出典:Wie die Bitcoin-Blockchain lernen soll, auf andere Blockchains zu hören – BitcoinBlog.de – das Blog für Bitcoin und andere virtuelle Währungen

出典:Wie die Bitcoin-Blockchain lernen soll, auf andere Blockchains zu hören – BitcoinBlog.de – das Blog für Bitcoin und andere virtuelle Währungen

ビットコインのスケーラビリティ問題は、5月22日に予定されているRSK LabsによるGingerのテストネットのリリースにより何かしらの影響を受けるだろうことが予想される。

ここでも、すでに用語が難しくなりますので、少し分解いたしますね。↓↓↓

【ビットコインの※スケーラビリティ問題は……】↓↓↓

スケーラビリティは少々説明が必要なので、
よろしければ以前の記事をご覧くださいね。
簡単に言えば、仮想通貨ビットコインの取引における最大処理能力が、
スケーラビリティ問題と言われています。
※スケーラビリティは、ソフトウェア開発で用いられている言葉。

よろしければ、後でスケーラビリティ初心者さん向けをご覧くださいね↓↓↓

よく、ビットコインの処理能力が遅くなっている、
もう限界だ、などと聞かれると思いますが、
能力が遅くなるというのは、いっぱいになっているという感覚を
もっていただければいいのかもしれません。
能力が遅くなれば、処理スピードも遅くなりますし、
付加される手数料問題にも当然影響がでてきます。

イメージを持っていただくのであれば、例としては、
パソコンでもずっと使い続けていると(何のケアもなければ)、
起動や動きが遅くなっていませんでしょうか。
ビットコインの問題とは例の内容はズレていますので、
詳細は別途確認をしてくださいね。


【5月22日に予定されているRSK Labsによる……】↓↓↓

RSK Labsは、Rootstock(ルートストック)の生みの親です。

Rootstockとは、以前ご紹介しました
ビットコインとイーサリアムの二つのブロックチェーンの、
“いいとこどり”をしたスマートコントラクト・プラットフォームです。

用語に不備があり少し表現が違いますが、
もっと簡単にしますと、、ビットコインとイーサリアムを
1つのネットワークで組み合わせたとも言われるものです。

よろしければ、後で関連記事もご覧くださいね。↓↓↓

【Gingerのテストネットのリリースにより……】↓↓↓

Bitcoin Blockchainへの双方向ペグとマージングを備えたスマートな契約プラットフォームであるRootStockの創設者である RSK Labsは、コアコンポーネントを統合する「Turmeric」というパブリックネットワークを立ち上げました。

RSK Labs, the creators of RootStock, a smart contract platform with a two-way peg and merge-mining to the Bitcoin Blockchain, has launched a public network called “Turmeric,” that integrates it core components.

Gingerは、RSKプラットフォーム初のメインネットバージョンで、民主的なオープンアクセスを提供する唯一のプロダクション・ネットワークだ。

もしも、RSKが運用が可能になれば、何がかわるのでしょうか。

運用が可能になれば、RSKは、秒間100トランザクションの処理と即時決済を可能にするためSegWit導入の必要がなく、
また、イーサリアムが現在実行可能なことの大半、もしくは全てを―6倍の速さで―行えると謳われているものだ。
これはイーサリアム仮想マシンと完全な互換性を実現しているためだ。

RSKが運用可能となれば、SegWit問題はどうなるのでしょうか。

万一ですが、SegWit導入を進めようとしていたビットコインコア、
そしてSegWit導入に反対のビットコインアンリミテッド側との意見の相違問題。
分裂問題になっていることも含めて、何かしらの影響が起こりうると
想像されているのが、わかりますね。

もしも……、
ビットコイン・ネットワークと組み合わさると、
どのようなことが可能になるのでしょうか。
↓↓↓

ビットコイン「スケーラビリティ問題解決」は一時的か短期的?

昨今、ビットコインのスケーラビリティ問題は、ブロックサイズを如何に解決するか、というデッドロックに対する永続的なソリューションを求めるコミュニティの声を大きく高めている。

RSKは「一時的」な解決策なのでしょうか。

共同設立者のガブリエル・カーマン氏が、
RSKは「長期的」なビットコインの
スケーラビリティ問題の解決策になり得ると述べています↓↓↓

「SegWitや、2MBへブロックサイズ制限を拡張する方法でも、短期的に見ればビットコインが現在直面している問題の解決や、手数料の削減などが実現できます。
しかし、長期的に見れば、何十億もの人々にビットコインを利用してもらうためには、RSKのようなドライブチェーンを利用したスケーリングが必要になります」

先ほど触れていましたが、
RSKは、秒間最大100トランザクションの処理を可能にします。と言うことですが、
現在はたった7トランザクションなのです。

しかし、更に↓↓↓

Luminoのトランザクション圧縮プロトコル (LTCP) を利用すれば、秒間2,000トランザクションまで処理が可能になります!
一旦RSKにLumino Networkのデプロイが完了すれば、オフチェーンでは2万tpsでの処理が可能になりますから、VISAの処理能力に匹敵するレベルです。長期のビットコインのスケーリングが可能になります」と、カーマン氏は語る。

まとめ

では、「SegWIt運用導入」の必要性はどうなのでしょうか。
SegWItそのものが不要ということにならないと伝えています。

その理由は、RSKの完全なロールアウトまで、
まだ少し時間がかかることもあります。
その前にビットコインの問題には時間の余裕が残されていないからです。

「しかし、それでも展性にまつわる問題を解決するためにSegWitは必要になってくるでしょう。
RSKは、SegWIt導入の有無に関わらず上手くいくはずです。RSKのリリースと完全なマージまではまだ何ヶ月もかかりますから、それまでSegWItを導入してスケーラビリティを確保するのが良策だと思います」
RSKのチームがこの1秒あたりのトランザクション数を増やす画期的なソリューションを成功させることが出来れば、ビットコインの価値と、その価格の大きな促進力になることは間違いないだろう。

マイナーたちから、RSKの運用方法に対する「発言権」は当然あります。
将来的に、どう機能を改善していくのかも、マイナーたちの声は必要ですし、これから起こることにより、ビットコインの「価値」に大きな影響があるでしょう。
この話題とスケーラビリティ問題は更に掘り起こして意見が飛び交うかもしれませんね。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

LINEをされていない方は、こちらに                 今さら聞けない仮想通貨「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連するまとめ

CryptoGLD(暗号金)世界初ゴールドバックが誕生|100%金裏付けの仮想通貨

新しい仮想通貨市場が動くのでしょうか。世界初の100%ゴールドバック暗号化が開始されます。仮想通貨の完全流動…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 17418 view

関連するキーワード

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽