自治初:青森県弘前市が「仮想通貨ビットコイン」で寄付集う

青森県弘前市は、桜の名所として外国人観光客にも人気の高い弘前公園の管理などにかかる費用について、
海外の利用者が多い仮想通貨の「ビットコイン」で国内外から広く寄付を募る方針を固め、自治体による仮想通貨の新たな活用例として注目されます。

寄付の目的

青森県弘前市の弘前公園は、およそ2600本のソメイヨシノやシダレザクラなどがあり、毎年春に開かれる「弘前さくらまつり」には国内外から多くの観光客が訪れます。
また、国の重要文化財である弘前城は、およそ100年ぶりに、今月から石垣の大規模な解体修理が行われています。

弘前市は、約50種2,600本の桜の管理で、年間数千万円がかかり、
築城400年を超える弘前城の石垣を修理する状況で、
今年度だけでもおよそ2億円かかる予定です。

費用の一部を、仮想通貨ビットコインで
「寄付」を募る方針を固めました。

お上公認となった?仮想通貨ビットコインでの寄付仕組み

いよいよ、寄付も仮想通貨ビットコインで募る、お上公認かの声↓↓↓

仮想通貨ビットコインは
送金手数料が安く、海外では広く出回っているので、
市としては是非寄付を集めたい考えです。
ビットコインのサービスを行っているところに
近く始める計画とのことですが、
おそらくコインチェッカーさんではないでしょうか。
サイトにすでに紹介されていました↓↓↓

ビットコインで寄付 | Coincheck(コインチェック)

ビットコインで寄付 | Coincheck(コインチェック)

弘前市の山本昇副市長は「ビットコインは海外から資金を調達しやすい。地方財政は決して豊かではなく、資金調達の手段の多様化が求められる中、大きなメリットがあると思う」と話しています。

まとめ

弘前市によりますと、国内の地方自治体がビットコインで寄付を募る取り組みは初めてと見られ、仮想通貨の新たな活用例として注目されます。
ビットコインを用いれば、相手がビットコインを受け入れる限り、地球上のどこにでも瞬時に送金できる。しかも、これまでは想像もできなかったような方法で送金できる。
例えば、ウェブにQRコード(二次元バーコード)を張り付けておき、そのページをインターネットに公開すれば、世界中の人からビットコインを受け入れることができる。このような送金手段は、これまでになかった。しかも、それが簡単にできるのだ。

QRコードを表示させ、送金側はビットコインウォレットアプリで撮影して、ビットコインを送信します。
一連で、Suicaなどの電子マネーと似ていると思われがちですが、仮想通貨ビットコインは、QRコードさえ認識すれば送れてしまいます。
寄付に適しているのは少額でも送金でき、そして手数料の安さと時間の速さです。
今回、日本では自治体が初めて行うビットコインでの寄付を募る動きは、認められた強さの秘訣にも注目されるかもしれませんね。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

LINEをされていない方は、こちらに                 今さら聞けない仮想通貨「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連するまとめ

仮想通貨ビットコイン“価格高騰”高値54万円超え|Bitcoin gold(ビットコ…

投資家やトレーダーたちが、仮想通貨ビットコインへ流れ始め価格が高騰しています。取引所では54万円を記録したと…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 11262 view

関連するキーワード

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽