同じ九州フィナンシャルグループの肥後銀行(熊本市)は導入について、「今は予定はないが、鹿児島銀行の結果次第で検討の余地はある」と話す。(山下裕志)

事例として、進歩している音声認証

実用化を実現した企業の1つである米国のニュアンス・コミュニケーションや野村総研、サザンウィッシュの3社が鹿銀のシステムを構築している。
音声認証は指紋などほかの認証法より精度が落ちるとの懸念はあるが、それを払拭する努力が進んでいる。事実、一卵性双生児以外なら、本人が風邪をひいてガラガラ声でも、声の高低に差があっても認証できるまで進歩しているという。

今回の鹿児島銀行へ技術提供しているのは、
ニュアンス・コミュニケーションズ・ジャパン株式会社

次世代型本人認証方式と説明される「技術」↓↓↓

本システムは、ユーザーの発話から、アクセントや速度などの行動的特徴と、声道や声帯などの身体的特徴を抽出した「声紋(Voiceprint)」を利用する次世代型本人認証方式です。
一人ひとりに固有の生体情報を用いるため、忘れることがなく、なりすましに強いという特徴があり、海外の主要金融機関の多くで既に導入が進んでいる最先端のテクノロジーとなります。

本格導入に期待が高まる効果

このところ銀行のクレジットカード偽造事件初め、ネットバンキングやモバイルバンキングでの「なりすまし」詐欺事件が急増し、安全、確実な本人確認手段の必要性が高まっている。

また、利用者側の手続としては、事前に声を登録します。
声紋認証があれば、契約者用のカードを持ち歩く必要がなくなります。
よって、不用意な紛失、または万一の盗難等が軽減されると見られています。

そのためにも暗証番号、パスワードなどによる本人確認手段のほかに、指紋認証や指先・手の平の静脈パターン認証、声紋認証など、生体認証の本格導入が進んでいる。
まとめに……

まとめに……

ついに、ここまできたのですね。
先駆けとなる鹿児島銀行の取り組みに注目されている「声紋認証」がうまくいけば、他の銀行への普及にも繋がる可能性がありますね。
そして、次に控えている更なる認証方法は、どこか昔みた映画や小説のような世界になりうるということです。
最先端の認証方法は、普段の生活に大きな変化を起こすのではないでしょうか。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

関連するまとめ

仮想通貨ビットコイン上昇「日本人気」理由|日本円の価値が下がる経済状況

仮想通貨ビットコイン決済を導入する企業が増え、価格も上昇中。しかも、国内での市場は、世界のビットコイン為替市…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 8946 view

フィリピンで“仮想通貨交換所”の新ルール発表|日本で報道されない新規制は?

フィリピンの中央銀行が国内で営業する取引所に対しての新しいガイドラインを発表しました。日本では細かい詳細はま…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 10568 view

反響大! 仮想通貨ビットコインだけで世界を旅した男|人が認めればお金

ビットコイナーであるフェリックス・ウェイスという男性の記事が反響を呼んでいるといいます。彼は2012年にビッ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2403 view

関連するキーワード

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽