三菱東京UFJ銀行 - Wikipedia

三菱東京UFJ銀行 - Wikipedia

三菱東京UFJ銀行は5月1日、独自の仮想通貨「MUFGコイン」の実証実験を始める。
メガバンクによる世界初の仮想通貨プロジェクトが本格化する。
最新の情報技術(IT)を活用して顧客の利便性の向上を図るのが狙いで、まずは行員向けに発行し、2017年度中に一般の人も使えるようにすることを目指す。

↑↑↑
今までは、各誌で報じられている通り、
一般にむけての発行は2017年内を計画していましたが、
今回先送りにしたと報じられています↓↓↓

三菱東京UFJ銀行 - Wikipedia

三菱東京UFJ銀行 - Wikipedia

年内に国内の全行員約2万7千人が使えるようにして、来春には一般向けに発行する計画だ。
これまで今秋としてきたが、発行方法も検討するため先送りした。

本日5月1日スタートするMUFGコイン実証実験詳細と新サービス

実験はまず、5月に役員ら200人で始めて、7月には1千人超に広げる。年末には全行員が使えるようにする。
行員向けの試験運用では、コインを使った国内送金を24時間無料にするほか、スマートフォンをかざすだけで社内食堂などの支払いができるようにする。

また、銀行員同士の送金はもちろん、行内の「コンビニ」での支払いなどに使うといいます。

MUFGコインは、インターネット上だけで取引される架空の「お金」のことだ。利用するには、まずスマートフォンに専用アプリをダウンロードし、自分の預金口座からコイン用の口座にお金を移す。交換比率は「1円=1MUFGコイン」とする方向だ。
法定通貨をチャージする「Suica(スイカ)」のような電子マネーと異なり、仮想通貨は利用者同士がコインをやりとりできる。割り勘分をコインで払う場合などが想定される。コインは必要に応じて現金に戻せる。

来春の新サービス展開予定

さらに、利用者となる私たちにとってのサービスが
さらに取り入れられる計画が追加されています↓↓↓

スマホをかざせば現金を引き出せる新型の現金自動出入機(ATM)を来春から配備することも検討する。システムの地方銀行への提供も検討する。各地銀の独自ブランドで発行する形にする。

関連するまとめ

米国防省機関が軍事機密にブロックチェーンを活用

金融分野や行政の効率化において注目を浴びているブロックチェーン。理由は、その改ざんへの強さ、機密性、そしてシ…

すずきまゆこ / 659 view

法定通貨フィアットマネーより、なぜ“仮想通貨”を選ぶのか|10年以内には変わる通貨

現在使われている国の通貨(フィアットマネー)が、すべての都市の利益のために機能を果たさなくなる。まもなく、市…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 6424 view

2016年スタート! 日々進化しつづけるブロックチェーンから離れるな

いまや、ビットコインかブロックチェーンなのかと言うほど話題性の高い技術。分散型元帳とは? もう一度振り返る

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 1023 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽