全国銀行協会は複数の銀行が連携して仮想通貨技術を使った新たな金融サービスを生み出す環境を整備する。
2017年度中に大手銀行や地銀などが共同で実証実験できる場を設け、金融庁や日銀からも法制度などの観点から助言を受けられるようにする。

「ブロックチェーン連携プラットフォーム(仮称)」全国銀行協会

金融とIT(情報技術)を融合したFinTech(フィンテック)市場が加速しています。
銀行関係にかかわることとして、いつも伝えられるのは、
すすめることにより、システム経費、送金などの日数や手数料が安く、
低コストで処理速度も高いサービスが目指せるといわれています。

FinTech系ベンチャー企業の国内市場規模は、FinTechに関する法律や技術的/物理的環境の整備が急速に進んでいる背景から、2015年度の約49億円から2012年までに808億円規模まで拡大すると予測される。

FinTechは金融業界に大きな改革をもたらしつつあります。↓↓↓

FinTech市場を取り巻く環境として、まず法律面では、2016年度に銀行法の改正や改正資金決済法(仮想通貨法)の成立、電子帳簿保存法の改正など、FinTech系企業とその周辺ビジネスを支援する法環境の整備が急速に進んだ。

関連するまとめ

仮想通貨の中核技術「日本含む世界17カ国」標準争い|心臓部ブロックチェーン国際規格交…

仮想通貨ビットコインの中核技術または心臓部とまで表現されることのある「ブロックチェーン」の国際標準づくりを巡…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 5626 view

相続税「世界でも高い日本55%」一般家庭にふりかかる|相続税対策に注目【前編】

マイナス金利を背景に富裕層が相続税対策に資産運用をしているようです。日本は世界から見ても相続税が高いのをご存…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2113 view

仮想通貨ビットコイン“価格高騰”高値54万円超え|Bitcoin gold(ビットコ…

投資家やトレーダーたちが、仮想通貨ビットコインへ流れ始め価格が高騰しています。取引所では54万円を記録したと…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 10907 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽