こんにちは。

皆さんは、ブログを書いてそれが読まれると、「いいね」だけではなく、

ポイントみたいなものが貯まったら嬉しいなと思いませんか?

それが直接、収入につながったりすると、もっと書きたくなりますよね?

それは、ブログに限らず、ツイッター、フェイスブック、インスタグラムなど、

その他のSNSについても同じことが言えるでしょう。



これまでインターネット、ソーシャルメディアの世界の最前線で

活躍してこられた、松宮義仁先生の新しい試みです。

「NAGEZENI=投げ銭」という名称の仮想通貨が生まれました。

現行のお金に代わるインターネット上の通貨=仮想通貨が世の中に

急速に普及している、というのは皆さんもご存知の通りです。

しかし、それがしっかり定着するためには、その用途、

使える環境がちゃんと存在する事が一番ですが、

この「NAGEZENI」は、

例えば、路上ライブをするアーティストのギターケースに

お金を投げ入れるように、

また、神社やお寺の賽銭箱にお金を投げ入れるように、

SNS上の面白い記事や役に立った記事に対して、

「投げ銭」しませんか?・・・という用途が想定されています。


この提案、どう思われますか?

何だか夢がある話だと思いませんか?

ブログを書いたり、読んだり、シェアしたりする僕たちにとって、

そんなやりとりが普及したら面白いと思いませんか?



それだけではありません。

新しい事業を立ち上げる時、これまでだったら、

銀行から融資を引き出すためには、どれだけ苦労するか分かりません。

しかし、その事業の夢や可能性について、ネット上で熱く語って賛同を募り、

そして「いいね」と思った方が、直接に、しかも簡単にそれを支援できる・・・。

そんな、敷居の低い「クラウドファンディング」も現実のものになります。



「NAGEZENIプロジェクト」は、そんな夢のあるプロジェクトです。

現在、そんなプロジェクトについて松宮先生が熱く語る無料セミナーを受講すると、

全員に「NAGEZENI」が5000円分もらえます!

近い将来、間違いなく世の中に普及するであろう「仮想通貨」を、

この機会にいち早く「お試し体験」しておくのは、とても役に立つと思いますよ。


ちなみに、仮想通貨を持つためには「ウォレット」という「アプリ」が必要ですが、

これは、例えば「INDIE SQUARE(インディースクエア)」という

ウォレットアプリを検索してダウンロードすると、無料で入手できます。

ここに貯めた仮想通貨を、相手のウォレットのアドレスを読み込んで送金する、

という事が簡単に出来ます。

逆もまたしかり。

誰かがあなたのSNSを読んで「いいね」と思ったり、シェアしてくれたら、

あなたのウォレットに仮想通貨を送ってくれたりするようになるのです。

「いいね」ももちろん嬉しいですが、

こんなやりとりが広がると、もっと楽しいと思いませんか?

文字通りの「同情するなら金をくれ!」の世界が現実化するわけですね。



試みに、下にQRコードを貼っておきます。

これは、僕のウォレットのアドレスです。

今日の話、「いいね」と思ってくれた方は、

早速松宮先生のセミナーで入手した「NAGEZENI」を使って、

僕に、ほんの少しだけ「投げ銭」してくれませんかー?( ̄ー+ ̄)ww

関連するまとめ

中央銀行が発行する仮想通貨は「CBCC」中央銀行暗号通貨|国際決済銀行BISも報告

中央銀行が発行する仮想通貨は「CBCC」中央銀行暗号通貨と名付けられました。国際決済銀行BISは17日、中央…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 7806 view

侍コイン(サムライコイン)XSMをおさらい|日本発、金と交換できる仮想通貨

侍コイン(サムライコイン)XSMをおさらい。日本もマイナス金利を打ち出したことで、さまざな場所がざわついてい…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2031 view

仮想通貨がエンタメに進出|テックビューロが経済系テレビ番組にブロックチェーン技術を提…

ネットの世界やニュースなどで話題にされることが多くなったブロックチェーン。 ついに、TVのエンタメ番組にブロ…

すずきまゆこ / 1312 view

関連するキーワード

FREE BIRDS

昨年夏に会社を退職しました。
その後は、インターネットの可能性を生かしたビジネスを模索してきました。
目まぐるしく状況の変化する時代。
実業に戻る・・・という当たり前の道は「最悪の選択」に思えました。
そして、それは正しかったと確信しています。

お金について無頓着だった自分が、危機感を抱いて学んだこと・気付いたことを、
素人目線で発信していければと思っています。

お気楽な私的趣味ネタが満載の、僕のアメブロにもぜひ遊びに来てくださいね( ̄ー+ ̄)