フィンテック発展を支援、業務活用の可能性含めて研究=日銀総裁

日銀は23日、金融とIT(情報技術)を組み合わせたフィンテックの将来に関する初会合を都内で開いた。黒田東彦総裁は仮想通貨の技術が「金融に大きな変化をもたらす」とする一方、情報の安全性確保などが課題だと述べた。
黒田総裁はあいさつで「eコマースやシェアリングエコノミーへの刺激など、実体経済への影響も注目すべきだ」と指摘。会合では仮想通貨の中核技術で、取引参加者が互いの金融取引記録を保有し合う「ブロックチェーン」と呼ばれる認証技術に関して活発に意見が交わされた。

フィンテック発展を支援、業務活用の可能性含めて研究=日銀総裁

総裁は、フィンテックの発展には「情報セキュリティへの対応」が鍵になると提起し、金融ネットワークのオープン化との両立がフィンテック発展の「大きなチャレンジ」と位置付けた。

時代が大きく動き出しましたね!
日銀は4月、決済機構局内に「フィンテックセンター」を設置し、今回フォーラムを初開催しました。血流や指紋などの「生体認証」、複数のコンピューターが取引記録を管理する「ブロックチェーン」など最先端技術について、今後の可能性と安全対策について議論しています。

仮想通貨入門講座

まだまだ始まったばかり!
仮想通貨はこの入門講座で勉強しておきましょう!

関連するまとめ

金融庁認可の自主規制団体「仮想通貨アフィリエイトを規制」|不正行為の抑制とともに、市…

先日24日、金融庁から改正資金決済法に規定する自主規制団体として認可を受けた日本仮想通貨交換業協会(JVCE…

鈴木まゆ子 / 677 view

関連するキーワード

りみりみ

インターネットが大好きで、長年ネットビジネスの研究をしている三人の子供のママです。
好きな言葉は「レバレッジ!」
あなたの背中を押す良質の情報を提供出来ると幸いです。