ビットコイン投資で知られるビリオネア・ベンチャー・キャピタリストのティム・ドレイパー氏が、ビットコイン以来初めて、新たな仮想通貨投資に乗りだす意向を明らかにした。
ベンチャー・キャピタル企業、ドレイパー・フィッシャー・ジャーベットソンを1985年に設立したドレイパー氏は、Skypeや中国最大の検索エンジン「バイドゥ(百度)」などにも初期投資する一方で、いち早くビットコインの飛躍を読みとっていた。
2014年に3万枚のビットコインを購入したのを皮切りに (推定価格1900万ドル/約21億4776万円)、その後も価格の浮き沈みに左右されることなく、精力的にビットコイン投資を継続。

そんなドレイパー氏が、
ICOに乗り出すということの狙いについて述べられています。

ICO(新規仮想通貨公開)にご自身が参加することで、
幅広い投資家層に対して「仮想通貨が安全である」ということを
示したいということのようですね。

仮想通貨のICOって何?

IPOはこれまでの伝統的な経済における証券取引所上の新規株式公開であるが、

IPOはご存じ方が多いかと思いますが、

I=Initial(最初の)
P=Public(公開の)
O=Offering(売り物)
の略で「未上場企業」が、
株式をこれから“新規”に証券取引所に上場し、
投資家たちに、株を売り出すことをいいます。

証券取引所に上場し、誰でも株の取引ができるようにします。
IPOは「新規公開株」や「新規上場株式」と言われるのが、どうしてかわかりますね。

ICO(Initial Coin Offering)は企業またはプロジェクトが自らのトークンやコイン(従来の金融市場における株式のようなもの)を発行し資金調達を行うプロセスである。そしてそのトークンが暗号通貨取引所に上場されることである。

ICO(アイ・シー・オー)とは、Initial Coin Offeringの略ですが、
IPO(Initial Public Offering)に
引っ掛けたものと紹介されているところもあります。

もう少しわかりやすくお伝えすると↓↓↓

「ICO(Initial Coin Offering)」とは、ある組織や企業が資金調達する際に暗号通貨やブロックチェーン上でトークンを発行し、それらを一般の投資家に向けて販売することで資金調達を行うことを指します。

IPOで言えば会社の株を上場前に投資家に取得してもらいますが、
では、ICOは、株に当てはめると何を投資家に取得してもらうかと言えば、
仮想通貨(暗号通貨)やトークンの発行を伴うということです。
ゆえに、ブロックチェーン関係のプロジェクトで、多く用いられます。

他に言い方を変えると、「クラウドセール」や「プレセール」
などと呼ばれていることもあります。

単に「資金調達」と言う意味で表現すると、
クラウドファンディングの“ようなもの”と、
想像してもらうために使うことがあるようです。

しかし、クラウドファンディングとは
異なるようですので、混乱されないように注意が必要です。
どんなものか想像するのであれば考えやすいのですが、
言葉でお伝えするのは、難しいですね……

ICOが取り上げられるようになったとき紹介されています↓↓↓


近年、IPOによる株式公開やクラウドファンディングとは異なる、暗号通貨を用いた資金調達が登場しています。

個人的には、IPOの仮想通貨(暗号通貨版)がICOという感覚です。

関連するまとめ

2017年税制改正で相続税法の「5年ルール」廃止|未来を見据えて資産形成を考えよう

2017年税制改正で相続税法の5年ルールの廃止が今、関心を集めています。5年ルールとは、相続や贈与の開始以前…

すずきまゆこ / 1286 view

仮想通貨ビットコイン版「定期預金」最大年5%|国内初!コインチェック持っていれば利子

日本人の心を掴むサービスが始まりました!仮想通貨取引所コインチェック(Coincheck)が、国内初「仮想通…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 7165 view

一過性ではない消えない仮想通貨|先見の目から時計の針を戻すpart1

「仮想通貨って怪しい如何わしい物」そう言われていた、もしくは誰も知らないほうが多い時に、すでに目をつけた強者…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 1642 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽