「信金や地銀など中小金融機関は、人口減少で融資や手数料収入は増えないうえ、金利の低下で利ざやも減り、しかも体力がないから新しいサービスも始められない『三重苦』に陥っています。将来を考えると、『死ね』と言われているに等しい」(SBI証券投資調査部シニアマーケットアナリスト・藤本誠之氏)

苦しい三重苦は、果たして今まで「そうさせてきた体制」そのものに
何の問題もなかったのでしょうか?
金融業界そのものに厳しい規制があり、
そして金融庁、日銀が先頭に金融界のシステムを
慢性化していた可能性も捨てきれないのではないでしょうか。

地方は動くこともできず翻弄されていると伝えるところもありました。

今、地域の銀行は他の銀行と共同してサービスを検討したり、
銀行が終結した団体もありますね。
生き残りを図っている姿はありますが、
本来銀行が収益にしてきた融資手数料などでは
もう簡単に経営改善の策にはならない状況です。

地方で銀行窓口に人がいる風景を見ることが少なくなりました。
昔は5.10日と言われる支払いの集中する日は
銀行で2時間待ちということがありました。
現在ネットや予約などサービスが向上したこともありますが、
そんな人で賑わう様子をみることがなくなりました。
大きなメガバンクだけでしょうか・・・

「信金、地銀、3メガバンクと銀行が潰れる」

一つの地域に第一地銀、第二地銀をはじめ、信組・信金がある「オーバーバンキング」状態は、体力の低い金融機関から破綻を引き起こす。
そして、危機に瀕しているのは地方金融機関だけではない。むしろメガバンクのほうが危機的かもしれない。その大きな要因は日本銀行が今年2月に導入した「マイナス金利」だ。

地方銀行でもお伝えしましたが、メガバンクも同じく、
融資先が見つかりません。
利息での大きな入りも期待できない状況です。
今までどうしていたかと言えば、
銀行は日銀との「国債」「預金」で資金を増やせていました。
しかしマイナス金利は、日銀に預けることでコストがかかるということになりました。

今の利ざやでは銀行経営は苦しい。現状の数の銀行が生き残るのは厳しいでしょう」

以前ご紹介しましたが、
メガバンク含む5つのトップ銀行でマイナスの減益見通しでした。
大きなマイナスに陥っている状況をなんとかしようと対策しています。

そこに、フィンテック分野である仮想通貨・ブロックチェーン・AIといった
様々な活用も対策のひとつと考えられます。

もちろん、このような状況下でメガバンクも必死だ。顧客から手数料を搾り取ることで生き残りを図ろうとしている。

てっとり早い手数料は各銀行で変更がはじまっています。
平日でも自分のお金を引き出すために手数料がとられるところもあり、
手数料が無料だったところでも、回数の制限が付いたところがあります。
ここ最近では住宅ローンの金利を上げています。

三井住友銀行とりそな銀行は30日、来年1月適用の住宅ローン金利を引き上げると発表した。
ほかの大手行では三菱東京UFJ銀行が0.65%、みずほ銀行が0.85%、三井住友信託銀行が0.5%にそれぞれ引き上げる。

銀行が抱える様々な高いコスト

ところが、実際の銀行は顧客に損を押しつけて儲けようとしている。

本来の銀行の仕事は、お客様の声に耳を傾け、困っている人を助けること、
すなわち顧客第一と言われていました。
だからこそ、銀行員の給与が高くても当然だという認識がありました。
時代は変化していますが、今でも銀行員は高給取りだと言われています。
現在このクラスでいくらの給与か、実際に知っていますが、ここは伏せておきます。

関連するまとめ

仮想通貨って何が凄いのか|ブロックチェーンを文系さんでも分かる物語で解説

仮想通貨ビットコインが大騒ぎされてるけど、その理由がわからないという方も多いですね。やはり仮想通貨の技術とい…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 8127 view

ビットコインが日常生活に使われている人口8万人の孤島とは|タックスヘイブンの温床にも

先進国ではビットコインを含めた仮想通貨は、国の通貨の補助的な存在として位置づけられることが多いものです。飲食…

すずきまゆこ / 1986 view

インド100万人のビットコインファン急成長中20倍|経済成長率と仮想通貨の拡大

インドで仮想通貨は価値の転換手段として人気が高く、100万人近いファンが存在しています。5万人だった2015…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 4183 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽