ロシアの大手イーコマース企業Ulmartは2017年9月1日より、ビットコインを決済手段として受け付ける計画があることを発表した。

ロシア最大級オンライン小売業者

2008年に設立され、セントピーターズバーグに本拠を置くウルマート(Ulmart)は、フルフィルメントセンターやピックアップポイントなど、450を超えるインフラ施設を有しています。

Founded in 2008 and headquartered in St. Petersburg, Ulmart has over 450 infrastructure facilities including fulfillment centers and pick-up points.

Amazon.comのロシア語版は、ロシア全土の240以上の都市や町に存在しています。

The Russian version of Amazon.com is present in more than 240 cities and towns across Russia.

Trackadによる調査によると、Ulmart は月間2,000万人の訪問者、1日30,000の注文、1200万の商品とサービスを持つロシア最大のオンライン小売業者です。

A study by Trackad shows that Ulmart is the largest online retailer in Russia with 20 million monthly visitors, 30,000 daily orders, and 12 million items of goods and services.

※Trackadは、トップ100のEコマースがウェブサイトで使用されている
データ会社だと伝えています。
http://www.trackad.ru/en/

仮想通貨ビットコインを導入した経緯

Ulmartはロシア政府による暗号通貨への規制動向について数年間観察をおこなっていたようだ。

3年前に仮想通貨ビットコインを調べた話が伝えられています。
ブロックチェーンには「偽造品の防止に」と言う点でも興味をもち、
ビットコインに対する奇怪がほとんどなくなったことを述べており、
Ulmartが仮想通貨決済を拒絶する考えには至らなかったようです。

顧客からのビットコイン支払い対応の要望が増加したことや、今年4月にロシア政府が公式にビットコインの規制を行い合法化する趣旨を発表したことから、今回ビットコインを受付る方針を固めた。

ウルマート「仮想通貨ビットコイン決済」対象商品

同社は、同社のウェブサイトに掲載されている商品に加えて、在庫が増えている市場も持っている。「年末までに、サードパーティの売り手からさらに100万件の商品が提供される可能性がある」と発表した。

In addition to items listed on its website, the company also has a marketplace with growing inventory.“By year-end, an additional one million items could be on offer from third-party sellers,” the announcement reads.

現時点では、仮想通貨ビットコインで支払える商品が
“どれか”など決まっておらず、準備段階にあるようです。

しかし取り扱っている商品は、「高価な商品」が
最初に選ばれる可能性が高いのではないかとも報じられています。

また、それに加えて↓↓↓

間もなく市場から販売される中古車やアパートなどの商品は、ビットコインで購入することができます。

Items such as used cars and apartments, which may soon be sold via the marketplace, will be well positioned for purchase by bitcoin.

まとめ

Ulmartはアマゾンのように小売業者も出品することが可能だ。
よってUlmartがビットコインの支払いを受付ることで多くの小売業者もビットコイン支払いに対応できることになる。

今までロシアと仮想通貨ビットコインの関係をご存じの方は、
ロシアが合法化する発表に驚いたことと思います。

ウルマートの最高責任者もロシア政府の発表に対して、
「ロシア政府がビットコイン技術の見直しに関して示した意欲を歓迎する」
と述べています。

また、政府と協力して「大きな役割を果たす」ことを楽しみにしているとも言います。

Bitcoin was created to offer security against fluctuations in hard currency.

ビットコインは、硬貨の変動に対してセキュリティを提供するために作成されました。

今後の規制次第で、ロシアでのビットコインの普及具合は大きく変わっていくだろう。

印象的な発言には、「人生はいつまでも流れていません。……(省略)」
そして、インターネットを通した私たちの日々の生活には、暗号化通貨の技術の裏に見えない物語があることを、再確認することができるのではないでしょうか。
ウルマートの発言には、さらにこの先の仮想通貨(暗号通貨)がどのような位置におかれていくのかヒントが隠れているように感じるかもしれません。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

LINEをされていない方は、こちらに                 今さら聞けない仮想通貨「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連するまとめ

みずほ仮想通貨の世界にまた一歩!|日本IBMと6月から決済検証へ

大手銀行がまたもう一行動きましたね。みずほフィナンシャルグループと日本アイ・ビー・エム(日本IBM)は、ビッ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 6900 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽