回答者の大多数がBitcoin UnlimitedよりSegWitを好んだ。コミュニティにおける専門家たちの75.4%がSegWit導入を支持し、70.5%が拒否した。

4月1日の記事では、支持率はSegWitということは、ビットコインコアへの支持ととれるでしょうか。

あるアンケート調査をしたところ、ほとんどが、
Bitcoin Unlimited(ビットコインアンリミテッド)を望まないという回答でした。
また、人気のあるトップクリプトカレンシー名もでており、
仮想通貨ビットコイン以外のアルトコインも、
周囲がどのように現状を見ているのかが
客観的にかわるかもしれません。
ひとつの参考例にご紹介いたします。

アンケートの目的

今回のアンケート調査は少額決済事業などを運営している、21 Incによって行われた。
回答者の中には、ブロックチェーン、ビットコイン、イーサリアムなどのエグゼクティブや業界に影響を与える人物などもおり、
例えばブロックストリームのアダム・バックCEOや、デジタル・カレンシー・グループ、バリー・シルバートCEO、Coins.ph、ロン・ホセCEO、クラーケン、ジェシー・パウウェルCEOや、ライトコインのチャーリー・リー氏などが回答している。

失礼な言い方かもしれませんが、
どこのだれかわからない回答者だけであれば
参考にならないと感じるかもしれませんが、
影響がある人物の声は少し気になるところですね。

The topic of the hour is the possibility of a Bitcoin hard fork.

今回の目的は、やはり時の話題となるビットコインのハードフォークの可能性です。

アンケート調査の結果

Bitcoinコミュニティのほぼ70%がSegWitをサポートしています。

Nearly 70% of Bitcoin Community Supports SegWit With Only 5% Openly Opposing It

YESが 14/61(23%)
NOが  43/61(70.5%)
↓↓↓

Using 21 to Survey Blockchain Personalities on the Bitcoin Hard Fork

Using 21 to Survey Blockchain Personalities on the Bitcoin Hard Fork

46/61(75.4%)
11/61(18%)
↓↓↓

Using 21 to Survey Blockchain Personalities on the Bitcoin Hard Fork

Using 21 to Survey Blockchain Personalities on the Bitcoin Hard Fork

The vast majority of respondents want miners to activate Segwit.

大多数の回答者は、鉱夫がSegwitを活性化させることを望んでいます。

Bitcoin Unlimitedに2つのバグによる脆弱性が発覚してからSegWitとコア開発チームへの支持レートは大幅に増加した。
コミュニティ内の多くは、Bitcoin Unlimitedの開発哲学を拒絶していることが以下のSegWitの支持レートを見るとわかるだろう。

そして、もう一つのアンケートで気になるところがあります。
それは、コミュニティでは、「SegWit」だけを望んでいるわけではない点です。
↓↓↓

「SegWit」ではないハードフォークなどを利用した
ブロックサイズを増やす方法は、賛成ですか?
に対し約半数がYESと賛成しています。

30/61(49.2%)
24/61(39.3%)

Using 21 to Survey Blockchain Personalities on the Bitcoin Hard Fork

Using 21 to Survey Blockchain Personalities on the Bitcoin Hard Fork

アンケート結果から考える問題

さらに、Bitcoin Unlimitedの崩壊がすでにあまりにも長く進んでいることを示しています。

Moreover, it goes to show the Bitcoin Unlimited debacle has gone on for far too long already.

現在、ビットコイン業界内の多くの企業や組織が、その争点となるUnlimitedの本質的な性質を理由にBitcoin Unlimitedを拒絶している。
フォークした場合、必然的にチェーンが別れることで経済的、技術的問題が生まれ、取り返しがつかなくなることが懸念されている。

しかし……争点のないハードフォーク案の存在

イーサリアム(ETH)をご存じでしょうか。
時価総額は仮想通貨ビットコインに次ぐ2番手(報道時点)
※イーサリアムも分裂をしています。詳しい状況は以前の記事をご覧ください。
分裂側がイーサリアム・クラシック

例えば、イーサリアム・クラシックの最近のハードフォークの実行は、イーサリアムのオリジナルのインフレ金融政策を無くし、ビットコインのような希少性のあるETCトークン発行による金融政策の実行を目的としていた。
本質的に、イーサリアム・クラッシックによるハードフォークによって、開発のためだけに設計されたアセットではなく、仮想通貨として同トークンの存在を昇華させ、開発チームを前進させる形となった。
今月初めにコインテレグラフが報じたとおり、ZCashのZooko Wilcox CEOもまた、自身の安全で争点のないハードフォークの条件を発表している。

ZCashのWilcox氏は、次の点を主張しています。

・全てのハードフォークが危険というわけではない
・正しく実行されれば、ソフトフォークによるソリューションよりも効率的
・ハードフォークによりネットワークのアップデートが行える

※ZCashもイーサも普段から仮想通貨ファンにはなじみ深いのですが、
もし初めて聞かれる方にも参考資料として、
同時に行われた、ポートフォリオ調査結果。

トップはやはりビットコインの98.4%。
先ほど2番手と伝えたイーサリアムのイーサーが65.6%、
3位はZcashで37.7%↓↓↓

Using 21 to Survey Blockchain Personalities on the Bitcoin Hard Fork

Using 21 to Survey Blockchain Personalities on the Bitcoin Hard Fork

この調査結果のサイトには、
意見も書き込まれており、関心度の高さだけではなく、
コミュニティで求める声はなにかもわかるかもしれません。
英語ですが、興味のある方は下記からご覧いただけます↓↓↓

何度も、取り上げていますが、コミュニティ含め、現在利用している方々、そして仮想通貨を扱う企業からも見ても、決して分裂を望んでいることは考えにくいですね。
どんな結果であれ、仮想通貨ビットコインの価格にも、なんらかの影響が考えられるともとれます。
以前のイーサの時と同様に、回復するだろうと思われていたとしてもです。
必ずどう動いてもいいように、個々での準備をしておいて悪いことはないかもしれません。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

LINEをされていない方は、こちらに                 今さら聞けない仮想通貨「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽