どこでとは、言えませんが、
個人的にあるところでログインし、別の資料を読んでいました。
時々交流はない仮想通貨ファンたちで、独り言のように「つぶやき」が入ります。
27日ある一人が「ゴーレム…何かあったのか?価格に勢いが」と呟きました。
しかし、誰も何も答えずそのまま消えていった呟き。
一瞬で私はゴーレムの価格と、取引所へのログイン、そして
チャートの動き、情報を探していました。

仮想通貨は、現在の価格で評価しがちですが、
大事なのは率です(チャートでは変化率とも表示されています)。
仮想通貨ゴーレム(Golem)は、ほんの数日で“倍”になりました。
現在は少しだけ戻していますが、いつの間にかランキングも10~11位以内に入るなど着実。

この流れは、まさか、あのRipple(リップル)が再来か!?
そんな声も聞きながら冷静にご紹介いたします。

仮想通貨ゴーレム(Golem)の市場変化

チャートで視ますと、現在ゴーレム(Golem)の動きは、
徐々に伸ばしてはいましたが、特にここ一週間以内に急激に上昇しています。

さらに、もっと細かく見ると下記の通りですが、
クローズアップいたします。

上が5月21日の$で見た時の 価格0.255294
舌が5月28日の最近の最高値 価格0.515707
約2倍になっているのが、お分かりいただけるかと思います。

現在いったん落ち着き、$0.45~0.46あたりですが、
スタート時点である昨年の10,11月は、$0.014995でしたので、
約30倍になってる計算になります。

リップルも一か月で10倍、
最安値から見れば50倍と爆発した記憶が新しく、
まさか、ここで第二のリップルが出現したのかと注目されるのも、
期待度の高さと、冷静な判断と混在することが理解できますね。

ゴーレム(Golem)のプロジェクト

Golemプロジェクトは、真に分散したWebを効果的に作成するため、将来の潜在的価値をたくさん持っています。

The Golem Project holds a lot of potential value for the future, as it would effectively create a truly decentralized Web.

現在の状態では、インターネットプロトコルのほとんどは、サーバー、コンピューティングファーム、またはスーパーコンピュータを経由して行われ、将来的には障害の重大な障害を引き起こします。

In its current state, most of the Internet protocol is conducted through servers, computing farms, or even supercomputers, which creates potential central points of failure in the future.

ゴーレムプロジェクトは↓↓↓

世界中のコンピュータの能力を組み合わせることで、必要なハードウェアリソースがすべて提供され、Ethereumベースの支払いによってトランザクションがクリアされます。

Combining the power of computers all over the world would provide all of the necessary hardware resources, and Ethereum-based payments will clear transactions.

簡単にコンパクトにしてしまうと、
現在の状況では、将来において大きな問題が起こる可能性があります。
しかし、ゴーレムのプロジェクトは、
使っていないコンピュータを利用して、ゴーレムネットワークに提供し、
ウェブを分散したいと考えています。

分散型インターネットプラットフォームの開発に取り組んでいるブロックチェーンテクノロジー企業は少なく、ゴーレムもその一つです。

There are few blockchain technology companies that are working on creating decentralized internet platforms and Golem is one among them.

ゴーレム(Golem)の3つの特徴

バーチャルマシン

これはコンピューティングを行うコアのこと。それぞれのノードのなかにバーチャルマシーンを作り、そこで割り当てられたタスク(計算)を行います。

ゴーレムネットワーク

コアとなるP2Pネットワーク制御。空いているコンピュータリソースを探したり、コンピューティングタスクを分割して割り当てたり、計算量や手数料を計算したりといった部分です。

イーサリアム(Ethereum)

Ethereumのスマートコントラクトは、支払い処理に使います。

Ethereumのプロジェクトかとおもいきや、Golem Network自体はEthereumで記述するのではなく、クライアントソフトウェアとして各ノードが走らせ、支払い部分のみをEteherumで構築するようです。

関連するまとめ

注目のアルトコイン「Omni」(オムニ OMNI)|大暴落の日も微動だせす、古株の強…

あの日、仮想通貨市場が一斉に暴落したにもかかわらず微動だしなかったアルトコインがいました。Omni(オムニ …

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 26288 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易さん「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易さん「東京」も決定。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
8月22日より個人的に新しいサロンや講座をオープンいたします。

お友だちだけにご案内させていただきますので、
もしよろしければ
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。