欧州の記事ですが、引用元により利用している表示名が異なります。
欧州連合か欧州議会かEU議会のどれかでお伝えしています。

EU議会が追加のルールを提案していることから、デジタル通貨規制が高まる

Digital Currency Regulation Heats Up In The EU As Parliament Proposes Additional Rules

欧州議会は先週、反マネロン/反テロ資金供与に関する法律の改正案を提出した。

以前、欧州委員会が2017年末までに
ビットコインを含むデジタル通貨に関する
「通貨ルール」を強化すると約束していました。
この中には、“匿名性”を減らそういう点も含まれているようです。

EU議会、ウォレットアドレスとIDを関連付ける法案のアウトラインを発表

そして、個人的に気になった点が「ひとつ」だけありました。先日の米SEC、ビットコインETF否認内容に関する“あるたった一節”です。
数多くある記事の中で、たったひとつだけ、もしかして今後のETF審査において、欧州の動きが関係してくるかもしれないというところです。
ただの偶然だと思いますが、気になる点は最後のまとめで少し触れてみます。

欧州(EU)議会、ビットコイン含むデジタル通貨(仮想通貨)匿名禁止へ

ヨーロッパは、ビットコインを含むデジタル通貨の握りをさらに強化しようとしている。以前は、欧州委員会は、デジタル通貨交換プラットフォームとカストディアンウォレットプロバイダに対して厳格なルールのみを提案していました。

Europe is seeking to further tighten its grip on digital currencies including bitcoin.Previously, the European Commission has only proposed strict rules for digital currency exchange platforms and custodian wallet providers.

本案はEU委員会のドラフトを修正したもので、取引所とウォレットプロバイダに対するKYCルールに加え、仮想通貨の発行、管理、媒介、流通サービス事業者も対象とした。

ここまでは取扱い事業者に対しても法的な整備として、
読み流せる概要に思えるのですが、追加された内容が……▼▼▼

先週、欧州議会はデジタル通貨事業を規制する追加の改正案を提案し、特に匿名性を認めない多数のビジネスカテゴリを追加した。

Last week, the European Parliament proposed additional amendments meant to regulate digital currency businesses, adding a multitude of business categories, specifically disallowing anonymity.

さらに、ウォレットアドレスと特定のIDをリンクするデータベース作成のための段階的計画も設定されている。

ご存じの方が多いかと思いますが、
仮想通貨の「匿名性」は良くも悪くも伝えられる特徴ですね。
ウォレットアドレスと繋げるためには、
取引所に開示や紐づけを管理してもらわなければならなくなる可能性。
もしくは何かのシステムでデーターとして残す。
個人の報告義務を法的にしていくのか。
他のシステムを経由しなければならないなど、
ほかの手順を施す必要も考えられるのではないでしょうか。

この法案が承認されれば財務情報収集者が入手した情報を共有する国家レベルの環境を作り出すだろう。

関連するまとめ

仮想通貨取引所(BitFlyer)ビットフライヤーが米国進出|34州承認済“その他の…

日本の仮想通貨取引所ビットフライヤー(BitFlyer)が、ついに米国へ進出します。アメリカは州ごとに独自に…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 5915 view

2016年スタート! 日々進化しつづけるブロックチェーンから離れるな

いまや、ビットコインかブロックチェーンなのかと言うほど話題性の高い技術。分散型元帳とは? もう一度振り返る

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 1343 view

韓国「仮想通貨」関連の規制法案が可決か|所得及び法人税法、脱税にも取り組む

韓国ではビットコインやイーサリアムなど仮想通貨規制に取り組むことが可決される見通しと報じています。投資家やユ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 5341 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽