実際には連携しているクレジットカードやデビットカードの利用額の端数なので、小銭を見ることはないが、日々何気ない購買活動からお金がたまっていくのは面白い。そして何より、おつり貯金や五百円玉貯金をするような気軽さで資産運用を始められた。
実際には円ではなくドルなので、1ドル以下の端数がある場合はその金額、そして端数がない場合には1ドルを運用に回すという設定になっている。米国では少額でもクレジットカード決済の頻度が高く、おのずと端数貯金の機会も増える。
運用パターンは全部で6種類。社債、大企業株、小規模企業株、新興成長市場株、不動産株、国債にわかれている。

おつりの少額運用だと少ないという場合は、
毎月一定額を自動振り込みする設定もあるようです。
昔からある現物の500円貯金を、
デジタルの「おつり貯金」として、
身近に貯めていけるというきっかけになります。

色のついた貨幣「第2の通貨」と呼ぶ~ 地域再生にチャージバック原理

イオンと苫小牧商店街 宿敵が組む「第2の通貨」
出生届に500ポイント、地元の祭りのパレードに参加すると100ポイント、アイスホッケーの観戦で50ポイント――。
特徴的なのは、こうした書類の提出のほか、ボランティア活動への参加、体育館や美術館といった18の公共施設の利用などでもたまることこと。
北海道苫小牧市は今夏、こうした「市民生活」に市の予算でポイントをつける異例の取り組みを始めた。市民であることに明確なメリットを提供することで人口減少を食い止めるためだ。
岩倉博文市長は「ヒトもカネも大都市に流れる」と市の存続に危機感をあらわにする。

まとめ

ポイントはとても利用しやすいものです。
しかし、極論を言えば、「お店単独」のポイント制度については、
自分の購入履歴が残ります▼▼▼

しかし、既に現状でも、各企業が発行しているポイントカードは、ポイントの発行や利用の際に、購買履歴などの情報を発行企業が把握できるシステムになっている。

しかし、仮想通貨でバックされれば▼▼▼

ビットコインなどの現状の仮想通貨でも発行者が存在しないため、誰かに情報を集めるという仕組みにはなっていない。
広告主やアフィリエイト参加者はビットコインでのペイアウトを導入することにより、銀行を介さずに支払いや受け取りが行えるため、費用を気にせずに国境を越えたビジネスが可能になるのだ。

関連するまとめ

SNS商品購入が51%の世界一|タイは仮想通貨ビットコイン利用が増える可能性の国

仮想通貨ビットコインが成功する可能性がある条件が揃いながら、現在空いている市場がありました。その国は、外貨の…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 1645 view

ベネズエラ高額紙幣延期で混乱|“インフレ500%”仮想通貨ビットコインを信用

深刻なインフレが続くベネズエラで、廃止になった高額紙幣の替わりが延期になりました。大混乱が起きている状況です…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 5361 view

仮想通貨Bitcoinは日本で流行る?|海外から見た政府と粗末なインフラ

仮想通貨は世界共通ですが、利用される国によって状況が大きくかわりますね。国内だけで見ていると偏見もおこりがち…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 3689 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽