仮想通貨やAI、フィンテックに急ぐ「金融業界が躍起」

有望な融資先を見つけることはできない上、マイナス金利で経営は逼迫——そんな苦境のなか、銀行にさらなる脅威が立ちはだかる。業界の最前線をレポート!
2016年は日本の大手金融機関がフィンテックに取り組む動きが相次いだ。異業種と組み、仮想通貨や人工知能(AI)などを金融サービスに生かせないかを模索している。新技術を生かしてコストを減らし、新たな顧客開拓を目指す。これまでの金融サービスの姿を、根底から変える可能性を秘めている。

2017年は、大手の金融機関が本格的に参入をします。
フィンテック分野とされる仮想通貨からスマホ利用できるアプリまで幅広く、
AIを活用した金融サービスなど、すでに実用段階にあると言われています。

各金融機関は実証実験を通じ必要なデータを蓄積し、具体的な金融サービスを展開する準備が整いつつある。資本力のある大手金融機関が互いに連携したり、技術力で先行するベンチャー企業と協業したりする動きが活発になりそうだ。
3メガバンクは17年春にも「API(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)接続」と呼ばれる新サービスに乗り出す。
従来、銀行が抱え込んでいた顧客の口座情報や振り込み機能について、ベンチャー企業が簡単に接続し、利用できるようにする取り組みだ。

実は、経済新聞ではお知らせともいえる
短い記事が毎日のように流れています。
見出しには出てきませんが、活用を探る動きや、
銀行の持ち株会社が融資審査など可能にする緩和など、
ものすごい数が
ふつふつとマグマのような活動を始めています。

なぜこれほどまでに急ぐのでしょうか?
以前目にした業界のレポート報道が頭をよぎります。
どれが本当かはこれから分かるかもしれませんが、
もしかして「存続をかけた」勝負にでているかもしれません。
↓↓↓↓↓

金融庁の銀行切り離し「三重苦に死闘する銀行」

「この国には銀行の数が多すぎる。しかも、担保を取って貸し出すだけで何の工夫もしていないし、知恵もない。
これだけ金融緩和をしているのに、融資を必要としている起業家たちにカネが回っていないのはどういうことだ。金融機関がまともに機能していないから、日本ではアップルのようなイノベーション(技術革新)が生まれないんだ。
自己保身しか考えない愚かな金融機関を潰さなければ、日本が滅びる。そうなる前に、一刻も早い銀行の淘汰と再編が必要だ」

森信親金融庁長官はこう考えている。

すでに本業(貸し出しや手数料ビジネス)で赤字になっている地域金融機関は4割もあり、’25年度にはもっと増えて、実に6割超で本業が赤字になるという衝撃的な内容だった。
このままでは信用金庫や地方銀行などの地域金融機関は潰れる。私たちは警告を発した。それでも変わらないのなら、救う気はない。金融庁はそう言っているのである。
「信金や地銀など中小金融機関は、人口減少で融資や手数料収入は増えないうえ、金利の低下で利ざやも減り、しかも体力がないから新しいサービスも始められない『三重苦』に陥っています。将来を考えると、『死ね』と言われているに等しい」(SBI証券投資調査部シニアマーケットアナリスト・藤本誠之氏)

苦しい三重苦は、果たして今まで「そうさせてきた体制」そのものに
何の問題もなかったのでしょうか?
金融業界そのものに厳しい規制があり、
そして金融庁、日銀が先頭に金融界のシステムを
慢性化していた可能性も捨てきれないのではないでしょうか。

地方は動くこともできず翻弄されていると伝えるところもありました。

今、地域の銀行は他の銀行と共同してサービスを検討したり、
銀行が終結した団体もありますね。
生き残りを図っている姿はありますが、
本来銀行が収益にしてきた融資手数料などでは
もう簡単に経営改善の策にはならない状況です。

地方で銀行窓口に人がいる風景を見ることが少なくなりました。
昔は5.10日と言われる支払いの集中する日は
銀行で2時間待ちということがありました。
現在ネットや予約などサービスが向上したこともありますが、
そんな人で賑わう様子をみることがなくなりました。
大きなメガバンクだけでしょうか・・・

「信金、地銀、3メガバンクと銀行が潰れる」

一つの地域に第一地銀、第二地銀をはじめ、信組・信金がある「オーバーバンキング」状態は、体力の低い金融機関から破綻を引き起こす。
そして、危機に瀕しているのは地方金融機関だけではない。むしろメガバンクのほうが危機的かもしれない。その大きな要因は日本銀行が今年2月に導入した「マイナス金利」だ。

地方銀行でもお伝えしましたが、メガバンクも同じく、
融資先が見つかりません。
利息での大きな入りも期待できない状況です。
今までどうしていたかと言えば、
銀行は日銀との「国債」「預金」で資金を増やせていました。
しかしマイナス金利は、日銀に預けることでコストがかかるということになりました。

今の利ざやでは銀行経営は苦しい。現状の数の銀行が生き残るのは厳しいでしょう」

以前ご紹介しましたが、
メガバンク含む5つのトップ銀行でマイナスの減益見通しでした。
大きなマイナスに陥っている状況をなんとかしようと対策しています。

そこに、フィンテック分野である仮想通貨・ブロックチェーン・AIといった
様々な活用も対策のひとつと考えられます。

もちろん、このような状況下でメガバンクも必死だ。顧客から手数料を搾り取ることで生き残りを図ろうとしている。

てっとり早い手数料は各銀行で変更がはじまっています。
平日でも自分のお金を引き出すために手数料がとられるところもあり、
手数料が無料だったところでも、回数の制限が付いたところがあります。
ここ最近では住宅ローンの金利を上げています。

三井住友銀行とりそな銀行は30日、来年1月適用の住宅ローン金利を引き上げると発表した。
ほかの大手行では三菱東京UFJ銀行が0.65%、みずほ銀行が0.85%、三井住友信託銀行が0.5%にそれぞれ引き上げる。

銀行が抱える様々な高いコスト

ところが、実際の銀行は顧客に損を押しつけて儲けようとしている。

本来の銀行の仕事は、お客様の声に耳を傾け、困っている人を助けること、
すなわち顧客第一と言われていました。
だからこそ、銀行員の給与が高くても当然だという認識がありました。
時代は変化していますが、今でも銀行員は高給取りだと言われています。
現在このクラスでいくらの給与か、実際に知っていますが、ここは伏せておきます。

生き残りをかけた金融の甘い考え「フィンテック・仮想通貨・AI」

ところが、メガバンクは本業に立ち戻るどころか、新しい分野に進出し始めた。フィンテックだ。

しかしフィンテックへの銀行側の認識が甘いといいます。
それは、海外と日本との学びの知識が異なるのかもしれません。

「海外でフィンテックは銀行のビジネスを破壊する技術という認識です。フィンテック企業は銀行を滅ぼそうと考えており、銀行側は彼らを飲み込まないと自分たちは殺されるという強い危機感を持っています。
ところが、日本ではフィンテックと言うと、資産運用へのアドバイスがこれまで以上に的確にできるとか、家計管理が楽になるといった金融サービスの利便性が高まることだと捉えられています。

銀行側の人間でさえ、フィンテックの進歩を歓迎し、提携しようとしている。実に楽観的です」
つまり、従来の「銀行員」も「銀行とその機能」もAIの時代には必要なくなる。フィンテックは、メガバンクの行員にとっては悪夢になりかねない。メガバンクの海外事業担当の行員が話す。

銀行は数字を扱うところです。
人が行うことには、ヒューマンエラーがゼロではありません。
機械がまったく誤作動を起こさないとはいえませんが、
日々の業務で人が行うデメリットのほうが高くなります。
だからこそ、AIが導入されることは数字を処理する側には
居場所をとられると危険を感じるものです。

私もお金に関係する仕事をしていた過去、
電子という分野が発展してきたときに危機を感じました。
遅かれ早かれ、もう人は淘汰されるか安い賃金しか払われないかもしれない。
早々に業界を去ろうと決めて動いてきました。
今予想通り困窮する業界を見ています。

未来図へ予測「銀行の運命」

将来的には、銀行ではないところが銀行になる。その動きはすでに始まっている。前出の百年コンサルティング代表・鈴木氏が言う。
メガバンクでさえ、このままでは3つも残らないだろう。金融業界のドラスティックな再編はもう間近だ。
現在、顧客の預金が保護されるのは1行1000万円まで。虎の子資産を逃がす先を、一刻も早く考えたほうがいい。

2015年、ニューヨークで行われたパネルディスカッションの席で、
ある大手の銀行のトップクラスが発していたこと…▼▼▼

「仮想通貨など・・・(ビットコインとやらを利用したところで!) 時間の無駄・・・すぐ終わってしまうさ!」

しかし…1年もたたずして、周囲も考えるときにきています▼▼▼

「現在では、暗号通貨、ブロックチェーンに関して言えば・・・どのようにそれらが破壊し、どのように取引の機密性をセキュアなものにするのか、そしてコミュニティを形成していくのか―我々は今重要な時期に立っていると私は考えます」

個人的には、決して金融関係が衰退することを望んではいません。そこで生きている人たちの職が失われることも望んでいません。
しかし、現実の動きがどうであるか見ることしかできませんね。

1年もたたずして成長を懸念する考えに至っています。
私たちの予想するスピードとは全く異なると感じますね。

毎日を追いかける側には、日々の成長や動きを目で、
捉えきれなくなってきています。
人間社会の速さではありません。
進化を比較するのであれば、
人間の赤ちゃんが成長する速度と、
野生の動物の赤ちゃんが成長する速度で考えると、
スピード感の違いを想像することができるかもしれません。

相手は待つことがありません。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

パソコンでご覧の方は、
スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!
出典:http://line.me

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

LINEをされていない方は、こちらに                 今さら聞けない仮想通貨「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連するまとめ

世界で見る「お金の総量」ビットコイン市場流通|増える価値と減る価値

お金の価値はどこで決まるのだろうか。世界規模で見て、どのぐらいあるのだろうか。限りある資源の価値を知る

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2311 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽