ここ数週間は急騰急落。また、急落すると否定派の批判も多く目にします。
そんな中、急落したとはいえ、
仮想通貨(暗号通貨)の取引量が“4.3憶ドル”まで到達しました。

社会が動けば仮想通貨も反応していることが多い時期もありました。
しかし、最近は少し様子が変化していると感じませんでしょうか。
では、なぜ毎回価格が急激に低下するのでしょうか。

仮想通貨市場24時間「取引量4.3憶ドル到達」

5月25日、暗号の取引量は4.3億ドルとなりました。Bitcoin、Ethereum、Ripple、Ethereum Classic、Litecoin、NEMは、暗号化トランザクションの取引量を過去最高値まで引き上げました。

On May 25, the cryptocurrency trading volume hit $4.3 bln.Bitcoin, Ethereum, Ripple, Ethereum Classic, Litecoin and NEM drove the cryptocurrency trading volume to new all-time highs .

今朝の時点では、全体にアルトコインが落ち着いているようで、
24時間の取引量は、4.07憶ドルとなっています。

Bitcoinの開発者と起業家ジミー・ソングは、暗号の取引量をNASDAQなどの主要証券取引所の取引量と比較しました。

Bitcoin developer and entrepreneur Jimmy Song compared the cryptocurrency trading volume to the exchange volume of major stock exchanges such as NASDAQ.

cryptocurrency市場の取引量はNASDAQのような主要な証券取引所のほんの一部にすぎませんが、タイやオーストラリアの証券取引所などのより小さい証券取引所の取引量に近づいています。

Although the cryptocurrency market’s trading volume is only a fraction of major stock exchanges such as NASDAQ, it is nearing the exchange volume of smaller stock exchanges such as Thailand and Australian stock exchanges.

「1兆ドル」クラブ入りをしている16の証券取引所があります。
この大きな証券取引所の取引量に近づくためには、
暗号通貨市場全体で「時価総額」をもう少し達成する必要があります。
↓今朝の数字を拾いましたが、

今朝の時点では、仮想通貨市場の時価総額は780億ドル。
日本円にすると今のレート計算で8.69058955 兆円ですね。
※Market capが時価総額

5月21日にご紹介させいただいた時は、時価総額660億ドルですので、
急落を大きく取り上げられた後でも、
しっかりと着実に成長している様子が見えますね。

仮想通貨市場の可能性

投資家や一般の方も含め、仮想通貨へ様々な理由で参加投資をしています。
それは、資産を増やすという投機目的だけではなく、
国の経済的な不安や、資金調達、そして企業までもが仮想通貨に投資をしています。
大きく報じられている公式に公開されている企業以外にも、
非公開で投資されているところですらあるわけです。
表にでるものだけが、全てではなく、
スタート時点もしくは今この微妙な時には公開しない秘密が存在します。

フィデリティ・インベストメンツを含む一部の投資会社は、2つのデジタル通貨を採掘し、LightningやBitcoinベースのマイクロペイメントソリューションなどの2層ソリューションをテストすることにより、BitcoinとEthereumの可能性を積極的に調査しています。

Some investment firms including Fidelity Investments are actively investigating the potential of Bitcoin and Ethereum by mining the two digital currencies and testing two-layer solutions such as Lightning and Bitcoin-based micropayments solution.

cryptocurrencyに対する需要が増加し続け、投資家が既存の金融システムの代替手段としてcryptocurrenciesを認識し始めると、cryptocurrency市場は将来の主要な証券取引所の成長、時価総額および取引量を上回る可能性があります。

If the demand toward cryptocurrencies continue to increase and investors begin to perceive cryptocurrencies as alternatives to existing financial systems, the cryptocurrency market could surpass the growth, market cap and trading volumes of major stock exchanges in the future.

※cryptocurrency=暗号通貨(仮想通貨)

では、100歩ゆずり批判も取り除き、
それでも、なぜ仮想通貨の価格がいきなり落ち込むのでしょうか。
投資やトレードという世界になじみのない方は、
見ているだけで心労を感じる方がいるのではないでしょうか。

仮想通貨の価格「突然低下する理由」

Crypto ConsultantのJason Cassidy(キャシディ)社長がこう話します。

「新しい金融システムの誕生を目の当たりにしているため、一定のレベルの推測を目撃するのは当然のことです。有機的な成長が確実に行われており、上から下へ進行が進んでいます。

“As we witness the birth of a new financial system taking shape, it is natural to witness a certain level of speculation.Organic growth is certainly taking place and progress is being made from the top down.

政府の承認と承認、継続的な加盟国と消費者の採用、革新的なサービスは、通貨の魅力と有用性を拡大するのに役立っています。

Government recognition and approval, continued merchant and consumer adoption along with innovative services are helping broaden the currency’s appeal and utility.”

これは【自然なプロセス】だと紹介されています。

関連するまとめ

仮想通貨の保険サービスで盗難補償|三井住友海上とbitFlyerが共同開発で安全整備

取引が伸び続ける“仮想通貨”を安心して利用できるように整備され始めました。仮想通貨取引所などの事業者を対象に…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 5822 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易「東京」も決定。
※7月の申し込みは後日アップいたします。

仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
5月末~6月より個人的に新しい講座や企画をご紹介することになりました。

お友だちだけにご案内させていただきます。
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。