国内の仮想通貨取引所コインチェック(東京・渋谷)は国内で初めて、利用者が仮想通貨ビットコインを一定期間預ければ金利を得られるサービスを始める。
利用者は同社に専用の口座を作ってビットコインを預けていれば、払い出し時に最大年5%の金利分のビットコインが得られる。ビットコイン版の「定期預金」のような仕組みで、利用者に長期保有を促す。

仮想通貨ビットコインで「定期預金」年利はどのくらい?

預け入れできる期間は4種類

14日間で年利1%
30日間で年利2%
90日間で年利3%
365日間で年利5%

例えば10ビットコインを90日間預け入れた場合、約0.07ビットコインが利息として得られる。

ビットコインの単位でお話すると、
初めての方には、あまりなじみがないかもしれませんね。
ビットコインの価格は変動しますが、
仮に現在の価格でお伝えすると、1ビットコインが20万円を超えています。
10ビットコインと言うと、200万円を超えますので、
小さい金額でシュミレーションしますと、

もし仮に10万円を定期とした場合、
1年間で5%ですので、5,000円の利子がつきます。

仮に現在の価格1ビットコイン19万円を定期とした場合は、
1年間で5%ですので、9,500円の利子ということになります。

※コインチェックさんの公式ページで
簡易シュミレーション計算式が用意されていますので、
数字を入れていただくだけで、
おおよその利息計算が提示されます。↓↓↓

ちなみに、2017年5月1日更新の
各銀行別定期預金金利ランキングを確認したところ
一番利率のいい銀行で

1年間で年利0.15%
(オリックス銀行・SBJ銀行・関西アーバン銀行)でした

参考資料:
出典【定期預金の金利を徹底比較!】定期預金金利の高さで選ぶ!
おすすめネット銀行ランキング!
http://diamond.jp/articles/-/50932

国内の仮想通貨ビットコイン保有者に朗報か

国内では数十万人がビットコインを保有するが、口座に寝かせたままの人も少なくないという。今回のサービスでは金利がつくため長期間保有する利点がある。

投資(トレーダー)で差異を利用して運用する方は、
まだまだ、日本では少ないと思われます。
実際のところは、仮想通貨を保有し、そのまま取引所口座に
預けっぱなしにしているユーザーさんが多いようです。
利用するというよりも保有しているユーザーさんには、
大きなメリットに感じるのではないでしょうか。

利用者はまずコインチェックのインターネット上に預け入れ専用の口座を設けてビットコインを移す。

関連するまとめ

インド100万人のビットコインファン急成長中20倍|経済成長率と仮想通貨の拡大

インドで仮想通貨は価値の転換手段として人気が高く、100万人近いファンが存在しています。5万人だった2015…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 4989 view

仮想通貨の環境が大きく変わる“大改造”3つ|法整備・非課税・取引事業所が整う2017…

今年は大きな法的整備がなされます。昨年末に金融庁が公表していた「仮想通貨に関する内閣府令案」そして、仮想通貨…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 10249 view

英国が仮想通貨技術で年金システムへ|EU脱退明暗を分けた陰ドイツと陽イギリス

英国は仮想通貨に対し柔軟であり、ブロックチェーンを活用した年金システムに着手しました!EU離脱後の英国は衰退…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2514 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽