デジタルガレージはブロックチェーンの技術を用い、電子マネーなどのポイントを即時交換できるサービスを開発する。
ポイント事業者が交換サービスに同意すれば、この技術を使って「Tポイント」や「楽天ポイント」といったポイントをその場で別のポイントに替えられる。

例えば、コンビニのレジ付近から、こんな声が聞こえてくるかもしれません↓↓↓

 「支払い方法はどうしますか」「TポイントをPonta(ポンタ)に換えますので、それでお願いします」。

デジタルガレージのプレリリースを見ると、
クレジットカード等のポイントや、その他のポイントだけではなく、
地域通貨や仮想通貨までも「リアルタイム」に交換可能を匂わせています。

手持ちのお金にかわる通貨は
全て即交換できれば、申請して交換まで待ったり、
使う場所が限られてしまうこともフリーになるかもしれません。

デジタルガレージ「ブロックチェーンの技術」実用にむけて

2月、あるプロジェクトが米サンフランシスコで始まった。異なった種類のポイントなどを即時交換できるサービスの開発だ。
1年以内に試作版を投入し、試しに使ってもらいながら改善を重ねる。収益モデルはまだ決まっていないが、交換時に利用者から手数料を徴収して収益を得るといった方法が考えられる。
それを生み出すのが仮想通貨の中核技術「ブロックチェーン」だ。

ただの「ポイント交換システム」だと思いがちかもしれませんが、多種多様に取り扱いが可能であれば、スマホのみでお財布は不要になることも考えられますね。
これは想像になりますが、楽天ポイント、Tポイント、クレジットのポイント、もしかしてマイル、地域通貨、仮想通貨、その他ありとあらゆるポイントをスマホひとつで管理。
「当店は楽天ポイントを利用できます」というときに、所持している仮想通貨などを楽天ポイントにその場で交換し、そこで食事代を支払うことが可能になるということですね。
「現金」となる手にとるお金がなくても生活までもが可能になるかもしれません。

プロジェクトの中核を担うのがデジタルガレージだ。同社はIT(情報技術)スタートアップ(ベンチャー企業)支援やインターネット広告、オンライン決済などを手掛ける。
デジタルガレージ子会社が出資したブロックストリーム(カナダ)の技術を活用する。同社はビットコインの基盤技術を作った技術者らが集まるベンチャー企業だ。

研究組織「DGラボ」と共同で基盤技術を開発
DGラボは、デジタルガレージ、カカクコム、
クレジットカードのクレディセゾンの3社で立ち上げた研究組織です。
そして、ここにカナダのブロックストリームが加わります。

デジタルガレージは米サンフランシスコに技術者を派遣し、
ブロックストリーム社と新技術を共同開発するとされています。

年内をめどに実証実験をはじめ、来年のサービス化を見込む。

関連するまとめ

メルカリも仮想通貨、ブロックチェーンの導入?|シェアリングサービス日本代表格も追う

日本のシェアリングエコノミーの代表格であるメルカリ。少し前に仮想通貨ビットコイン・ブロックチェーン情報を追っ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 6307 view

ビットバンクトレードで仮想通貨ビットコイン簡単取引|第二弾「経験」お金持ち仲間準備

第二段「経験」として資産運用準備プチデビューです。数ある中より、ビットバンクトレードbitbankTRADE…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 4950 view

仮想通貨ビットコイン脱税調査|米国IRS国税庁の要求は無差別と反論

横暴、それとも正当なのでしょうか?米国の税当局が、仮想通貨取引所に対して「仮想通貨ビットコイン利用者の情報提…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 3149 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽