一方でビットコイン決済サービスを提供するBitPayはビットコインのペイアウトボリュームは2015〜2016年の1年間で1800%増加したと発表した。
要因の1つとして世界中でのアフィリエイトネットワーク参加者の増加があるという。

「アフィリエイトネットワーク」商品やサービスを拡散し利益を得たい人、自社の商品やサービスを販売したい企業が参加することができるフォーム。互いに有利な利点を提供することができる仲介。

オンライン上での広告ビジネスはインターネットの登場以来、年々増加し、AmazonやGoogle ADwords、YouTubeを用いたユーチューバーの登場により多種多用になってきている。
YouTubeの場合、広告主が資金を提供し、動画の製作者が閲覧数を稼ぐことでより多くの広告が開かれ、トラフィック及び販売を促し、YouTubeからコンテンツ製作者へ支払いが行われる形式である。
主に広告主が広告費を払う際に用いられる決済手段はクレジットカードやPayPayである。これはコストが大きくインフラ整備の整ってない国では機能しないことがある。
トルコではPayPayの利用が禁止された。それにより、広告、アフィリエイトの報酬にビットコインを用いることが劇的に増加したという。それに伴い、ビットコインでの決済受付も増加したようだ。

日本の企業でも取り入れているところが増えています。
ポイントサイトなども仮想通貨ビットコインで
受け取れるようになっており、
知らない間に周囲では普及しています。

また、もっと身近になると
自治体までも取り入れており、
地方の活性化や過疎化対策に
利用しているところが増えています。

出産すると第二仮想通貨でポイント!
なども現れています。
ここは後でご紹介します。

仮想通貨が広告費・報酬費・ポイントの支払いにむいている「3つの理由」

「 1 」

ビットコインでの送金は銀行口座がなくてもインターネット環境があれば、世界中で利用可能である。受け取り側はローカルの取引所で換金するかビットコインを受け付けている店舗で利用することができる。

「 2 」

また、クレジットカードと比較するとチャージバックや個人情報流出のリスクがない。

「 3 」

手数料もBitPayであれば1-2%である。クレジットカードの場合チャージバックや決済詐欺の被害にあった場合、全て販売店が負担することになるのだ。

絞り切って3つの理由は、広範囲に利益をもたらすといえます。
チャージバックという点では、日本はポイントとひとくくりにするほうが
身近なものと感じますね。

日本でも、最近利用されている事例があります。▼▼▼

「おつり」をスマホで運用~手数料が安く身近なフィンテック

コーヒー代が270円、そのおつりの30円で資産運用する。

日本経済新聞で実際に利用している人を紹介していました。これはアプリで支払いをし、おつりの30円を運用するというものです。

実際には連携しているクレジットカードやデビットカードの利用額の端数なので、小銭を見ることはないが、日々何気ない購買活動からお金がたまっていくのは面白い。そして何より、おつり貯金や五百円玉貯金をするような気軽さで資産運用を始められた。
実際には円ではなくドルなので、1ドル以下の端数がある場合はその金額、そして端数がない場合には1ドルを運用に回すという設定になっている。米国では少額でもクレジットカード決済の頻度が高く、おのずと端数貯金の機会も増える。
運用パターンは全部で6種類。社債、大企業株、小規模企業株、新興成長市場株、不動産株、国債にわかれている。

おつりの少額運用だと少ないという場合は、
毎月一定額を自動振り込みする設定もあるようです。
昔からある現物の500円貯金を、
デジタルの「おつり貯金」として、
身近に貯めていけるというきっかけになります。

色のついた貨幣「第2の通貨」と呼ぶ~ 地域再生にチャージバック原理

イオンと苫小牧商店街 宿敵が組む「第2の通貨」
出生届に500ポイント、地元の祭りのパレードに参加すると100ポイント、アイスホッケーの観戦で50ポイント――。
特徴的なのは、こうした書類の提出のほか、ボランティア活動への参加、体育館や美術館といった18の公共施設の利用などでもたまることこと。
北海道苫小牧市は今夏、こうした「市民生活」に市の予算でポイントをつける異例の取り組みを始めた。市民であることに明確なメリットを提供することで人口減少を食い止めるためだ。
岩倉博文市長は「ヒトもカネも大都市に流れる」と市の存続に危機感をあらわにする。

まとめ

ポイントはとても利用しやすいものです。
しかし、極論を言えば、「お店単独」のポイント制度については、
自分の購入履歴が残ります▼▼▼

しかし、既に現状でも、各企業が発行しているポイントカードは、ポイントの発行や利用の際に、購買履歴などの情報を発行企業が把握できるシステムになっている。

しかし、仮想通貨でバックされれば▼▼▼

ビットコインなどの現状の仮想通貨でも発行者が存在しないため、誰かに情報を集めるという仕組みにはなっていない。
広告主やアフィリエイト参加者はビットコインでのペイアウトを導入することにより、銀行を介さずに支払いや受け取りが行えるため、費用を気にせずに国境を越えたビジネスが可能になるのだ。
ビットコインは自分自身が広告代理店となり世界中でビジネスするこを可能にしてしまう通貨なのである。

私もクレジットカード利用者ですが、
利用するごとにポイントがたまります。
飛行機にのってもマイルがたまり、
世の中は全てバックが当たり前になっています。

お買い物をするとポイントカードがあるように、
来店するごとにチャージとなるポイントも。

しかし、カードポイントの場合は、
換金には手数料が割高であり、商品に交換する場合も選べる商品は価格換算が少し高めの設定です。
ショップでのポイントも、
結局はそのお店だけでしか使うことができなのがほとんどです。

しかし、仮想通貨で換金となれば、これまでのことが全て削減できる要素がありますね。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

パソコンでご覧の方は、
スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!
出典:http://line.me

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

LINEをされていない方は、こちらに                 今さら聞けない仮想通貨「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連するまとめ

仮想通貨ビットコインやイーサリアム下落|中国ICOを禁止「金融の秩序を乱す」行為

仮想通貨が下落。ビットコインや、特にイーサリアムの下落率が大きいのは、おそらく中国の発表ではないかと言われて…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 11675 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽