3日の取引では午前9時(日本時間午後10時)の時点で1400ドル台半ばで推移。
コインデスクによると、1日の取引では日本円の取引が52%と過半を占め、米ドル(28%)や人民元(8%)を大きく上回った。

そして、更に現在も上回っており、直近の取引は17万円台を突破しました↓↓↓

加速する仮想通貨への投資について、不思議に思う方もいるかもしれません。
理解するために、第一歩として彼らの価値をしることが
分かりやすいのかもしれません。

今、ミレニアル新世代が行う流儀
投資「3S」は、これからの社会が流れる先を教えてくれているといいます。
世代は移り変わり、社会全体が新しい姿に変える。
年号が変わるように、切り替えていかなくては、
きっと困るのは誰でもない私たちかもしれません↓↓↓

「日本は人口が減る。円の下落は今後免れない」。

仮想通貨に分散

日経ヴェリタストークで、金融情報としてミレニアル世代の流儀が放送されています。
動画内容も少し拾いながらご紹介いたします。

ミレニアル世代は、2000年以降に成人を迎えた若者を示す造語で、国内人口の約2割を占める。
草食系でおとなしいと思われがちだが、物心ついた時からパソコンやスマートフォンを駆使し、既成概念を柔軟な発想で打ち破る。フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO、32)も、その1人だ。

特徴としてあげられるのは大きく分けて「2つ」だと言います。

ひとつは、物心ついたころから、目の前にパソコンやスマホがあり、
情報量が圧倒的に多いという点。

二つ目は、生まれた時から、ずっとデフレ社会で、
今まで景気が過熱した状態や時代を知らないという点。

冷静かつ分析をできる世代でもあり、
しかしながら、モノの価値感が違います。
あとで詳しくご紹介しますが、
投資は利息や配当という点を重視しますが、
彼らの投資への感覚はそれだけではなく、
社会貢献という点にも価値を見出せる「柔軟」で
受け入れることが「早い」世代です。

ひとりのミレニアル世代である神奈川県のサラリーマンねぎしさん(ハンドルネーム)
の実例も紹介されています。
彼は、2015年から毎日、仮想通貨を1日1000円ずつ積立投資をしてきたといいます。
仮想通貨の投資は↓↓↓

投資対象はビットコインのほかイーサリアム、NEM(ネム)など8種類の通貨。仮想通貨は値動きが激しい。ビットコイン取引所最大手だったマウントゴックスの破綻や、ハッカーによる盗難などリスクも高い。
こうした短所を打ち消すのが、ねぎしさん流の投資哲学である「分散・積立投資」だ。

関連するまとめ

フィンテック市場“2021年度までに808億円規模へ”|仮想通貨とブロックチェーン「…

大きな調査予測数字が発表されました。国内FinTech(フィンテック)市場が、2021年までに808億円規模…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 6829 view

仮想通貨Bitcoinは通貨扱い|イタリア政府はデジタル通貨に課税する意向発表

イタリアの国税庁にあたる主要税務当局(Agenzia delle Entrate)が、9月2日にあるタイトル…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2827 view

仮想通貨Bitcoinは現金同等物!|英国賭博委員会10月ライセンス変更

仮想通貨は「通貨」かどうかは解釈の問題であり様々な見方もあります。今回、英国賭博委員会(国の省庁の一部を構成…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2033 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽