仮想通貨ビットコインの中核技術「ブロックチェーン」の国際標準づくりを巡る交渉が3日、日米欧など17カ国が参加してオーストラリアで始まった。
さまざまな分野への応用が期待される未来の中核技術を巡って3日、日米欧など各国による「標準」争いの幕が上がった。

簡単に言えば、本当は何も決まっていない国際基準
自分の国だ!と「主導権」を握ろうとする動きで交渉が始まっています。
日本を含む世界17カ国のブロックチェーンを巡る紛争は、
今後かなり重要な事になるかもしれません。

ブロックチェーンの国際基準にむけて「ISO専門家委員会概要」

仮想通貨ビットコインの心臓と表現されることもある「ブロックチェーン」の、
国際標準作成に向けてISO(国際標準化機構)委員会が始まりました。
ここには、日本を含む17か国が参加します。

スイスのジュネーブを本拠とするISOは、製品・技術・医療などあらゆる分野の国際基準を策定、提供する非政府組織だ。日本の工業標準調査会のほか、欧米の米規格協会が参加している。

今回のブロックチェーンに関する専門家委員会は

交渉の舞台となる国際標準化機構(ISO)の専門家委員会では、豪州が議長を務める。
世界中で様々な電子サービスの心臓部になる可能性が高く、その標準作りは自国産業を背負った経済外交そのものだ。
議論の柱となるテーマや技術の用途ごとに小委員会も設置される見通しで、日本がそこでポストを獲得できるかも注目される。
ビットコイン大国、中国の出方からも目が離せない。

基準交渉であれば約3年をかけて国際標準を策定することになる見通しです。
但し、他国との協調関係を築くことが重要となるため、
最終はISOでの投票となります。

ブロックチェーンの異なる流派

中国「技術のあるべき機能と役割について提案したい」
米国「議論のリーダーを任せてもらいたい」

3月中旬から、次々と意見表明している国が集まりました。
交渉するのは、もちろん「ブロックチェーン」技術の「標準」を、
どうするかという論点になります。
技術の標準というのは↓↓↓

ブロックチェーンはインターネット上の複数のコンピューターで多数の参加者が記録を共有し、互いに監視しながら正しい情報を蓄積する仕組みだ。
「改ざんのない記録を共有できる基礎技術」として、決済や送金はもちろん、登記や投票など行政サービスにも活用が期待されているが、20ほどの流派がある。

仮想通貨を長く見てきている方は、しっくりする表現かもしれませんが、
まだ興味を持ち始めた方には、なじみのない内容かもしれません。
仮想通貨といえば、真っ先にビットコインを思い出すかと思います。
簡易的な表現をすると、
ビットコインの他にも、仮想通貨は数多くありますが、
ブロックチェーンも全て同じではありません。
そして、ここでは性能というべきなのか、特徴もあります。

そのため、ここでいうと、
技術は20近い流派があり、「基準」が乱立していると表現されています。

ブロックチェーン「国の対立」が勃発した経緯

混沌とした状況の中、主導権を握ろうという動きが表面化したのは昨年4月だ。
豪州が何の前触れもなく、ISOに対して基準作りを提案した。

↓↓↓↓↓

関連するまとめ

ロシア・スイス仮想通貨は生活の一部|日本金融倒産から20年の節目“再起動”の重要性

スイス、ロシア、フランスの銀行や証券会社、資産運用会社は、カタチは違えども、仮想通貨ビットコインに関して証明…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 8009 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易「東京」も決定。
※7月の申し込みは後日アップいたします。

仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
5月末~6月より個人的に新しい講座や企画をご紹介することになりました。

お友だちだけにご案内させていただきます。
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。