矢野経済研究所が国内FinTech市場に関する調査結果を発表。市場規模は2015年度の約49億円から、2021年度には808億円まで拡大すると予測される。

国内FinTech(フィンテック)市場調査

ブロックチェーンの活用拡大に加え、仮想通貨の利用先の拡大、
支援体制の整備などを背景に、2021 年度には 808 億円に急拡大すると予測
FinTechが盛り上がりを見せるなか、法律的・技術的・物理的環境の整備が進んでいる。

国内のFinTech(フィンテック)市場の調査を実施したとし、
矢野経済研究所から発表されました。
※調査期間は、2016年11月から2017年1月

「FinTechの調査分類:8領域」
・ソーシャルレンディング(融資)
・クラウドファンディング
・投資・運用サービス(投資・運用、情報提供)
・ペイメント・決済
・ブロックチェーン(プラットフォーム、仮想通貨)
・企業会計(クラウド型会計ソフト、会計・経理クラウドサービス)
・家計簿・経費精算アプリ(家計簿・資産管理、経費精算)
・金融機関向けセキュリティサービス」

開示されている「プレスリリース」内容から
当サイトで重要な点をご紹介します。▼▼▼

「環境」は整備が進む~法律や技術と物理的環境

FinTech が盛り上がりを見せるなか、法律的・技術的・物理的環境の整備が進んでいる。
また、3 メガバンクグループや大手 SIer による FinTech ベンチャー企業向けイベントが多く開催され活況を呈したほか、ベンチャー企業と大手企業との協業事例などもあり、市場は盛り上がりを見せている。
まず法律的環境の整備について、2016 年度は銀行法の改正や改正資金決済法(仮想通貨法)の成立、電子帳簿保存法の改正など、FinTech ベンチャー企業を支援する法環境の整備が急速に進み、様々な領域に好影響を与えている。今後も引き続き法環境の整備に注目が集まる。

今、未来に注目すべき動向

【 ソーシャルレンディング、クラウド型会計ソフト 】

2015 年度を領域別にみると、本調査における 8 領域のうち、特にソーシャルレンディング(融資)とクラウド型会計ソフトが市場を牽引した。

ソーシャルレンディング
貸し手と借り手のどちらも急速に増えている点が大きく、
借り手にとっては商品の種類が増えていくことと予想されるとしています。

関連するまとめ

仮想通貨は非課税!消費税ゼロ|税制改正大綱発表は7月から下地が変わる

待っていた方、とうとう仮想通貨が「非課税」となります!仮想通貨を購入する時にかかっていた消費税8%が来年7月…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 9813 view

仮想通貨ビットコイン来年2,000ドル以上予想|米国の債務20兆ドルが押し上げる

仮想通貨ビットコインも今朝は一度96,000円に到達していましたね。価格はまだ変動するのでしょうが、勢いがあ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 11149 view

三菱UFJがニコスを「仮想通貨の司令塔」に完全子会社化|MUFGコインとキャッシュレ…

MUFGが「仮想通貨」の今後の拡大にキャッシュレス決済を強化することで決断しました。三菱UFJフィナンシャル…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 6377 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽