「FinTech」
金融(Finance)とITの技術(Technology)の組み合わせは
金融にイノベーションを引き起こしています。

ビットコインなどの仮想通貨や人工知能(AI)による融資審査や資産運用――。
先行する金融ベンチャー勢を大手銀行や証券など既存金融機関が追いかけ競争は激化する一方だ。新たなサービスが急拡大しており、「金融の常識」は塗り替えられつつある。

下記をまとめてお届けいたします。

・フィンテック(FinTech)のまとめ~主に取り上げられるサービス
・フィンテックへの投資額~世界でもアジア勢の中で、何歩も遅れる日本
・日本の金融機関が置いていかれる~AI(人工知能)が支配する日が来る前に

フィンテック(FinTech)のまとめ

軸とも言われる「仮想通貨」

まずは仮想通貨の流通だ。日本でも存在感を強めてきたビットコインはその代表格。
家電量販店に居酒屋、公共料金の支払いなどビットコインを使える場面は急増している。いまや国内の利用者は数十万人にのぼるという。

直近では、大きなニュースとして、
ビックカメラが支払い手段として、試験導入したことは記憶に新しいですね。
海外の暗号通貨話題でも報じられています。
仮想通貨ビットコインの保有者も日々増え続けている加速度です↓↓↓

よくわかる「フィンテック」 AI活用も続々  :日本経済新聞

よくわかる「フィンテック」 AI活用も続々  :日本経済新聞

その他にも多くの種類の仮想通貨が登場しており、海外ではもっと早いペースで普及が進む。デジタルデータの改ざんを事実上不可能にする「ブロックチェーン」という技術が開発され、政府や中央銀行に頼らずに価値を保つことが可能になった。

仮想通貨・ブロックチェーン「決済」

これが仮想通貨に特有の強みであり、金融危機が続いて政府や中央銀行に対する信頼が揺らいでいるギリシャでいち早く人気が高まったのは象徴的だ。中国での利用も増えている。ブロックチェーンを使う仮想通貨には低コストで海外に送金できるメリットもある。

低コスト、送金手数料についても、提供側も利用者側にもメリットがあります。
金融関係や各方面で導入を検討されています。↓↓↓

フィンテックは価格破壊も起こす。トランスファーワイズ・ジャパン(東京・千代田)はネットを駆使し、数千円かかるとされる海外送金の手数料を約3分の1に抑えた。「膨大な人件費や営業コストなど『レガシー(負の遺産)』にこだわる金融機関にはできない」(越智一真社長)
三菱東京UFJ銀行は米国、欧州、オーストラリアの大手6行、ベンチャーと提携し、18年初から仮想通貨の中核技術「ブロックチェーン」を活用した次世代型の国際送金サービスを始める。

関連するまとめ

仮想通貨市場バブルか「40億ドル増」|ビットコイン以外の主要“暗号通貨”も上昇

米SECが、仮想通貨ビットコインの上場投資信託(ETF)化を否認したことで、価格が一時急落しましたが、すぐに…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 7098 view

仮想通貨ビットコイン「8/1 ビットコインキャッシュ」とは|真相とユーザーの確認事項

仮想通貨ビットコインには8月1日に何がおこり、そしてビットコインキャッシュって何だろう。疑問が解決されなけれ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 8255 view

日本郵政「ポスト西室」迷走した原因はコレ?「マイナス金利負担・国債保有」関係

日本郵政社長人事は迷走しました。ポストを誰も引き受けたがらない大荒れ理由?「マイナス金利の負担額」「国債保有…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 928 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽