銀行口座と仮想通貨取引所の口座が合体するようなイメージでしょうか。

Norway’s largest internet-based bank has added a new feature tethering bitcoin accounts to the company’s web bank platform.

ノルウェー最大のインターネット銀行は、Webバンクプラットフォームに、
仮想通貨ビットコイン口座と繋いで利用できる新機能を追加しました。

Skandiabanken customers are now able to access Coinbase accounts giving members insight into their digital investments alongside their savings and checking accounts.

ノルウェー最大のインターネット専用銀行Skandiabankenのお客様は、
仮想通貨交換所のCoinbase(コインベース)のアカウントに、
アクセスできるようになります。
ユーザーはネットバンキングの貯蓄や預金口座と一緒に、
仮想通貨(暗号通貨)の口座である投資なども見ることができます。

また、インターネット銀行から見ての解説ですが、
他のメディアでは仮想通貨交換所から見た解説もありました↓↓↓

地元のニュースサービスE24によると、貯蓄と投資のプロバイダSkandiaが所有するデジタルバンクであるSkandiabankenは、ユーザがCoinbaseのアカウントに接続し、彼らのcryptocurrencyの残高と価値を見ることを可能にする。

According to local news service E24, Skandiabanken – a digital bank owned by savings and investments provider Skandia – will let users connect their accounts with a Coinbase one, allowing them to view their cryptocurrency balances and values.

一つのネットワークで確認できるということに
相違なさそうですね。↓↓↓

日本の仮想通貨取引で考えると、
仮想通貨を購入するときには、おおよそが
取引所で口座アカウントを開設し、
仮想通貨を購入する資金を銀行から仮想通貨の口座へ
送金し仮想痛を購入します。
購入した仮想通貨を移動しない限り、
取引所の口座で自分の残高や現在の価格などを確認できますが、
しかし、あくまでも取引所の口座内のことです。

ここで、自分の銀行アカウントに仮想通貨交換残高も確認できれば、
言うまでもなく自分の資産はどのくらいなのか、
全部一括で見ることが可能になるということですね。

売買については、まだ別のチャンネルを利用しなければならなそうですが、↓↓↓

新機能では、顧客が直接銀行に直接配信cryptocurrencyへの投資にアクセスすることができます。

これは、顧客が仮想通貨(デジタル)交換所Coinbaseのサードパーティのユーザーインターフェイスにログインできるようにすることによって動作し、その後、仮想通貨(デジタル通)の残高は、可視およびオンラインバンクに更新されます。

En ny funksjon gir kundene oversikt over deres plasseringer i kryptovalutadirekte direkte i nettbanken.

Det fungerer ved at kundene logger seg inn i et tredjeparts brukergrensesnitt fra den digitale handleplassen Coinbase, og vil deretter få bitcoin-saldoen synlig og oppdatert i nettbanken.

21世紀の資産クラス「仮想通貨(デジタル通貨)」

Skandiabankenの経営幹部は、21世紀の資産クラスとしてビットコインを見始めています。

Skandiabanken executives are starting to see bitcoin as an asset class for the 21st century.

また、地方のニュースに対して
cryptocurrency(仮想通貨)を、
他の証券と同様の投資クラスと認識しています。
とも伝えているようです。

翻訳された声明では、Skandiabanken(その地域で最大の銀行と主張)の代表者は、この打ち上げはデジタル通貨への移行の動きを表していると語った。

In translated statements, representatives for Skandiabanken – claimed to be the largest bank of its kind in the region – said the launch represents a shifting stance toward digital currencies.

Skandiabanken Norway支店のメンバーは、このサービスを使用してPaypalの支払い処理業者経由でビットコインを購入することもできます。

Members of the Skandiabanken Norway branch can also use the service to purchase bitcoins via Paypal’s payment processor.

まとめ

同銀行は、メンバーにデジタル投資の概要を提供するため、顧客がこの新機能を高く評価すると考えている。

The bank believes customers will appreciate the new feature as it provides members with an overview of their digital investments.

まだ仮想通貨(クリプトカルト)は、初期段階です。
仮想通貨の技術を、銀行側は脅威を感じていますが、
拒否するものではなく、↓↓↓

銀行の勝者は、新しい選手や新技術と協力する人であり、それを否定する人ではありません。

The bank winners will be those who collaborate with new players and new technology, not those who deny it.

銀行と仮想通貨交換所の連携になれば、顧客の中には、そのことそのものが安心材料になる場合もあるでしょう。

また、そう遠くないところで、仮想通貨の売買も別プラットを使用しないでできるようになるところも出来てくる可能性も無いと言えないですね。

環境は着々と整ってきています。あとは利用する側も認識を整えるときかもしれませんね。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

LINEをされていない方は、こちらに                 今さら聞けない仮想通貨「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連するまとめ

ビットコインに消費税はかかる? 税と仮想通貨「政府課税方針?」国内取引所にも確認

ビットコイン仮想通貨について、消費税はかかるの(課税)?今後の政府の方針は?今現在取引所ではどうなの?全ての…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 6390 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽