ロシアの第二都市サンクトペテルブルクに、珍しくロシア製のビットコインATMが登場した。
暗号通貨取引所、Bitlishによって運営されているその端末を利用して、利用者はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、ゼットキャッシュの購入出来、取引レートは購入時に自動的に最新のものに更新される。
ロシア初のビットコインATMがサンクトペテルブルクに設置

ロシア初のビットコインATMがサンクトペテルブルクに設置

↑↑↑仮想通貨ATMは、取引所Bitlishのカラーデザイン仕様によく似ています。
ロシア製だというのは、ここも統一している様子がうかがえます。

今回の設置は、法的懸念から2台だけ端末を所持していたBitlishが、ロシアにもっとATMを設置したいという意向から行われた可能性が高い。

ロシアの仮想通貨取引所Bitlishに問い合わせをしてみたが、
さらなる情報や設置に関する返答はすぐにないという記述も伝えられています。
秘密主義と言われるロシアですが、昨年も
仮想通貨利用に罰則を与えると報道されたあとに、
ロシア初の仮想通貨取引所開設のニュースがながれました。
途中経過などの報道がほとんどないロシアでは、
「開設する」「設置する」など、ほぼ決定事項でしか一般には伝わってきません。
ロシアが止めているのか、それとも日本に流れてこないのかはわかりませんが、
着実に進めているということだけは確信がとれるようです。

今回の設置は、ロシアの暗号通貨との関係性が変わってきているという兆しかもしれない。

ロシアが「仮想通貨を禁止」からの撤回する対応と普及の速さ

【 利用に対しての罰則 】

For almost three years the Russian authorities could not make up their mind whether to ban or accept Bitcoin and introduce penalties.

ほぼ3年間、ロシア当局は、Bitcoinを禁止するか、受け入れるか、罰則を導入するかどうかを決めることができなかった。

However, the authorities rescinded their decision and gave the ministry of finance a new directive to redraft a new law concerning Bitcoin.

しかし、当局はその決定を破棄し、財務省にBitcoinに関する新しい法律を改正するための新しい指令を与えた。

2016年に報じられた罰則から
夏には公式でロシア「初」仮想通貨取引所開設↓↓↓

【 ロシア初仮想通貨取引所 】

ロシア当局がビットコインの使用に罰則を与える案を撤回した数日後、同国の首都モスクワではじめて仮想通貨取引所が開設されることが明らかになった。
現在、同取引所ではビットコインを販売することのみ可能な一方通行の取引を提供しており仮想通貨購入サービスは今のところ利用できない。開設チームは、もしこれが成功すればこの取引サービスを正式に登録し、当局との間で問題が起きないようにする考えだ。
CCNによると、これによって他国におけるビットコインの使用および売却が可能になったとのことだ。
そして今、ロシア当局は同国における暗号通貨の操業に最高38,000ドルの罰金を課すという考えを撤回し最初の取引所が開設されることとなり、ロシアが仮想通貨を受け入れた形となっている。

なぜ、これほどまでロシアが仮想通貨を禁止していたのかは、
一言で言うと「恐れていた」というのが正しいかもしれません。
それは、仮想通貨が普及することにより、
自国の通貨であるルーブルの力に影を落とすのではないかという懸念も含まれています。
マネーロンダリングへの不安視もありますが、
もっと奥へ探りをいれると、そこには国の困惑も見え隠れしています。
(※以前当サイトでも取り上げております。最後に関連記事もよろしければご覧ください。)

ルーブルを発行するロシア中央銀行だけがロシア国内では通貨発行権を有していると強く訴えるのが目的だろう。

そして、おそらく報じられている通り、不信感を除く方向に向かったのだともとれます↓↓↓

ビットコインは既存の金融システムの脅威になることは確かだが、政府が暗号通貨を完全に禁止してしまうことによる不信感から自国通貨がより弱くなってしまう可能性もあるのではないだろうか。

2017年2月、最近の報道では、
ロシアの銀行は仮想通貨ビットコインの使用を禁止する措置を
取るつもりはないと述べてています。↓↓↓

【 ロシア銀行は仮想通貨を禁止することが無駄だ 】

Бесполезно исключать биткоин.

ビットコインを除外することは無駄です。

Частные валюты не остановить, их использование не остановить.

プライベート通貨は停止しません、それらの使用は停止しません。

Как сделать так, чтобы они не ослабляли рубль, это совершенно отдельный вопрос.

彼らはルーブルを弱めていないことを確認する方法と、禁止は全く別の問題です。

ロシアの仮想通貨取引所の中を覗いてみました。
質問されている内容への回答が、ロシアでもすでに
仮想通貨ビットコインが認められていると実感できます。↓↓↓

【 ロシア仮想通貨取引所内 ビットコインは合法 】

Is Bitcoin legal?

Bitcoinは合法ですか?

To the best of our knowledge, Bitcoin has not been made illegal by legislation in most jurisdictions.

当社の知る限りでは、Bitcoinはほとんどの管轄区域で法律によって違法行為を受けていません。

禁止している国名なども挙げたうえで、
ロシアでは違法行為ではないと解説しています。

まとめに……

国々での思惑はありますが、ロシアが柔軟な対応に転じたことは他の国へも大きな影響を与えるかもしれません。
ロシアの銀行が伝えるように、仮想通貨が禁止されれば、反発を逃れることは難しい流れになっています。
人は禁止されればされるほど反発することが多々あります。
自国の通貨価値がなくなるのかどうか、それは仮想通貨と自国の法定通貨の立場や扱い、そして求められることも含めて最初の役割が異なります。
新しい概要や考え方を見出すことが建設的だともいえる対応だと感じますね。

関連記事:よろしければこちらもご覧くださいね↓↓↓

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

LINEをされていない方は、こちらに                 今さら聞けない仮想通貨「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連するまとめ

中国の独自仮想通貨チャイナコイン計画明かす|中国が動くと仮想通貨も動く  

中国がオリジナル中国仮想通貨「チャイナコイン?」発行検討から、しばらく大きな動きを見せていませんでしたね。。…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 4140 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽