日本のビットコインを受け入れる加盟店の数が増えるにつれて、企業はデジタル通貨をさまざまな形でビジネスモデルに組み込んでいます。

https://news.bitcoin.com/leading-japanese-atm-manufacturer-oki-bitcoin-atm-business/

日本を代表するプリンタ、インフォメーションテレコム、ATMメーカー、沖電気工業株式会社がBitcoin ATM事業に参入しました。BitcoinのATMの最初のラインは今月開始します。

Japan’s leading printer, info-telecom and ATM manufacturer, Oki Electric Industry Co Ltd, has entered into the Bitcoin ATM business.Their first line of Bitcoin ATMs is launching this month.

OKIは海外向けにビットコインとの連動が可能なATMを開発した。

日本でもOKIと言えば、電気メーカーとしか記憶していない方がいます。
OKIがATMを開発していることに気が付かずに流してしまう内容かもしれませんね。
海外では、OKIを↓↓↓と紹介しています。

創立1881年、東京に本拠を置く沖電気工業株式会社(Oki Electricity Co.、Ltd。)
通信システム・情報システム向けの製品を製造販売しています。

他の製品の中で、沖電気は供給台のATM、現金取扱機器、金融機関の銀行支店の端末、自動チェックイン機だけでなく、小売業やサービス業のためのチケット予約及び現金取扱機器を。

Among other offerings, Oki supplies ATMs, cash-handling equipment, bank branch terminals for financial institutions, automated check-in machines as well as ticket reservation and cash-handling equipment for the retail and service industries.

金融機関の支店端末他、ATM事業に参加することは
不自然ではないというニュアンスを含め紹介されています。

仮想通貨ビットコイン連動のATM「注目機能」

ビットコイン専用の電子財布「ウォレット」と連動して、現地通貨として引き出せるようになる。
価格の変動が大きいビットコインを現金としていつでも引き出して利用することが可能になる。中国など新興国を中心にビットコインの市場が拡大しており、実際の決済への利用の増加に対応する。

開発した仮想通貨ビットコインとの連動機能を搭載するのは、
5月中に発売する海外向けの新型ATM
「リサイクラーG8」のオプション機能に初めて追加する方向です。

この搭載される機能の注目点は、
やはり引出しできることだけではない、逆パターン機能ですね。
プラス、請求書への決済対応のできる高機能かもしれません。↓↓↓

ビットコインの市場価格にあわせて、現金で引き出せるほか、逆に、現金をビットコインにして「ウォレット」の残高を増やすこともできる。
各国で電子通貨の普及も進んでいることから、電子通貨へのチャージにも対応する。

関連するまとめ

仮想通貨はインターネットの発祥理由と似ている|間違いなくこれからの主流になる分散型

仮想通貨ビットコインの騒動で、逆の意味でも無関心だった層から注目されはじめています。丁度いい機会かもしれませ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 6194 view

仮想通貨技術で音楽業界ほか「著作権」を管理|小室哲哉氏も語る“あの頃に仮想通貨があれ…

iPodそしてナップスターなどの無料ファイル交換ソフトが出現した00年頃から無料に近くCDが売れない音楽業界…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 3652 view

中国の銀行不良債権急増|金利規制はビットコイン取引を押し上げるか

中国政府が銀行の金利規制を復活させました。中国といえば、ビットコインの採掘(マイニング)率の高さでも知られて…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 1451 view

関連するキーワード

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽