coincheck(コインチェック)さんが扱う仮想通貨全12種類

coincheck(コインチェック)は、電気代決済や仮想通貨ビットコイン定期など、
数多くの話題で報じられています。
おそらくご存じない方は少ないのかと思います。
そして、日本の仮想通貨取引所でアルトコインを取り扱っている種類が多い点でも、
初めての方が戸惑うことが少ないかもしれません。
coincheck(コインチェック)で扱うアルトコインは現在↓↓↓

画像は、coincheck(コインチェック)
https://coincheck.com/ja/exchange

上記を現時点のランキング順にご紹介しますと、

1.ビットコイン(Bitcoin)
2.イーサリアム(Ethereum)
3.リップル(Ripple)
4.ネム(NEM)
5.イーサリアムクラシック(Ether Classic)
6.ライトコイン(Litecoin)
7.ダッシュ(DASH)
8.モネロ(Monero)


13.ジーキャッシュ(Zcash)
16.オーガー(Augur)
24.リスク(Lisk)
27.ファクトム(Factom)

現時点でのランキング8位以内までの仮想通貨(ランキングは変動)は
取り扱っていることになります。

以前取り扱っていた仮想通貨で扱いを中止したものもありますが、確実に数を増やしています。これからも、他のアルトコインを扱う可能性があるのではないかと思われますね。

今後購入しようかな、どうしようかな、と思われる方は、
仮想通貨は、価格変動がありますため、
購入のタイミングを逃してしまわないように、
先に口座開設をしておくことをお勧めいたします。

以前もご紹介しておりますが、改めて簡単に
coincheck(コインチェック)の口座開設方法をご紹介いたします。

法により本人確認が少し厳しくなっています。
本人確認のアップロードをし、本人確認のハガキを受け取る必要があります。
全てが完了し取引を行えるまでに多少の時間はかかりますので、
できるだけお早めにしておくといいですね。

coincheck(コインチェック)さん口座開設方法

①coincheck(コインチェック)ページ

ページにアクセスします。こちら↓から可能です。

携帯電話でもパソコンからでも可能ですが、ほんの少しだけ見る画面が異なります。
手順通りで解説が不要なくらい簡単に開設できます。

上記をクリックして開くと↓↓↓の画面になります。

②ページにアクセス

メールアドレスとパスワードを入力します。(Facebookを使って登録もできます)
後で変更できますが、ここで設定したパスワードを忘れないようにしてくださいね。
そしてオレンジの「アカウント作成」をクリック(タップ)すると下記の表示になります。

メールアドレスにリンクが届きます↓↓↓

③メールを確認

登録したメールアドレスに確認メールが届きます。
メール本文に記されているURLをクリックで、口座開設完了です。

第一段階完了。
次は、このままでは、口座開設しただけですので、
制限を解除するための手続きを行っておきます。
欲しい時にすぐ買えないことにならないようにと、
法案である、本人確認などが必ず必要です。

④本人確認

本人確認は、「設定」から行います。
設定をクリック(タップ)すると、
画面の上に「本人確認」が見えますので、クリックします。

ビットコインの購入方法 | Coincheck(コインチェック)

ビットコインの購入方法 | Coincheck(コインチェック)

関連するまとめ

Microst(マイクロソフト)Excelで仮想通貨ビットコインをサポート予定|通貨…

Microsoft(マイクロソフト)が、仮想通貨ビットコインの計算分析をエクセルでサポートする予定を公式に発…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 8031 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


2018年3月3日 場所:札幌でセミナーで登壇したします。
ご都合があいましたら、ぜひご参加ください。初心者さんの中の初心者さんむきです。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/03/03_3/index.html