米証券取引委員会(SEC)は、ウィンクルボス兄弟(Winklevoss Bitcoin)の
ビットコインETF(上場投資信託)認可申請を拒否したと発表しました。

過去のビットコインの取引記録を踏まえ、不正取引を防止し、投資家の利益を保護する設計が不十分だと判断した。

ETF化は、仮想通貨ビットコインの需要を拡大させるという見方もあり、
購入が増えていましたが、発表をうけて売りが入り、
現在ビットコインの価格は下落をしています。

また、SECの判断をまっているビットコインETFは
ウィンクルボス兄弟だけではありません。

まだ、これからを控えているところもあり、
「一番最初」に上場できるのはどこだろうと言われています。

SECが完全な拒否声明を残しているのではなく、
間口をあけたままの今回の発表は、
ある意味将来的な完全否定ではないという意見もでています。

上記内容を順にご紹介いたします。

ウィンクルボス兄弟の仮想通貨ビットコインETF申請への道のり

米証券取引委員会(SEC)は10日、仮想通貨ビットコインの上場投資信託(ETF)の認可申請を拒否したと発表した。
回答の延期に次ぐ延期の末、米SECはウィンクルボス兄弟のビットコインETF上場計画を否認した。
今回、認可を拒否したのは交流サイト「フェイスブック」を巡って訴訟を起こしたことでも知られるウィンクルボス兄弟が2013年に認可申請していたビットコインETF。
昨年6月、ウィンクルボス兄弟のWinklevoss Bitcoin Trust(COIN)は方針を変更し、BATSと共にBATS BZXへの上場目論見を米SECに提出し直した。NASDAQからの事実上の鞍替えだった。

SECが認可すれば↓↓↓

米国で第3位の市場であるBATSグローバル取引所に上場する計画だった。

この「旅」には、ほぼ4年前にはじめた」とし、ビットコインETFを“市場に出す”そのために、
SECを説得できるように、3年以上の努力を続けてきたとされています。

“We remain optimistic and committed to bringing COIN to market, and look forward to continuing to work with the SEC staff,” Tyler Winklevoss said in a statement.

タイラーウィンクルヴォス氏は、「当社は楽観的であり、コインを市場に投入することを約束しており、SECスタッフとの継続的な協力を期待している」と述べた。

ウィンクルボス兄弟の仮想通貨ビットコインETFの否認理由

SECはETFが上場し取引されるには「不正や偽造を避け、投資家を保護するために設計されている必要がある」と指摘した。

もう少し詳しく分けると↓↓↓

米SECは否認理由として、市場操作や風説の流布行為を防止する環境が整っていない。
投資家や利害関係者を保護する仕組みがないことを挙げた。
資金の移動経路を監視出来る仕組みがあるのかも、俎上に上げられた。
米国においては規制が整っていないことも理由のひとつである。
Hannah Randall, a spokeswoman for Bats, said the exchange is reviewing the ruling and declined to comment further.The decision by the SEC was made by the Trading and Markets Division staff, according to the filing.Agency staff has so-called delegated authority to effectively approve new ETFs without a vote by commissioners.

↓↓↓↓↓

引所は判決を検討しており、さらにコメントすることを拒否したと述べた。
証券取引委員会(SEC)の決定は、提出書類によると、取引および市場部門のスタッフによって行われた。
代理店職員は、委員長の投票なしに新しいETFを効果的に承認する権限を委任されています。

否認結果を受けた後の「仮想通貨ビットコイン」市場

SECからETF化の承認が得られるとの期待からビットコインは1トロイオンス(約31グラム)当たりで取引される金先物の価格(ニューヨークの10日終値は1201ドル)を史上初めて上回って推移していた。

SECが上場投資信託(ETF)化を認めないと決定した時、
市場の反応は早くにおきました。↓↓↓

トムソン・ロイターが各ビットコイン取引所のデータを集計した数値によると、米国時間10日午前に1350ドルの過去最高値を付けていたビットコインは、SECの発表を受け一時975ドルまで急落。高値からの下落率は3割に迫った。
The ETF is essentially a common stock fund pegged to the price of Bitcoin, allowing investors to purchase Bitcoin without the work of establishing a personal wallet.

基本的にETFは仮想通貨ビットコインの価格に「縛られた」普通株式です。投資家は個人的な財布を開設することなくビットコインを購入することができます。

(In concrete terms, the ETFs investors will be buying shares whose price will always be the same as the the price of a single bitcoin, similar to an equivalent investment in gold or cattle.)

(具体的には、ETFの投資家は、金や他の投資と同様に、価格が常に“単一”ビットコインの価格と同じである株式を購入する)。

現在、仮想通貨ビットコインの価格は「変動」します。
ETFで投資できるとなると、ある程度の価格で投資できるとし、
こうした分野なら、一般に運用しやすいという面があります。
そうなることで、さらに仮想通貨ビットコインが流通すると見られていたという点で、
SECの発表前に買いが増えていたということですね。

SECの答えを待つ「他のビットコインETF」

While this ETF has been disapproved, there are still others that are waiting a decision.

↓↓↓↓↓

ウィンクルボス兄弟のETFは不承認となっていますが、まだ決定を待っている他のETFがあります。

There are two other bitcoin ETF applications awaiting a verdict from the SEC.Grayscale Investments LLC’s Bitcoin Investment Trust, backed by early bitcoin advocate Barry Silbert and his Digital Currency Group, filed an application last year.
SolidX Partners Inc, a U.S. technology company that provides blockchain services, also filed its ETF application last year.

上記は、SECの判定を待つビットコインETFが「あと2つ」あると伝えています↓↓↓

SECからの結果を待つ2つの他のビットコインETFアプリケーションがあります。

グレイスケール・インベストメントLLCの
「ビットコイン・インベストメント・トラスト」は、
昨年のビットコイン・アドバンテージのバリー・シルベールと
彼のデジタル通貨グループの支援を受け、昨年に申請しました。

Blockchainサービスを提供する米国の
テクノロジー企業SolidX Partners Incも
昨年、ETF申請を提出しています。

While three of them are pending approval, the third, Barry Silbert’s Bitcoin Investment Trust (BIT), is many months away .

グレイスケール・インベストメントLLCの
「ビットコイン・インベストメント・トラスト」は数か月先です。

The first, Solidx Bitcoin Trust, has yet to be approved by the SEC.

Solidx Bitcoin Trustは、まだSECによって承認されていません。

We can only hope that by the time the other ETF’s decisions approach, the Bitcoin market would be regulated according to the SEC’s standards.The BitMEX contract which allowed users to be on whether or not the ETF would be approved reach as high as 60%.This goes to show that traders didn’t expect the SEC to deny the ETF.

他のETFの決断が近づく頃には、仮想通貨ビットコイン市場はSECの基準に従って規制されることを願っています。ETFが承認されるか否かをユーザーが判断できるBitMEX契約は、最大60%に達する。これは、トレーダーらがSECがETFを否定するとは予想していないことを示している。

Unlike other ETFs, Bitcoin is a global asset, so the SEC wants to make sure the Bitcoin markets are regulated all over the world not just in the US.Their statement claimed that “the exchange must have surveillance-sharing agreements with significant markets”, it seems that the agency might be waiting for China to regulate its market before thinking about approving the ETF.

↓↓↓

他のETFとは異なり、仮想通貨ビットコインはグローバルな資産であるため、SECはビットコイン市場が米国だけでなく、世界中で規制されていることを確認したいと考えています。

彼らの声明は、「重要な市場との監視シェアリング協定を締結しているに違いない」と主張し、ETFの承認を検討する前に中国が市場を規制するのを待っているようです。

ウィンクルボス兄弟の計画はあえなく撃沈したが、その後ろにはグレイスケールらも控えている。一番乗りは誰になるのだろうか。
まとめに……

まとめに……

今回否認された、ウィンクルボス兄弟のビットコインETFニュースは、
確かに残念だという声は響いています。
しかし、これが始まりであり、SECの前に「保留中」のETF案があります。
結果をうけて、SECが望む内容に近づけることも完全に否定されていることではないとし、いずれかが成功する可能性もあるとも伝えられています。
仮想通貨ビットコインそのものが比較的早い段階にあります。
国の規制という点では、まだこれからの「国」が多いため、今後経過する時間によっては可能性は否定できないとも言われています。

そう考えると、日本の規制は先に進んでいるといえるところから、これから仮想通貨市場がどう発展するのか期待も高まりますね。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

LINEをされていない方は、こちらに                 今さら聞けない仮想通貨「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連するまとめ

ギリシャ国民の疲れと不安「仮想通貨ビットコイン」需要の兆候|1か月25億ユーロ引出し…

ギリシャ危機による仮想通貨ビットコイン需要が爆発したことはご存じかと思います。また、あの状況が再来するかもし…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 6156 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽