細かい説明はありますが、
簡単に問題になっている部分と、
分裂危機に至るまでの基本的な問題点になってしまったことを取り上げています。

ビットコインのブロックサイズ問題(スケーラビリティ問題)

現在のビットコインの仕様では、最大に扱える取引量は7tps(取引/秒)であり、段々とこの最大取引量に近づいているという問題があります。

また、ビットコインは、最大取引量は「ブロック1MB(1,000KB:キロバイト)」(制限)
よく目にすると思いますが、これが、ブロックチェーンのブロックサイズ

現在は最大取引量が超えているという話もありますが、
3月初めにみた処理量のグラフでは、平均1MBギリギリ目の前でした。
※問題点として流れを知っていただくのに、
わかりやすい文言を使用しているサイトからご紹介しています。

これはクレジットカードVISAの平均約2,500tps、ピーク時約4,000tpsに比べて圧倒的に少なく、決済サービスのpaypalの平均約100tpsと比べても非常に少ない値となっています。

上記でいうと、クレジットカードのVISAの処理能力2,500tps(2,500取引/秒)
大手クレジットカードでは、最大10,000~50,000と伝えているところもあります。
比べて、ビットコインは処理能力約7tps
というと、いかに問題になってきているか判断がつきますね。

単純に言えば、取引量が増えれば容量がオーバーすることになります。
その為、取引のスピードが遅くなったりコストの増加、
予測できない状況になることも考えられることです。

問題については3つの解決策があると言われています。その中で
単純に「ブロックのサイズ」を大きくすることでいいのでは?と思いますが、↓↓↓

一見ブロックサイズを引き上げるのが単純明快にいいように思われますが、サイズを引き上げることにより、ブロックチェーンの容量も増大するため、マイナーやフルノードの負担が増し、さらにマイナー・フルノードの集中化が進むという懸念もあり、この問題はそう単純ではありません。
また、取引量が増えるたびにブロックサイズを増加させなければならず、根本的な解決にはならないという指摘もあります。

簡単に言えば、ここまでご紹介した、
仮想通貨ビットコインの取引における最大処理能力が、
スケーラビリティ問題と言われています。

※スケーラビリティは、ソフトウェア開発で用いられている言葉。
ブロックチェーン固定の用語ではありません。

このように、最大取引量の問題は簡単な解決策のない非常に難しい問題で、すぐにでも対策しなければならない状況に直面しているため、ビットコインコミュニティ内でも意見が分かれており、さらに事態をややこしくしています。

ビットコインには「管理者」がいないなら、すぐに解決策を講じればいい。
と思いますが、ここから意見が分かれている分裂危機につながる入口になります。↓↓↓

ビットコインコミュニティ内での意見

関連するまとめ

アルトコイン(オルトコイン)とは何? 仮想通貨時価総額順位で知る初心者さん向け

仮想通貨の市場はビットコインが8割で独占していますが、残りの市場をアルトコインが勢いをつけています。Ethe…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 8059 view

今月も仮想通貨のリアル勉強会が、熱い!

WEBセミナーで、リアル勉強会で・・・。 仮想通貨の知識習得は、現代の必須項目です。

FREE BIRDS / 729 view

仮想通貨で資金調達?! 仮想通貨が独自の経済圏を形成!

仮想通貨の登場により、資金調達法にも変化が生じています。 今回は新しい資金調達法である「ICO」についてご紹…

Rie Yamauchi / 1959 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽