ブロックチェーンはビットコインで有名になった設計パターンですが、その用途にはビットコインにとどまらない可能性があります。
この20年間で、インターネットは人々、そして企業の生産性を飛躍的に高め、ビジネスや社会の様々な面に革命的な変化をもたらしました。
しかし個人間あるいは組織間の相互取引における基本的メカニズムは21世紀になっても変わらないままでした。

そして、ようやく……
待っていた時代をもたらしてくれると期待されるブロックチェーン

しかし、これだけブロックチェーンに注目され、
分野を隔てず導入を検討されているにもかかわらず、
既存と比較・検討を行えるよう評価軸もなく、
客観的な判断をすることが難しい面がありました。
その為↓↓↓

経済産業省は、IoTを含む非常に幅広い分野への応用が期待されているブロックチェーン技術に関して、「ブロックチェーン技術を活用したシステムの評価軸ver1.0」を策定しました。

ちょっとだけ、今更ですがブロックチェーンとは           (ご存じの方は読み飛ばしてくださいね)

ブロックチェーンとは、信頼性、説明責任、透明性を担保しながらビジネス・プロセスを効率化できる、次世代のトランザクション・アプリケーションの基盤となる技術です。

仮想通貨ビットコインで知れ渡るようになりました設計パターンです。
また、ひとつではなく、いくつか異なるブロックチェーンもありますね。
よく耳にする仮想通貨ビットコイン以外の仮想通貨のブロックチェーンでも有名ですね。
リップルやイーサリアムなどもビットコインとは異なるブロックンチェーンです。

IBMが公開しているブロックチェーンの動画 1分半ほど

IBMブロックチェーン概要 - YouTube

出典:YouTube

ブロックチェーンを活用すれば、これまで全世界のビジネスの根幹を支えてきたビジネス上のやりとりの方法を刷新し、新たなデジタル式のやりとりの方法を構築することができます。

後で、でてきますが、
ブロックチェーンを活用することで、
決済でかかっている期間を、へたすると数分に短縮することができたり、
コスト削減など、数えきれない変革と用途が考えられます。

ブロックチェーンは、現在大きなニュースでは、
とくに金融関係の根本を変えようとしています。
しかし、想像していなかった分野での活用の可能性があります。

背景と概要

既にブロックチェーンの活用に向けた実証実験を行い、レポートを公表している先進的な企業が数多く存在する。
Bitcoin等の仮想通貨に使用されているブロックチェーン技術は、従来システムに比べ、『改ざんが極めて困難』であり、『実質ゼロ・ダウンタイム』なシステムを『安価』に構築可能であるという特性から、IoTを含む非常に幅広い分野への応用が期待されています。
一方で、当該技術の特性を正しく評価し、既存のシステムとの比較を可能とする指標・基準が整備されていないために、当該技術への不安感や過度な期待が生じており、結果的に導入が進まないという恐れもあります。

上記の問題をもとに、
国内外のブロックチェーン関連企業と
有識者へのヒアリング等を通して検討を行い、
取りまとめたものです。「評価軸」は

・既存システムをブロックチェーン技術を活用したシステムに置き換える場合の比較評価
・ブロックチェーン技術を活用したシステムの実証試験の結果の評価
「品質」「保守・運用」「コスト」の3つの大項目で整理が行われており、既存のシステム評価方法と対応させることで評価軸の利用が容易になるという。
本調査の目的は、ブロックチェーンの性能評価を行うのでなく、また評価を数値化し、定量化することでもない。声明によれば、異なるシステムベンダー間での評価項目や評価方法を共通化し、ISO/IECのような品質評価手法等で比較することを目的としている。

先に進むブロックチェーンへの取り組み

前半に記述されているブロックチェーン技術の国内外動向調査も充実しており、ダイヤモンド鑑定情報や取引履歴、移転証明などに活用する英国Everlegderの動産管理、原子力発電所など重要インフラでの活用事例、エストニア政府によるID管理などの海外事例などの海外事例から
国内では、日本証券取引所グループ、全国銀行協会ブロックチェーン協会による銀行間振込への応用事例、リクルートテクノロジーズによる履歴書公証データベースへの応用とアーキテクチャ図や文献を交えた詳細な事例調査も掲載されている。

ここまででも、ほとんどが導入することで、
今まで出来なかったことが可能になると推測できますね。
期待されている「ブロックチェーン活用」分野は、
金融サービス、政府機関(外国ではすでに検討)、
医療、工業や小売、流通、貿易、ゲーム、音楽、他…

この中でも、海外ではすでに着手されているサービスがあります。

下記は経済産業省のリリース公式ページです。
わかりやすく表示されていますので、興味のある方は参考になるかもしれませんね。
↓↓↓

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

LINEをされていない方は、こちらに                 今さら聞けない仮想通貨「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連するまとめ

カブドットコム企業コイン”OOIRI”導入|貯める使うが可能! 三菱UFJ実験的仮想…

カブドットコム証券は、三菱UFJフィナンシャル・グループのMUFGイノベーションラボおよび、イスラエル発のZ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 6651 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽