Deloitte Accepts Bitcoin at its Restaurant Due to 'A Lot of Requests' - Bitcoin News

Deloitte Accepts Bitcoin at its Restaurant Due to 'A Lot of Requests' - Bitcoin News

デロイトは、世界の「ビッグ・フォー」監査会社の1社で、Bitcoinの採用に大きな踏み出しました。

Deloitte, one of the “Big Four” auditing firms in the world has taken a huge step towards Bitcoin adoption.

以前から仮想通貨の採用に積極的だった
“世界四大”会計事務所デロイトは、
ブロックチェーンプラットフォームを提供するConsenSysと提携、
そしてその後は、仮想通貨ビットコインのATM設置で、
オーナー兼オペレーターとなったと報道がありました。
更に進めるデロイト。
世界のビック4である、しかも会計事務所が積極的な様子を見ると、
仮想通貨の存在と技術は画期的なのだと思えてきますね。

デロイト施設「お客様プライベートレストランBistro1858」導入

先週末のプレスリリースで、Deloitte Toronto施設のレストラン「Bistro 1858」に追加の支払いオプションを含むことが発表されました。

The inclusion of additional payment option in the “Bistro 1858” restaurant at Deloitte Toronto facility was announced by the company in a press release late last week.

Bistro 1858は、デロイトの従業員とそのお客様専用のプライベートレストランです。

Bistro 1858 is a private restaurant exclusively for Deloitte employees and their guests.

何百ものデロイト開業医がビストロ1858から毎日食事を購入しています。

Hundreds of Deloitte practitioners purchase their meals from Bistro 1858 every day.

入り口には警備員がいるというレストランBistro1858
従業員と限られたお客様が利用するプライベートレストランは、
誰でも入れるようなつくりではありません。
何百もの「開業医」が食事を口にしているというのは、
仮想通貨が利用される需要が伸びるではないかと期待されています。

公共の眺めから離れているほとんどのプライベートレストランとは異なり、このレストランはトロントの「最も公共の場所」と呼ばれています。市内の金融街ベイアデレードセンターに位置しています。

Unlike most private restaurants that are tucked away from public view, this restaurant is in, what the paper calls, “a most public place” in Toronto.It is located in the Bay Adelaide Center, in the city’s financial district.

導入による数か月間の継続的な予測

多くのデロイトの専門家は、ビットコインを使用してビストロ1858からランチと朝食を購入する機会を得て興奮しています。秋にインストールしたBTM [Bitcoin ATM]マシンの使用量が、今後数ヶ月にわたってユーザーの数が継続的に増加すると予想しています。

Many Deloitte professionals have shown excitement for the opportunity to start using bitcoin to buy their lunch and breakfast from Bistro 1858. If the usage of the BTM [Bitcoin ATM] machine we installed in the fall is any indication of how many people will start paying with bitcoin, we expect the number of users to grow continuously over the next few months.

デロイト Iliana Oris ValienteによるRubixの戦略リーダーからは↓↓↓

「個人がBTMでビットコインを購入して販売することを許可し、ビットコインでランチを購入することで、フロントエンドユーザーにとってのブロックチェーンの経験はそれほど複雑ではないことを実証しています。しかし、実現することが重要なことは、バックエンド技術が根本的に変わったということです。

“By allowing individuals to buy and sell bitcoin with our BTM, and now to buy their lunch with bitcoin, we’re demonstrating that the blockchain experience for the front-end user is not all that complicated.What is important to realize, however, is that the back-end technology has fundamentally changed.”

仮想通貨・ブロックチェーン導入後の変化

関連するまとめ

安倍総理“日本は通用する”|シーテック幕張会場で仮想通貨体験・ブロックチェーン・AI…

先進的なITの展示会CEATECが4日、千葉市の幕張メッセで開幕しました。フィンティック・ロボット・ブロック…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 3327 view

仮想通貨は日本に必要|オリンピックと関係する法案の目的“初心者むけ”part2

外国人がビックリするアナログ日本。日本人の現金主義は先進国らしからぬと思われています。日本でも仮想通貨が必要…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2915 view

仮想通貨の世界へ|アリババ(Alibaba)がブロックチェーンに本格始動募金にも

アリババ(Alibaba)グループのブロックチェーン・プロジェクトが1月の発表からついに本格始動しました。北…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2269 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽