出典:Wie die Bitcoin-Blockchain lernen soll, auf andere Blockchains zu hören – BitcoinBlog.de – das Blog für Bitcoin und andere virtuelle Währungen

出典:Wie die Bitcoin-Blockchain lernen soll, auf andere Blockchains zu hören – BitcoinBlog.de – das Blog für Bitcoin und andere virtuelle Währungen

ビットコインのスケーラビリティ問題は、5月22日に予定されているRSK LabsによるGingerのテストネットのリリースにより何かしらの影響を受けるだろうことが予想される。

ここでも、すでに用語が難しくなりますので、少し分解いたしますね。↓↓↓

【ビットコインの※スケーラビリティ問題は……】↓↓↓

スケーラビリティは少々説明が必要なので、
よろしければ以前の記事をご覧くださいね。
簡単に言えば、仮想通貨ビットコインの取引における最大処理能力が、
スケーラビリティ問題と言われています。
※スケーラビリティは、ソフトウェア開発で用いられている言葉。

よろしければ、後でスケーラビリティ初心者さん向けをご覧くださいね↓↓↓

よく、ビットコインの処理能力が遅くなっている、
もう限界だ、などと聞かれると思いますが、
能力が遅くなるというのは、いっぱいになっているという感覚を
もっていただければいいのかもしれません。
能力が遅くなれば、処理スピードも遅くなりますし、
付加される手数料問題にも当然影響がでてきます。

イメージを持っていただくのであれば、例としては、
パソコンでもずっと使い続けていると(何のケアもなければ)、
起動や動きが遅くなっていませんでしょうか。
ビットコインの問題とは例の内容はズレていますので、
詳細は別途確認をしてくださいね。


【5月22日に予定されているRSK Labsによる……】↓↓↓

RSK Labsは、Rootstock(ルートストック)の生みの親です。

Rootstockとは、以前ご紹介しました
ビットコインとイーサリアムの二つのブロックチェーンの、
“いいとこどり”をしたスマートコントラクト・プラットフォームです。

用語に不備があり少し表現が違いますが、
もっと簡単にしますと、、ビットコインとイーサリアムを
1つのネットワークで組み合わせたとも言われるものです。

よろしければ、後で関連記事もご覧くださいね。↓↓↓

【Gingerのテストネットのリリースにより……】↓↓↓

Bitcoin Blockchainへの双方向ペグとマージングを備えたスマートな契約プラットフォームであるRootStockの創設者である RSK Labsは、コアコンポーネントを統合する「Turmeric」というパブリックネットワークを立ち上げました。

RSK Labs, the creators of RootStock, a smart contract platform with a two-way peg and merge-mining to the Bitcoin Blockchain, has launched a public network called “Turmeric,” that integrates it core components.

Gingerは、RSKプラットフォーム初のメインネットバージョンで、民主的なオープンアクセスを提供する唯一のプロダクション・ネットワークだ。

もしも、RSKが運用が可能になれば、何がかわるのでしょうか。

運用が可能になれば、RSKは、秒間100トランザクションの処理と即時決済を可能にするためSegWit導入の必要がなく、
また、イーサリアムが現在実行可能なことの大半、もしくは全てを―6倍の速さで―行えると謳われているものだ。
これはイーサリアム仮想マシンと完全な互換性を実現しているためだ。

RSKが運用可能となれば、SegWit問題はどうなるのでしょうか。

万一ですが、SegWit導入を進めようとしていたビットコインコア、
そしてSegWit導入に反対のビットコインアンリミテッド側との意見の相違問題。
分裂問題になっていることも含めて、何かしらの影響が起こりうると
想像されているのが、わかりますね。

もしも……、
ビットコイン・ネットワークと組み合わさると、
どのようなことが可能になるのでしょうか。
↓↓↓

ビットコイン「スケーラビリティ問題解決」は一時的か短期的?

昨今、ビットコインのスケーラビリティ問題は、ブロックサイズを如何に解決するか、というデッドロックに対する永続的なソリューションを求めるコミュニティの声を大きく高めている。

RSKは「一時的」な解決策なのでしょうか。

共同設立者のガブリエル・カーマン氏が、
RSKは「長期的」なビットコインの
スケーラビリティ問題の解決策になり得ると述べています↓↓↓

「SegWitや、2MBへブロックサイズ制限を拡張する方法でも、短期的に見ればビットコインが現在直面している問題の解決や、手数料の削減などが実現できます。

関連するまとめ

カタルーニャ独立政府「仮想通貨」発行検討|エストニアのシステム導入とイーサリアム創始…

スペインのカタルーニャ自治州が一方的に独立宣言をし、スペイン政府と対立している問題は更に深刻化しています。そ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 9322 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易さん「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易さん「東京」も決定。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
8月22日より個人的に新しいサロンや講座をオープンいたします。

お友だちだけにご案内させていただきますので、
もしよろしければ
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。