なぜ、被害が一気に広がるのかは、
パソコン1台が感染してしまうと、ネットワークを通じて、
別のパソコンも感染することが原因と考えられています。

また、↓↓↓

フォースポイント・セキュリティ・ラボによると、マルウェアはメールに添付され、1時間当たり500万件近く送信できる。

どのような対策が必要なのか

今回↓↓↓

マイクロソフトの基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」の欠陥を突いた攻撃だ。マイクロソフトは3月に欠陥修正ソフトを無償提供したが、適用していないパソコンは被害に遭う恐れがあり、同社は12日、追加の安全対策を講じたと表明した。

今回に限りませんが、基本ソフト(OS)のアップデートは、
速やかな行ってほしいと呼びかけています。
特に日本ではセキュリティ対策の甘さも指摘されていますので、
世界に比べることができないほど、ネット環境で使用する対策に対する甘さや、
知識の弱い面は自分だけではなく、
他にもひろげてしまう可能性もあります。

また、当然ともいえるためなのか、記事には記されていませんでしたことは、
やはり不用意に不審なメールを開かないということも大切ですね。

対策の必要性

社内の重要なデータをコピーして保存しておけば、ランサムウエアの被害に遭っても、コピーを取り出して自力で復元できる。ただコピーしたデータをネットワークから切り離すなど安全な方法で保存しないと、コピーもまとめて暗号化されてしまうこともあるので注意が必要だ。

万一、感染してしまったら…?

情報セキュリティー会社の多くは身代金を支払わないよう助言している。支払っても攻撃者が約束通りデータを元に戻してくれる保証がないためだ。ランサムウエアの種類によっては情報セキュリティー会社の技術でデータを復元できるものもある。
ただデータを元に戻せないと、病院で手術ができなくなるなど大きな不利益が生じる場合がある。米国では病院が約200万円相当の仮想通貨「ビットコイン」を支払った例も報告されている。

また、日本では↓↓↓

身代金を支払う企業が多いことから、日本は草刈り場とみなされ、2016年前半にランサムウエアを使ったサイバー攻撃が急増した。
ウイルス対策ソフトの防御力が向上するなどした結果、同年後半から攻撃はいったん小康状態となっていたが、今回の大規模攻撃をきっかけに再び攻勢が強まる恐れがある。

インターネットを苦手とする方々の中には、仮想通貨ビットコインを所有しているから攻撃されると思う方がいます。
今回の報じられてる内容を見ても、サイバー攻撃は、誰でも起こりうることです。
シマテックからは、世界中で行き交うメールの内、こうした何らかのサイバー脅威が潜んでいるのが131通に1通だといいます。
ファイルはWordやExcelの形で潜んでいるという報告もあります。
大切な情報が含まれているパソコンです。ご自身でしっかり管理できるようにならなくてはいけませんね。

関連するまとめ

「mijin]でコスト削減!仮想通貨ビットコインの基盤「ブロックチェーン」技術を使っ…

ビットコイン取引所などを手がけるテックビューロは2015年9月25日、P2P型のデータ管理ネットワーク構築用…

都丸美由紀 / 7603 view

ロシアはイーサリアムで自国仮想通貨発行を狙う|プーチン大統領が語る米国の支配

ロシアのプーチン大統領がイーサリアムを押すのは、ルーブルの自国仮想通貨を発行したいからからもしれません。「デ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 7920 view

仮想通貨とブロックチェーンの影響を“理解”していない|ドバイが語る「世界Blockc…

ドバイは2020年までにブロックチェーン技術で全ての政府文書をデジタル化することを進めており、皇太子も望んで…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 4583 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽