仮想通貨ビットコインの中核技術「ブロックチェーン」の国際標準づくりを巡る交渉が3日、日米欧など17カ国が参加してオーストラリアで始まった。
さまざまな分野への応用が期待される未来の中核技術を巡って3日、日米欧など各国による「標準」争いの幕が上がった。

簡単に言えば、本当は何も決まっていない国際基準
自分の国だ!と「主導権」を握ろうとする動きで交渉が始まっています。
日本を含む世界17カ国のブロックチェーンを巡る紛争は、
今後かなり重要な事になるかもしれません。

ブロックチェーンの国際基準にむけて「ISO専門家委員会概要」

仮想通貨ビットコインの心臓と表現されることもある「ブロックチェーン」の、
国際標準作成に向けてISO(国際標準化機構)委員会が始まりました。
ここには、日本を含む17か国が参加します。

スイスのジュネーブを本拠とするISOは、製品・技術・医療などあらゆる分野の国際基準を策定、提供する非政府組織だ。日本の工業標準調査会のほか、欧米の米規格協会が参加している。

今回のブロックチェーンに関する専門家委員会は

交渉の舞台となる国際標準化機構(ISO)の専門家委員会では、豪州が議長を務める。
世界中で様々な電子サービスの心臓部になる可能性が高く、その標準作りは自国産業を背負った経済外交そのものだ。
議論の柱となるテーマや技術の用途ごとに小委員会も設置される見通しで、日本がそこでポストを獲得できるかも注目される。
ビットコイン大国、中国の出方からも目が離せない。

基準交渉であれば約3年をかけて国際標準を策定することになる見通しです。
但し、他国との協調関係を築くことが重要となるため、
最終はISOでの投票となります。

ブロックチェーンの異なる流派

中国「技術のあるべき機能と役割について提案したい」
米国「議論のリーダーを任せてもらいたい」

関連するまとめ

国民の年金資産「5兆円超損失!」GPIFに影響|株価下落休止なし

日本株の下落が止まらない。130兆円の国民資産を預かるGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の運用収益に…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 1961 view

仮想通貨ブロックチェーンが犯罪をさせない|「紛争ダイヤモンド」撲滅

「紛争ダイヤモンド」を一日も早く撲滅したい……国連後援機関が仮想通貨の根幹ブロックチェーンを利用した解決を検…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2261 view

仮想通貨は決済のドンになる役割|世界送金フロー市場5000億ドル以上(58兆円超)

仮想通貨が今以上に普及したときの世界を想像したことはありますでしょうか?そう、非現実的と思う方は危ないかもし…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 5553 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽