仮想通貨ビットコインの取引量7億ドル

Bitcoin市場は最近、価格がこれまで以上に高騰しているため、大規模な取引量で激しさを増しています。現在、ビットコイン当たりの価格は平均で約1550-60米ドルに達しており、4月の世界的な取引所では、24時間の世界貿易量が7億ドルに達しています。

Bitcoin markets have been wild lately with massive trading volume as the price is higher than it’s ever been before.Currently, the price per bitcoin is coasting along at an average of roughly US$1550-60 with 24-hour global trade volume reaching $700 million across worldwide exchanges on May 4.

日本の貿易では、貿易量のビットコインのシェアを占めているとも言われています。しかし、現在のJPY取引は米ドルの貿易総額とほぼ一致しており、CNYの数字はやや遅れている。

It’s also being said that Japanese trading is capturing the lion’s share of bitcoin daily trade volume.However at present JPY trading is roughly tied with USD bitcoin trade volume, and CNY numbers follow slightly behind.

直訳になりますので、表現が少ししっくりこないかもしれませんが、
「関心が高まっているのは日本」だと、多くのニュースが伝えています。
また、日本国内では仮想通貨(暗号通貨)の中で取引されているのは、
主にビットコインが占めているということですね。
しかし、現在の日本円の取引は、米ドルの取引とほぼ一致しています。

本文に記されている「平均で約1550-60米ドルに達し」という点
では日本円では?と計算しますと、
為替レートが変動しますが、1ドル112円として計算
1,550ドル×112円=173,600円~1,560ドル×112円=174,720円となります。

日本の取引所によって取引価格は若干異なりますが、
ほぼ米ドルと一致しているとわかりますね。

昨夜は一度18万円を超えた時間がありましたが、現在は↓↓↓
※時間で変動

参考:国内ビットコイン市況 Bitcoin日本語情報サイト

日本だけでのシェアが高いのではなく、
主にアメリカと日本での取引量が多いということを指しています。
以前は中国での取引量が高かったのですが、現在は、少し低いと伝えられています。

仮想通貨取引量の「主要国別」取引量

「アメリカ」

Coinmarketcap.comによると、GDAX、Bitstamp、Kraken、Bitfinex、Geminiなどの米国為替相場統計によると、過去24時間に約7,300万ドルでのUSD / BTC取引が行われています。

According to Coinmarketcap.com statistics between the US exchanges such as GDAX, Bitstamp, Kraken, Bitfinex, and Gemini are showing USD/BTC trading at roughly $73 million over the past 24-hours.

「日本」

日本の取引所は、Bitflyer、Coincheck、Zaif、Quoineの間で、1日当たり7300万ドル相当のJPY / BTCを取引しています。

Japanese exchanges are also trading $73 million USD worth of JPY/BTC per day between Bitflyer, Coincheck, Zaif, and Quoine.

「中国」

Huobi、BTCC、Okcoinの取引では、トレーダーらは日々の取引で4,500万ドルを見ているため、中国からの取引量は低い。

Volume from China is a touch lower as traders see $45 million in daily trades with Huobi, BTCC, and Okcoin volumes.

「ヨーロッパ」

中国のちょうど後ろに位置するのは、ヨーロッパの3つの主要なビッグ・エクスチェンジの間で、総ユーロ取引の総割合が約3140万ドルであるため、ヨーロッパです。

Just behind China is Europe, as total percentages of overall Euro trading is around $31.4 million between three major European bitcoin exchanges.

こうした取引量が増えていることで、市場は↓↓↓

coinmarketcap.comによると暗号通貨市場は5兆円を突破したことになる。
そのうち、ビットコインは56.8%を占め未だに暗号通貨のキングとして君臨している。

仮想通貨ビットコイン以外の暗号通貨アルトコインの動き

フィアット換算では、今年に入ってから多くのメジャー暗号通貨が値上がりを見せている。

5月5日に報じられた記事と、グラフ↓↓↓

暗号通貨の市場規模は5兆円を突破、ビットコインの割合はおよそ55%に

暗号通貨の市場規模は5兆円を突破、ビットコインの割合はおよそ55%に

小さくて見えないかもしれませんが、右側のチャート手前の緑色の数字が、
値上がりを示しています。
(数字が入っていますが省略させていただきます)
上位の取引額を抜き出すと、

②Ethereum 102,27ドル③Ripple 0.087218ドル④Litecoin 25.76ドル
⑤EthereumClassic 7.97ドル⑥Dash 97.21ドル⑦NEM 0.076286ドル
⑧Monero 26.75ドル⑨Golem 0.267102ドル⑩Augur 17.84ドル

関連するまとめ

日銀〝中央銀行発行デジタル通貨について”レビュー公開|独自仮想通貨の発行は?その危険…

日本銀行が「中央銀行発行デジタル通貨について」レポートを公開しました。6ページの中に書かれていることが興味深…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 7272 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


2018年3月3日 場所:札幌でセミナーで登壇したします。
ご都合があいましたら、ぜひご参加ください。初心者さんの中の初心者さんむきです。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/03/03_3/index.html