチェーン・キャピタルのオラフ・カールソンウィー最高経営責任者(CEO)によれば、ブロックチェーン(分散型デジタル台帳)技術の一つである「イーサリアム」の通貨単位イーサの価値は2018年末までにビットコインを上回る可能性がある。

仮想通貨ファンには、ワクワクするのか複雑なのかは分かりませんが、
以前よりまことしやかに、囁かれていたことです。
事実、時価総額が急激に近づいているのを目の前にし、
現実になるかもしれない「可能性」を感じるかもしれません。

もう少し細かくアップしていきます。↓↓↓

仮想通貨ビットコインとイーサリアムの時価総額

ユニオン・スクエア・ベンチャーズの共同創業者兼マネジングパートナー、フレッド・ウィルソン氏は5月のインタビューでイーサリアムについてさらに野心的な見通しを示し、

カールソンウィー氏は2018年度中にはと予測し、
フレッド・ウィルソン氏は年内だと話しています↓↓↓

「イーサリアムの時価総額は年内にはビットコインの時価総額をしのぐだろう」と述べている。

↓↓↓今朝の時価総額を比較しましたが、
以前はダントツのシェアを誇るビットコインの座に、
ピッタリと近づいている様子が見受けられます。

現在の時価総額
ビットコイン $39,070,416,787
イーサリアム $20,490,426,329

イーサリアムも問題が露呈したことがあり、
分裂も含めて、乱気流していたこともありましたが、
長いスパンで見ると、確実に上昇しているということが見えます。
↓↓↓

デジタル通貨市場におけるビットコインのシェアは3カ月前の約90%から低下し、現在は5割弱である一方、イーサリアムはシェアを4倍に拡大し、25%強に達した。他の仮想通貨も勢いづいている。

また、同時に忘れてはいけない中国の存在が、ここにきて取り上げられています。
中国の仮想通貨取引所はしばらく停止していましたが、
中国ビック3に入る取引所が、
再開時にイーサリアムを開始すると報じたことです。
↓↓↓

中国仮想通貨取引所Huobi「イーサリアム取引開始」

暗号解読の撤回に関する一時停止 が中国で間もなく終了する予定であるため、国内の取引所は代替の暗号通貨に注目しているようです。2日前、Huobiは5月31日にEthereum取引を開始すると発表した。

As the moratorium on cryptocurrency withdrawals is expected to soon end in China, exchanges in the country seem to be turning their attention to alternative cryptocurrencies.Two days ago, one of the big three exchanges in China, Huobi, announced it will launch Ethereum trading on May 31.

CNY / ETHが取引所に上場されることをお知らせいたします。取引は、5月31日(GMT + 8)12:00に開始されます。ETHの入出金は今から利用可能です。

We are excited to announce the CNY/ETH will be listed on our exchanges.Trading will start at 12:00 May 31st (GMT +8).ETH deposit and withdrawal is available from now on.

確認したところ報じられてから今朝の時点では、
中国仮想通貨取引所HuobiのETH(イーサ)取引について
世界ランキングで7位に浮上しています。

また、中国の取引所Huobiが、仮想通貨のランクに従い、
将来追加されるべきアルトコインリストをリリースしたと記述は続いています。

リストは、硬貨の戦略、マーケティング、活動、リスク、技術を考慮して、硬貨の関連性を計算するHuobiによって作成されたモデルを使用してランク付けされました。

The list was ranked using a model created by Huobi which factors in the coin’s strategy, marketing, activity, risk and technology to calculate the relevance of the coin.

イーサはここ数か月間かなり価格を上げていますが、
報じられる前と、報じられた後の取引額を比較すると、
更に上昇しているのがわかります。↓↓↓

大きくクローズアップにての比較↓↓↓

上が5月30日のランキングによる取引額$197.69
下が6月1日のランキングによる取引額$219.31

イーサリアムの可能性

イーサリアムという名前を聞くと、ハッカーが多額のイーサを盗んだ昨年の事件を思い出すかもしれない。

特にセキュリティの弱さは以前より指摘されていましたが、
昨年はイーサリアムのこうした内容がとても多く報じられてきました。

それでも金融機関やヘルスケア業界からの関心を集めているのは、ビットコインユーザーによる送金よりもはるかに多くのことをこのブロックチェーンが行うためだ。
提唱者らはイーサリアムの技術によって共通かつ分散型の方式でより複雑な作業が可能になるため、ビジネスをする上で広くアクセスしやすい仕組みになる可能性があると考えている。
仮想通貨ビットコインはさておき、新たなデジタルトークンが世界中の暗号通貨ファンの心と財布をわしづかみにしている。
感想

感想

現在、海外では、日本も韓国もアルトコインに人気が集まっていることが伝えられています。
市場ではかなり前より、ビットコインイーサリアム、そしてリップル、また少し遅れてライトコインは以前より話題の多い仮想通貨です。
イーサリムの快進撃がここから始まるのかは、未知数ですが熱いファンがいることは確かな暗号通貨です。
これから先、仮想通貨そのものへの注目が集まるたびに、こうして人の関心が高くなる種類が増えるかもしれませんね。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

LINEをされていない方は、こちらに                 今さら聞けない仮想通貨「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連するまとめ

Ethereum(イーサリアム)ウォレットParityに重大な脆弱性|ICOスタート…

Ethereum(イーサリアム)のウォレットのParity(パリティ)に深刻な問題が見つかり、巨額な仮想通貨…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 8682 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽