関西のIT(情報技術)系企業で、金融とITが融合した「フィンテック」分野に取り組む動きが広がってきた。
小売りや飲食店向けに、タブレット(多機能携帯端末)をPOSレジに活用して利便性と低コストを両立するシステムを提供。資産運用の分野でもビッグデータの活用が進む。
専門的な人材の確保など課題もあるが、影響は家計から企業経営まで及び、関西経済の成長力を底上げする可能性がある。

関西圏の経済成長の泉になるかもしれません。
大阪におく企業が成長する元にしている実証実験は
仮想通貨から拡散してきたブロックチェーンを含むフィンテック。
気づかないだけで、私たちは利用しているかもしれません。

参考資料:日本経済新聞(会員は全文参照可能)
http://www.nikkei.com/article/DGKKZO10570230S6A211C1LDB000/

(と、各企業他、引用文には引用元出典名記載)

タブレット(多機能携帯端末)をPOSレジに活用

靴下専門店のタビオは今秋までに国内全約280店のPOSレジを米アップルのiPadに置き換えた。

導入したのはスマレジ(大阪市)の、
低コストで導入可能な圧倒的高機能クラウドPOSレジアプリ

同社のアプリはアパレル店「ナノ・ユニバース」から導入が広がっています。チェーン店から個人営業の店まで導入可能で、登録店舗数は約2万8千店。前年と比較すると倍増したといいます。

店舗側はiPadにアプリを入れるだけで精算に利用できるため、導入が簡単だと伝えています

据え置き型レジを導入すると数十万円かかるケースが多いのに対し、現金の保管庫やレシート印刷機を購入しても1店舗当たり10万円程度で済む。
多機能・高機能でも、操作が難しくなってしまっては意味がありません。常にスピードと質が求められる販売の現場では、直感的、使いやすさ、タップ回数、処理速度等どれもとても重要な問題です。タップやスワイプの方向さえ利用して、ストレスの無い操作を実現できるUI/UX設計をおこなっています。
スマレジは、iPadやiPhoneを使った、高機能かつ低価格なPOSレジです。
カード決済はもちろん、在庫管理や顧客管理、飲食店向けオーダーシステムとの連携も可能。

充実の売上分析機能・その場で在庫管理・免税店対応・軽減税率対応・プラン変更も管理画面で簡単・他多機能性をHPで紹介しています。

「 周辺機器を使うことも可能▼▼▼ 」

レシートや領収書の印字、キャッシュドロワー、カスタマーディスプレイとの連動も簡単にできます。バーコードリーダーやクレジットカードリーダーなどの便利な周辺機器も簡単に利用することができます。

「据え置き型のレジとの比較」
設置台数の制限がないので、混雑時の精算の待ち時間が減り、お客様にとってもメリットとなります。

関連するまとめ

米国防省機関が軍事機密にブロックチェーンを活用

金融分野や行政の効率化において注目を浴びているブロックチェーン。理由は、その改ざんへの強さ、機密性、そしてシ…

すずきまゆこ / 659 view

三菱東京UFJ銀行が ついにビットコインに参入!| 仮想通貨取引所コインベースに出資…

三菱東京UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)が、ついにまた走りました。仮想通貨の管理・決済サービスを提…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 7245 view

海外出張を強力サポート!グローバルビジネスの必需品!

仮想通貨の話だけでなく、あなたの海外出張をリアルにサポートする大変便利なウォレット。グローバルビジネスの必需…

FREE BIRDS / 498 view

関連するキーワード

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽