リアルマネートレード(RMT)の国際市場作りは成功するか? 専門取引所「Switex」が開設
ドイツでフランクフルト証券取引所を運営しているドイツ取引所は12月1日、同国のフィンテック(FinTech)関連ベンチャー企業「ナガ・グループ」と共同で、
オンラインゲームで使われるアイテムや仮想通貨を取引する専門市場「Switex」を設立すると発表した(参考:NAGA GROUP and Deutsche Boerse form the joint venture Switex、プレスリリース)。

NAGA GROUP(ナーガグループ)は、ハンブルクに拠点を置く
フィンテック(金融とテクノロジーの融合)の新興企業です。
新たなプラットホームを設立する予定だとも記されていますが、
NAGAのサイトをじっくり徘徊すると強力だということがよく分かります。

ゲームの市場は大きく、しかも世界初の試み。
推定市場が460億ドル(日本円で約5兆2000億円)規模です。
しかも6%以上の年率で成長だといいます。

また、別件でドイツ金融情報サイトでの仮想通貨ビットコインが
ドルや円と並び、「通貨」として表示されている事実の画像も
一緒にご紹介します。
リアルなのかバーチャルなのか混乱するかもしれません。
ドイツが静かに、微笑んでいる様子が浮かんできますね。

ドイツに世界初ゲームアイテム取引所「Switex」誕生         アイテム“仮想通貨”で売買

ドイツ取引所は、ビデオゲーム内のアイテムを売買するための「取引所」を設立するため、フィンテック企業Nagaと合弁会社「Switex」を立ち上げた、と海外向けに発表しました。
ロイターやAFP通信によると、「Switex」が設立を目指すこのゲームアイテム取引所では、『Sims』の家具や『Call of Duty』シリーズの武器など、ゲーム内アイテムを仮想通貨で売買できるようになるとのこと。
ドイツ取引所およびNagaは、「バーチャルゲームアイテムを売買するための初めて一本化された独立市場」と声明で述べました。
また、調査会社Super Data Researchは、ゲーム内アイテムの市場について、推定市場が460億ドル(日本円で約5兆2000億円)規模、そして6%以上の年率で成長すると伝えており、今後も規模が拡大していくことが見込まれています。

上記ではゲーム内アイテムを仮想通貨で売買と記されていますが、
別の記事では、ゲームアイテムや仮想通貨を
ユーロなどの現物通貨と交換できるシステムではないかとも予測。
どのような発表かは、OPENになってから改めて報道されるかもしれません。

詳細はまだ明らかにされていないが、ゲームアイテムや仮想通貨をユーロなど現実の通貨と交換できる仕組みを提供することが予想される。

日本では法律に空白「リアルマネートレード/トレーディング(RMT)」

ゲーム内通貨と実際の通貨を交換する行為のことを、「リアルマネートレード/トレーディング(RMT)」と呼ぶ。
ネットゲームやソーシャルゲームで使われるゲーム内通貨やアカウント、アイテムなどを現金で売買する。

関連するまとめ

仮想通貨販売|いよいよインフレ対策?XAPO経済不況のベネズエラでビットコイン

Bitcoinウォレット(財布)やデビットカードを提供するXapoが、今後1640%ものインフレに陥る可能性…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2270 view

鹿児島銀行が国内初「声紋認証」10月から導入|FinTech第一弾「声」で 本人確認

FinTechは仮想通貨だけではありません。鹿児島銀行が国内金融機関初の、「声紋認証」技術を導入。声で本人確…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 3987 view

三菱東京UFJが6銀行と連携で国際送金を開始|仮想通貨の技術ブロックチェーン活用

三菱東京UFJ銀行は2018年から、仮想通貨技術といわれるブロックチェーンを利用した「国際送金サービス」を始…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 7949 view

関連するキーワード

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽