重い政府債務にあえぐギリシャが他の欧州連合(EU)諸国と国際通貨基金(IMF)に救済を求めざるを得なくなってから、6年余りの長い時間が経過した。
ギリシャへの金融支援を巡る不安が再燃している。

国際通貨基金(IMF)がギリシャへの“金融支援”を行えるようになるには、ギリシャが更なる構造改革を受け入れる必要を指摘。

また、欧州連合(EU)がギリシャ側への債務軽減措置も必要だと主張しています。

しかし、ご存じの通り、欧州連合(EU)と国際通貨基金(IMF)の
意見対立が前面に出ています。
救済を求めざる得ないギリシャの立場は不安な状況にあります。

そして…↓↓↓

Furthermore, in just over a month, in spite of Greek capital control restrictions, citizens have withdrawn 2.5 billion euros from regional banks.The turbulent economy in Greece may once again cause more demand for bitcoin as a safe haven.

ギリシャの資本規制にもかかわらず、わずか1ヶ月で市民は地方銀行から 25億ユーロを引き出しています。ギリシャの混乱する経済は、再び安全な避難所としての仮想通貨ビットコインの需要を増やす可能性があります。

本来の政策は、1か月1,800ユーロまでしか引出しができないのです

要約版:「ギリシャ危機」で需要が高まった「仮想通貨ビットコイン」

2010年、2012年と、
ギリシャ危機に対して、ユーロ圏諸国の財務相会合において、
IMF・EUによる支援が行われました。

その一方で、ギリシャ政府に対しては、増税・年金改革・公務員改革・公共投資削減などの厳しい緊縮財政策や公益事業等の大規模の民営化が支援金受け取りの条件として課され、国民に大きな負担を強いることになりました。

生活にあえぐ国民のデモなどもあり
2015年、総選挙でチプラス政権が誕生しました。
EUとの交渉が行き詰まり、
ギリシャはIMFからの借入を延滞すると共に、
EUの金融支援も終了しました。
そして…ギリシャが更に危機に陥る2015年がはじまりました。

また、ギリシャ・キプロスを中心とした欧州における金融危機においては、資産の退避先として自国の通貨よりも安全なビットコインが着目されました。
銀行が休業し預金の引き出しが制限される中、その制限を全く受けないビットコインの価値が高まるのは必然とも言えます。ビットコイン専用のATMが多数設置され、急拡大するきっかけとなりました。

その後3年間である2018年まで融資を受ける支援がなされています。

ギリシャ支援に対する“国債通貨基金(IMF)とEUの意見対立”

ギリシャ経済は2四半期連続の成長となったが、無期限の緊縮財政に耐えられると確信できる勢いではまったくない。

関連するまとめ

仮想通貨は紙幣を超えないVSお金は紙くずになる|仮想通貨登場が現金消失を”後編

日銀は「仮想通貨は紙幣超えの予想少ない」と発言。しかし「お金も紙くずになる日は近い。楽観論は捨てろ! 資産を…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 5680 view

仮想通貨ビットコイン暴落|資金移動できない反論と15億ドルFinTech立上“中国の…

中国が仮想通貨ビットコイン取引の調査をすると報じられてから暴落している数日間。しばらくは取引をせず、じっと様…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 8168 view

Googleと三菱東京UFJ銀行提携|スマホ決済アンドロイドペイ日本上陸で競争相手排…

先日のApple「Apple Pay」に続き、Googleのアンドロイドペイ(Android Pay)が待望…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 4849 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽