世界でも主要な金融センターであり、自由貿易港として多くの外資系企業を受け入れる香港。
また、世界でも稀な住宅事情であることはニュースなどで見聞きしたことがある人も多いのではないだろうか。
それゆえ、香港における土地所有権管理の簡略化は、香港政府の最優先の懸念事項であり、ここ数年間、手頃な価格で簡単に土地権利が譲渡できるよう数々の措置が講じられてきた。

香港の不動産事情

まず香港の住宅事情にかかわる要因として、世界有数の人口密集地であることがあげられる。香港の面積は1,104km2と、東京都(2,188km2)の約半分の面積である。人口は730万人(2015年8月)、人口密度はおおよそ6,600人/km2と、これは世界4位の密集率となる。そういった人口の密集も相まって発生しているのが、不動産価格の高騰である。
日本不動産研究所の2015年10月の調査結果によると、港区元麻布の高級住宅のマンション価格(1戸の専有面積あたりの分譲単価)を 100.0とし、価格水準を比較すると、香港は232.5と倍以上となる。

             上記サイトでは香港の事情を詳しく説明しています。

香港の不動産価格は世界でも最高水準で、住宅価格は今年さらに上昇すると見込まれている。

高騰している香港の不動産市場の過熱抑制の目的で▼▼▼

香港政府は4日、不動産市場の過熱抑制に向け、印紙税を15%に引き上げると発表した。引き上げは3年ぶり。11月5日から適用される。
曽俊華(ジョン・ツァン)財政長官は、今回の措置は過熱を抑制する効果をすぐにもたらすだろうと語った。
今回の政府による措置は、主に住宅価格を高騰させる原因となっていた香港居住者以外の人が対象となったようだ。
現在、香港政府は、香港居住者が住宅ローンを手軽に利用できるようビットコインの基盤技術であるブロックチェーンの可能性に着目している。

ブロックチェーン導入への着目「プロセスの簡素化」

香港のフィンテック産業における利点、
ブロックチェーン(DLT)の可能性
等について、研究を行う意向がレポートに記載されています。

※「プルーフ・オブ・コンセプトのレポート」
香港通貨当局と、香港応用化学技術研究所が発行▼▼▼PDF

同レポートでは、住宅ローンの融資申請や、貿易金融、デジタルID管理などの分野におけるDLTの可能性について着目している。

関連するまとめ

世界ビットコイン取引所「Quoine」日本移転|1000倍以上にスケールする可能性を…

世界4位のビットコイン仮想通貨取引所QUOINE(コイン)が日本本社に移動。17億円の資金調達発表、B2Bに…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 3106 view

三菱東京UFJ銀行「MUFGコイン」独自仮想通貨が何を生む? お財布はどっち?

独自オリジナル仮想通貨「mufgコイン」を計画している三菱東京UFJ銀行。将来は何がかわるのでしょうか? 仮…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2177 view

ラグジュアリー世界は仮想通貨ビットコインと友達|第一弾「使う」お金持ち仲間

仮想通貨ビットコインの利用は富豪世界で普通?高級車や高級住宅、人工衛星まで取引されちゃいます。利用目的第一弾…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 658 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。

仮想通貨勉強会 東京では
たまに、そっと座っております。
これから知りたい方も、
通貨のコアなファンの方も
ぜひ参加してみてくださいね。


仮想通貨入門講座はこちらから
  ▽【無料】ですよ▽