仮想通貨ビットコインの中核技術「ブロックチェーン」の国際標準づくりを巡る交渉が3日、日米欧など17カ国が参加してオーストラリアで始まった。
さまざまな分野への応用が期待される未来の中核技術を巡って3日、日米欧など各国による「標準」争いの幕が上がった。

簡単に言えば、本当は何も決まっていない国際基準
自分の国だ!と「主導権」を握ろうとする動きで交渉が始まっています。
日本を含む世界17カ国のブロックチェーンを巡る紛争は、
今後かなり重要な事になるかもしれません。

ブロックチェーンの国際基準にむけて「ISO専門家委員会概要」

仮想通貨ビットコインの心臓と表現されることもある「ブロックチェーン」の、
国際標準作成に向けてISO(国際標準化機構)委員会が始まりました。
ここには、日本を含む17か国が参加します。

スイスのジュネーブを本拠とするISOは、製品・技術・医療などあらゆる分野の国際基準を策定、提供する非政府組織だ。日本の工業標準調査会のほか、欧米の米規格協会が参加している。

今回のブロックチェーンに関する専門家委員会は

関連するまとめ

ZaifスマートATM スマホひとつでその場で誰でもビットコインを対面販売できるシス…

スマートフォンひとつで為替変動リスク無しにビットコイン対面販売所が運営できるサービス『ZaifスマートATM…

仮想通貨まとめ編集部 / 2123 view

FinTechで貧困を救える! ゲイツ財団途上国にフィンテックの力と笑顔

「FinTechフィンテックは「貧困」をも救える! 世界では銀行口座を持てない層がたくさんいます。口座をもて…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2860 view

ビットコイン価値を世代交代|税金いくら払っていますか?「税負担増」生き抜くPart3

消費税、所得税、あなたは自分がいくら払っているのか気にしたことはありますか? 長いデフレで、実際に手取りが減…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 4810 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽