仮想通貨ビットコインがデジタルのゴールドと言われてきましたが、
金は金の名前を取り戻すデジタルゴールドが誕生する日が近そうですね。

金も市場の値動きがありますが、
どのように決済にあてていくのでしょうか。
仮想通貨ビットコインは値動きの変動が大きいため決済はどうなの?
そんな声を聞きますが、では…金ならどう感じるのでしょうか。

次世代の決済が揃いはじめています。
時代の変化を知っておく必要がありそうですね。

ロックチェーンで金取引「ロイヤルミント・ゴールド」公開にむけて

英国王立造幣局(ロイヤルミント)が11月29日、ブロックチェーンを利用したゴールド(金)トレード商品「ロイヤルミント・ゴールド(RMG)」の開発を発表した。安全性と透明性を兼ね備えた、革命的デジタル・ゴールド時代の幕開けとなる。

上記昨年11月の取り組みが、「最終局面」に入ったというのです。
今年2017年度中を目指しているのは変更ない様子です↓↓↓

デリバティブ市場、CMEグループとの提携により、2017年の市場流通を目指し、10億ポンド(約1449億8593万円)相当のデジタルゴールドが売りだされる予定だ。
創設1000年という長い歴史をもつロイヤルミントだが、古い伝統に固執することなく、ブロックチェーンのような新技術の登場で「低コストで効率的、そのうえ安全性の高い取引システムが構築可能になった」と大歓迎。
プローヴァは最新のビットコイン・ソフトウェアをベースにして開発されているが、プロトコルレイヤーでのアセット発行や、バリデーターの管理も行えるよう変更が加えられている。

ビットコイン・セキュリティ企業BitGoのブロックチェーン、
プローヴァ(Prova)と呼ばれるオープンソースソフトウェアが用いられています。

現状で公開されているソフトウェアだけで判断するならば、プローヴァはプライベート・ビットコインといえそうだ。
RMGは英王立造幣局が保有する99.99%ファインゴールド(24K)を100%リザーブすることで発行される仕組みで、初期においては大学や行政、その他の公的機関がバリデーターとして参加することになる。

多くは、ブロックチェーンを導入し、システムを構築することに着目します。
しかし、ロイヤルミントは、「金そのものをデジタル化する」という
方向性に驚くのではないでしょうか。

金(ゴールド)でデビットカード 決済「銀行口座不要」日本にも上陸

買い物の支払いは金(ゴールド)で。そんなカードが6月に英国で誕生し、来年にも日本に上陸する。ロンドンに本社を置くグリント社がマスターカードと組んで、即時決済するデビットカードを発行する。
顧客は金を購入、預託し、カードの使用代金分の金を売却してもらい、支払いに充てる。銀行が介在しない新しい決済手段のカードとして注目されそうだ。

私たちは、カードを使うと、既定の日には、
あらかじめ申し込み時に指定している自分の銀行口座より、
カード利用額が引き落としされます。
わざわざ銀行に行き送金手続きを行うのではなく、
カードが中間のパイプ役(代行)のような役割をしています。

今度は、「銀行口座に残高はいらなくなります」
カードで利用した額分のゴールドを売却してもらい、支払いに充当させる仕組み。
また新しい決済方法が登場しそうです。

関連するまとめ

仮想通貨がエンタメに進出|テックビューロが経済系テレビ番組にブロックチェーン技術を提…

ネットの世界やニュースなどで話題にされることが多くなったブロックチェーン。 ついに、TVのエンタメ番組にブロ…

すずきまゆこ / 549 view

最新アプリ「Uproov」登場“ブロックチェーンで著作権は永遠”

ファイルの著作権を永遠に存続するというアプリ「Uproov」が登場です。本日からAndoridでも利用可能と…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 803 view

スタンフォード大学のスピード感は流石「Bitcoinコース」一新

世界の頭脳たちが前に前に進み続けているようですね。ビットコインの評価は世界の壁かもしれません。

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 715 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽