BitfinexとPoloniexで1,300ドルのビットコイン価格がレンジブレイクする時が近づいてきているかもしれない。

(※Bitfinex、Poloniexは、日本の取引所ではありません)
日本でも、138,000円台となり、いったん下落しましたが、
すぐに戻しています。その理由のひとつが↓↓↓

Poloniexで利用可能なアルトコインのうち、17種が廃止されたためだ。

今回のアルトコイン17種が取引中止されることにより、
取引所にはユーザーや開発者からも問い合わせが殺到しているといいます。
それもそのはず、仮想通貨が世に出始めて、現在既に時価総額が、
一年前とは異なる状況です。

発表を受けて、仮想通貨ビットコインへ流れた
(これからも流れる可能性)と言われており、
ビットコインの取引額も上下し現在少し落ち着かない印象を受けるかもしれません。

どのアルトコインが、取扱いを終了し、
そしてビットコインが現在どう動きはじめているかを、
もう少し詳しくご紹介いたします。↓↓↓

17種のアルトコインの取扱いを終了

もっともトレードボリュームのあるアルトコイン取引所Poloniex.comが17のコインを上場廃止することを発表した。期限は5月2日だ。
今回の驚きの決定は、火曜日にツイート形式で発表され、BoolberryやVoxelsを含む仮想通貨の取引が終了する。
上場が廃止されるのはBBR, BITS, C2, CURE, HZ, IOC, MYR, NOBL, NSR, QBK, QORA, QTL, RBY, SDC, UNITY, VOX, XMGの17コインで中には5,000万円近い時価総額を持っている通貨もある。
時価総額5,000万円程度と言えばおよそ一年前までは時価総額ランキング100位に入っていたが暗号通貨市場の人気が高まり現在100位の時価総額でも3億円を超えている。

今回発表されている17コインを持っている場合ですが、
取引量が大幅に減少するリスクがあると伝えられています。
期限5月2日の日程がでていますので、
お持ちの方は確認と知っておく必要がありますね。

ユーザーと開発者どちらからも、Twitter上で深刻な問題や価値の下落を招くとしてPoloniexには講義の嵐が殺到している。
Boolberryは上場リストからの除外を避ける方法はないのかTwitter上で説明を求めたが、今回の決定に対して、具体的な理由の説明は未だにない。
過去数ヶ月に渡り、アルトコインは動乱の時代を体験してきた。上位10位の仮想通貨とその他多くの仮想通貨に影響が出ており、自然とトレーダーの取引への熱意はヒートアップし、価格高騰を引き起こしている。

関連するまとめ

注意!! 悪用される|仮想通貨ビットコイン・マイニング採掘させるトロイの木馬Linu…

米国掲載記事に【Linux.lady】という新しいトロイの木馬が報告されました!感染すると、あなたのコンピュ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2997 view

3メガバンクが「株主」仮想通貨取引所に“出資”|銀行法改正が加速させる

春の法案が視界に入っていると思われますが、3メガバンク(みずほ、三菱東京UFJ、三井住友)が噴火前の活動を始…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 12142 view

仮想通貨は損ですか?|仮想通貨を使った相続税対策とは

2015年の相続税の増税により、さまざまな相続税対策本やセミナーを見かけるようになりました。 しかし、本やセ…

すずきまゆこ / 4630 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽