全国銀行協会は複数の銀行が連携して仮想通貨技術を使った新たな金融サービスを生み出す環境を整備する。
2017年度中に大手銀行や地銀などが共同で実証実験できる場を設け、金融庁や日銀からも法制度などの観点から助言を受けられるようにする。

「ブロックチェーン連携プラットフォーム(仮称)」全国銀行協会

金融とIT(情報技術)を融合したFinTech(フィンテック)市場が加速しています。
銀行関係にかかわることとして、いつも伝えられるのは、
すすめることにより、システム経費、送金などの日数や手数料が安く、
低コストで処理速度も高いサービスが目指せるといわれています。

FinTech系ベンチャー企業の国内市場規模は、FinTechに関する法律や技術的/物理的環境の整備が急速に進んでいる背景から、2015年度の約49億円から2012年までに808億円規模まで拡大すると予測される。

FinTechは金融業界に大きな改革をもたらしつつあります。↓↓↓

FinTech市場を取り巻く環境として、まず法律面では、2016年度に銀行法の改正や改正資金決済法(仮想通貨法)の成立、電子帳簿保存法の改正など、FinTech系企業とその周辺ビジネスを支援する法環境の整備が急速に進んだ。
技術面でも、金融庁や全国銀行協会を中心に、「銀行API」(金融機関が提供するAPI:Application Programming Interface)の公開について活発に議論が進められている。同じく「ブロックチェーン」についても、幅広い活用に向けた開発が進められている。

そんな中、全国銀行協会もだまっているわけにはいきませんね。
送金や決済という点での仮想通貨技術と伝えるところが多い
「ブロックチェーン」の導入活用に実践的に踏み切るということになります。↓↓↓

ブロックチェーンと呼ばれる仮想通貨の中核技術の実用化に向け、「ブロックチェーン連携プラットフォーム(仮称)」を立ち上げる。

全国銀行協会が「システム費用負担」する真意

全銀協の加盟行は他の銀行や企業とテーマごとに連合体をつくり、同プラットフォーム上で実験を進める。
全銀協が昨年実施したアンケート調査によると7割弱の銀行がブロックチェーンの実用化を検討している。

しかし、どの金融でも簡単に導入できるわけではありません。
はがゆい状況を「打破」できる試みになるかもしれまいと感じるのは↓↓↓

システム費用は全銀協が負担する方向で調整する。検証結果は全銀協に報告して各行でシェアし、業界全体として知見を蓄積する。

関連するまとめ

ギリシャ国民の疲れと不安「仮想通貨ビットコイン」需要の兆候|1か月25億ユーロ引出し…

ギリシャ危機による仮想通貨ビットコイン需要が爆発したことはご存じかと思います。また、あの状況が再来するかもし…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 4438 view

ライフカードが仮想通貨ビットコインへ交換開始! クレジットカード業界初|bitFly…

bitFlyer(ビットフライヤー)とライフ(LIFE)カードが提携しました。仮想通貨ビットコインへ交換でき…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 1809 view

世界レベルで競争“日米欧9社連合で国際送金実験”|VISA対抗?仮想通貨技で激化

先日の衝撃発表「VISAが国独占金融だった国際即日決済へ! 」があり金融業界へ脅威を与えると大きな注目をあび…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2952 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽