ベネズエラの最大手取引所Surbitcoinは銀行口座の突然の凍結によりシャットダウンされた。
声明文によると、Surbcoinは木曜日にオペレーションを停止し、少なくても2週間は新たなビジネス戦略を練るために停止するという。
ユーザーは声明文発表からたったの1日しか出金猶予が無かった。つまり引き出されていない資金は宙に浮いた状態となっている。

ベネズエラの仮想通貨取引所「お客様へお知らせ」

発表は以下のような内容となっている。(訳はスペイン語を機械翻訳で英語にしたものから)
「お客様各位

本日Banescoから2017年2月3日の朝をもって銀行口座が停止されるとの連絡を受けました。このため、明日までであればsurbitcoinから資金を取り出すことが可能です。
現在このような状況にも耐えうるセキュリティ体制と改善策をとり、新しい経営体制を構築しており、2週間程度で通常通りの営業を再開することを予定しております。
現在このような状況にも耐えうるセキュリティ体制と改善策をとり、新しい経営体制を構築しており、2週間程度で通常通りの営業を再開することを予定しております。
それまでの間ビットコインの取引にはLocal bitcoinのプラットフォームの利用をお勧めしております。

ご不明な点がある方はfacebookや営業時間中はポータル内でのチャット等を通じてご連絡ください。」

ベネズエラでは、
特に昨年から仮想通貨の取引量が増えています▼▼▼

ベネズエラの仮想通貨取引量「大幅増」

そしてLocal Bitcoinsの取引量を見てみると、1月末の週から大幅に増え100万ボリバルを超えている。

何度か危機的な環境をお伝えしておりますが、
ベネズエラでは仮想通貨ビットコインを認めていません。
しかし、取引量が増え続けるのは、
インフラで苦しむ人々の危機感からですが、
昨年の紙幣停止後も、まだ回復していない社会があります。
▼▼▼

2016年12月発表「100ボリバル札」停止後のベネズエラ

インドと混乱するような状況から記憶が混ざっているかもしれません。

ベネズエラでも、大統領が100ボリバル札の流通停止を昨年発表し、
大混乱が広がり未だに国民の生活がままならないと伝えられています。

関連するまとめ

仮想通貨は損ですか?|仮想通貨を使った相続税対策とは

2015年の相続税の増税により、さまざまな相続税対策本やセミナーを見かけるようになりました。 しかし、本やセ…

すずきまゆこ / 3776 view

ビットコインの普及と抑制「日本は遅れている?恵まれている?」仮想通貨をグローバル検証

世界でみるとビットコインを反対している国や、促進している国などバラバラです。アメリカを主にすると、日本は遅れ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 1598 view

今だから知る「預金封鎖」日本が報道したくなかったキプロス預金封鎖

2013年キプロスの預金封鎖を、なぜ日本があまり報道しなかったのか?今の日本を比較して、新たな目で見る必要が…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 4474 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽