ウィンクルボス(Winklevoss)兄弟のビットコインETFが、今年3月に、
米SEC(米証券取引等監視委員会)に否認されたのを思い出していただけるでしょうか。
否認後は、大きく取り上げられていませんでしたが、
再請求がなされていたようですね。
しかし、再審査の道が開け、大きな話題になっています。
再審議にかかるために、別件で進められているイーサリアムETFとも
同時進行になるのか、ふたつの大きな結果を待たれます。
込み入った複雑な内容を時系列にご紹介いたします。
↓↓↓

双子のウィンクルボス(Winklevoss)兄弟のビットコインETFが3月に否認されました。

しかし、さらに状況が変わりそうです↓↓↓

SECは、投資家CameronとTyler Winklevossが提案したビットコイン為替取引ファンドの拒否決定を再検討する予定です。

The SEC intends to review its decision to reject a bitcoin exchange-traded fund proposed by investors Cameron and Tyler Winklevoss.

そして、さらには……

証券取引等監視委員会(SEC)によるイーサリアムETF、Etherindex Ether Trust(EET)の審査が徐々に進みつつあるようだ。

Etherindex→米イーサインデックス社

Bitcoinの価格は、Bitcoin Exchange Traded Funds(ETF)に関するSECの最新の発表のおかげで、再び上向きの動きを示しています。

Bitcoin price is again exhibiting an upward movement, thanks to the latest announcement made by the SEC regarding Bitcoin Exchange Traded Funds (ETF).

双子のウィンクルボス(Winklevoss)兄弟の「ビットコイン ETF」再検討

米証券取引委員会(SEC)は、Winklevoss双子のBitcoin ETFに関する決定を再検討すると発表した。

The U.S. Securities and Exchange Commission has announced that it will review its decision regarding the Winklevoss twins’ Bitcoin ETF.

ここでも簡単に要約いたしますが、
双子のウィンクルボス(Winklevoss)兄弟と投資家Cameronが提案する、
3年越しと言われるビットコインETFに対して、
SEC(米証券取引委員会)は3月に否認をしました。
しかし、2週間もしないうちに、
米国最大の株式市場の一つであるバッツ(Bats BZX Exchange)が、
本件に対してSECにレビューを求めました。

Winkelvoss Bitcoin Trustが承認されれば、個人投資家にデジタル通貨へのエクスポージャーを提供する最初の為替取引ファンドでした。米国最大の株式市場の一つであるBats BZX Exchangeに上場していただろう。

If approved, the Winkelvoss Bitcoin Trust would have been the first exchange-traded fund to offer exposure to the digital currency to retail investors.It would have listed on the Bats BZX Exchange, one of the largest US equities markets.

SECが否認した理由は、
双子のウィンクルボス(Winklevoss)兄弟から提案されたビットコイン ETFを、
ビットコイン市場における「不正行為」の可能性、
そして規制の欠如ということで却下したと報じられています。

ビットコインの市場は、上記の可能性がある商品をサポートするには、
未成熟であることも伝えていたといいます。
ウィンクルボス(Winklevoss)兄弟が提案するビットコイン ETFそのものだけではなく、
取引所の基準ということも、さらに後で報じられています。

※SECの規則の規則430(b)(1)に基づいて提起となっています。

1ヵ月後、SECは最終的にBats BZX Exchangeの申立てを承認した。

After one month, the SEC finally approved Bats BZX Exchange’s petition.

↓↓↓

SEC は昨日、審査を承認し、5月15日と15日の間にさらにコメントするためにドアを開けたと発表した。

The SEC said yesterday that it had approved the review, opening the door to further comment between now and 15th May.

BZXの訴訟規則431に従って、BZXの不服申立て審査の申立てが認められます。さらに、委員会は、訴訟の当事者またはその他の者が、 2017年5月15日以前の不承認命令 ”

”Pursuant to Rule 431 of the Rules of Practice,11 BZX’s petition for review of the Disapproval Order is granted. Further, the Commission hereby establishes that any party to the action or other person may file a written statement in support of or in opposition to the Disapproval Order on or before May 15, 2017.”

レビューを求めたバッツBZX(Bats BZX Exchange)の請願書

取引所は、不承認の決定で適用された基準が「事前承認命令と矛盾している」と主張し、証券取引法でも要求されていないと主張している。

The exchange claims that the standard applied in their disapproval decision “is inconsistent with prior approval orders” and is not even required by the Securities Exchange Act.

委任された当局はまた、理論的には操作上の懸念を強調している、とBats Exchangeは信じている。

The delegated authority has also overstated manipulation concerns which are largely theoretical, Bats Exchange believes.

委任された権限の決定は、「明らかに誤っている」と述べています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

取引所は、取引法および事前のETP承認との一貫性を確保し、投資家に規制された透明な投資手段を通じたビットコインへのアクセスを提供するために、スタッフの命令を守り、提案を承認するべきだと考えている。

The exchange believes that the Commission should set aside the Staff’s Order and approve the Proposal in order to ensure consistency with the Exchange Act and with prior ETP approvals as well as to provide investors access to bitcoin through a regulated and transparent investment vehicle.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

交換は、提案された規則の変更が「他の承認されたコモディティトラストETP(交換商品)に適用される基準の下で、取引法と一致する」と維持している。

In addition, the exchange maintains that its proposed rule change is “consistent with the Exchange Act under a standard applied to other approved commodity-trust ETPs [Exchange Traded Products].” Bats Exchange then concluded that:

米SECもうひとつの審査「イーサリアムETF」

また、別件になりますが、米証券取引等監視委員会(SEC)は、
イーサリアムのcryptocurrencyエーテル(ETH)ファンドの
審査を徐々に進めている様子だと伝えられています。

SECは、静かにcryptocurrencyエーテル(ETH)の為替取引ファンド(ETF)を承認するかどうかを判断するプロセスを開始しました。

The SEC has quietly begun the process of weighing whether to approve an exchange-traded fund (ETF) for the cryptocurrency ether (ETH).

米イーサインデックス社によるEETの申請はNYSE Arcaへの上場を計画したもので、昨年7月に行われた。その後、NYSE ArcaはイーサリアムETFを上場させるための要件を満たすため、ETFに係るルール変更をSECに対し請求。最近公開されたSECの報告書によれば、NYSE Arcaのルール変更は適切であり、審査を進めることが可能であるとしている。

米イーサインデックス社(Etherindex Ether Trust)

SECは現在、イーサリアムETFに関するリスクについてコメントを求めているようだ。
SECが提案されたETFを承認するかどうかはまだ分かっていない。SECは、過去1ヶ月半の間に、マーケット監視や不十分な規制に対する懸念を理由に、2つのビットコインETFのための道を切り開いた ルールの変更を拒否した。

It remains to be seen whether the SEC moves to approve the proposed ETF.In the past month and a half, the SEC has rejected rule changes that would have cleared the way for two bitcoin ETFs, citing concerns over market surveillance and insufficient regulation.

まとめに

The outcome of the review may not be any different from the regulatory agency’s earlier verdict.

審査の結果は、規制当局の以前の判決と変わらないかもしれない。

しかし、バッツが再審査請求を起こした際に、却下する可能性があると伝えられていました。
どのように申立が受け取られるか、わからないとし、却下の色が濃いニュアンスで報じられていたところが多かったわけです。
しかし、今回1か月という期間はかかったものの、再審査という位置に上れたということに、少しでも期待を持てると判断する方面もあるのでないでしょうか。

ビットコインETF・イーサリアムETF

ともに注目の一戦が同時に並んでおり、答えがまたれるところです。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

LINEをされていない方は、こちらに                 今さら聞けない仮想通貨「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽