人口わずか800万人ほどの東京都よりも人口の少ない小さな国ながら、世界屈指のスタートアップ大国として名を馳せる場所。突然ですが、これがどこの国かご存知でしょうか?

正解は「イスラエル」です。
金融機関や投資家は有望な技術を物色し、政府も支援を惜しまない。起業を目指す野心家も数多い。

「イスラエル」IT世界最先端~アップル、グーグル、マイクロソフト、フェイスブックが買収してきた

さかのぼること2011~2013年~業界では
大きなニュースになっていたことを覚えているでしょうか?

世界の大手 IT 企業などによる、イスラエルのベンチャー企業買収が相次ぐ。

その大手とは?▼▼▼

アップル、グーグル、マイクロソフト、フェイスブックなどが相次いでイスラエルのベンチャー企業を買収した。

そうそうたる顔が並んでいます。今や知らない人はいないと言える企業。
2017年になりましたが、2015年、2016年と、日本でも大手企業が仕掛けた
ITの世界に引き込まれているのは間違いありません。
毎月といっていいほどの新しいシステムや機能を公開し続け、
どこまでも走り続けている企業です。

下記の企業を見ると、アップル・グーグル・マイクロソフト・フェイスブックが
今の位置を邁進できるのはイスラエルの頭脳が
集結していたともいえるほどではないでしょうか?

表1 ベンチャー企業買収事例(2011~13年)

買収元企業    イスラエル企業
アップル     プライムセンス(3D センサー技術)
グーグル     ウェイズ(地図アプリ)
マイクロソフト  ビデオサーフ(検索技術)
フェイスブック  オナボ(データ管理アプリ) スナプトュ(アプリ開発) フェイ スドットコム(カメラアプリ開発)

2015年には日本でも、イスラエルの人材を
米企業が囲い込みをしていると報道していたほどです。
今、こうしてリアルに場所へたどりつけるのも、
ここから始まったことがうなずけます。

グーグルやマイクロソフト、インテルといった有名なIT企業がこぞって研究室や支社を設置している同国からは、高い技術力を武器としたスタートアップが多数輩出されています。

そして、また発表された業界の話題にはイスラエルの文字がありました。

スタートアップエコシステムのランキングで、トップ5にアメリカ以外からランクインした唯一の都市がある。それは、ロンドン、ベルリン、上海など国際的に存在感を放つ大都市ではなく、イスラエルのテルアビブである。
意外な印象を受ける方もいるかもしれないが、イスラエルは仮想通貨などブロックチェーンを活用したスタートアップがいくつも立ち上がるなど、活気づいているようだ。なぜなのか、理由を探ってみよう。

日本が遅れていることが、よくわかってしまいますが、
今年も注目すべき点であると言えます。

後で少しだけお伝えしますが、三菱東京UFJ銀行が2016年から打ち出していた、
仮想通貨への取り組みもイスラエルの企業でした。
※三菱東京UFJ銀行の件については、正しくはイスラエル人ではありません

ベンチャーを育む環境 注目する豊かな軍事技術部門

関連するまとめ

中国「ビットコイン」秘密の採掘施設YouTube初公開? 年間8億円Bitcoin…

中国の仮想通貨ビットコイン採掘施設が動画公開!毎年800万ドル(約8.7億円)相当のBitcoinを採掘して…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 3406 view

三菱東京UFJ銀行「MUFGコイン」発行目的はこれ?|“仮想通貨は必要”

独自仮想通貨MUFGコインで今後何がおきるのでしょうか?本当の目的とは?三菱東京UFJ銀行が「MUFGコイン…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 8536 view

仮想通貨ビットコイン下落「中国熱冷める」ピーク時の100分の1|技術的な問題も露呈か

目に見えて価格が下がっている仮想通貨ビットコイン。いつも微妙な幅をくりかえしつつトライにはいるのですが、今回…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 9975 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽